素ヱコ農園の日々

佐賀県伊万里市で便利になった世の中で、手間のかかるストレスフリーの平飼いで外国産の餌に頼らないこだわりの餌作りを行っています。

ばあちゃんの昔たまごはこちらから

株みたいになりたい

ばあちゃんの昔たまごはこちらから

僕は、株みたいになりたいなと思う。

 

株って、価値がついてない時に買った方が、手に入れやすくて、利益高い。

 

今の僕は、農業始めて一年も経ってないめちゃくちゃペーペーの農家で、ほとんど価値がない。

 

 

先日もまた、前田病院の方々が、素ヱコ農園に来てくださり、ビニールハウスのビニールを張るのを手伝ってくださった。

 

f:id:matsumo_saga:20201213205508j:image

 

ビニールハウスのビニール張りは本当にキツイ作業だ。

 

それを皆さん、やった事ないにも関わらず、テキパキ動いてくださって、怪我もなく、半日で終わらせることができた。

 

一緒に作業をしてみて、前田病院の方々は気配りが出来て、明るくて、素敵な方々ばかりだなと改めて思った。

 

8名の方々が来てくださった。

 

冷静に考えて信じられないことだ。

 

今の僕は何の力も無いし、手伝ったところでメリットなんてほぼないと思う。

 

そんな中で、手を差し伸べてくださってる事に感謝しかない。

 

前田病院の方々をはじめ多くの方が、まだ何の価値も作れてない僕をサポートをしてくださる。

 

気が引き締まる。ほんと。

 

f:id:matsumo_saga:20201213211221j:image

 

先日、福岡から来た大黒夫妻なんて、農場に来てくださったのは2回目だが、僕に会わずにゴミ拾いをしてお土産をおいて帰って行かれた。

 

もう一回言う。

 

僕に会わずに勝手に農場のゴミ拾いしてくださって、そのままお土産置いて帰って行かれた。

 

わざわざ福岡から来て。

 

そんなことあるだろうか。

 

本当に、いろんな方々にサポートしていただいてる。

 

今の僕は、なんの値打ちもついてないし、成功するかどうかわからない。

 

でも、その最初の時期に、大切な時間やお金や気持ちを使ってくださってる方々は、これからもずっと大切にする。

 

 

株は、誰も見向きもしない時に買った方が利益は高く、みんなが注目した時に買ってもあまり取り分は少ない。

 

今、何もない僕を応援してくださってる方々は、僕がしっかり力つけた時に、株のようにいろんな形でリターンしたい。

 

がんばるぞ!ほんとに。

 

 

 

うちのばあちゃんは、もう80歳で最近膝を引きずりながら歩いていて、最近足の調子が悪い。

 

悠長なことは言ってられないので、なるだけ早く結果を出したい。

 

でも、丁寧にコツコツやる。

 

2020年もそろそろ終わるので、来年の構想とか、いろいろ考えてる。

 

今年と違って、来年はある程度やることが固まってるので、それをしっかりと形にしていく年になると思う。

 

やるぞ。