素ヱコ農園の日々

佐賀県伊万里市で便利になった世の中で、手間のかかるストレスフリーの平飼いで外国産の餌に頼らないこだわりの餌作りを行っています。

ばあちゃんの昔たまごはこちらから

コッコ!コッコ!コッコ!と走り回ること

ばあちゃんの昔たまごはこちらから

あれから鶏の被害は一旦、なくなりました。

 

心配してくださった方々、ありがとうございます。

 

 

自然が相手の仕事です。

 

それを改めて痛感した事件でした。

 

「コッコ!コッコ!コッコ!」

 

と近づいてくる元気な鶏たち。

 

実は、とても有難いことなんですね。

f:id:matsumo_saga:20210618130048j:image

その有り難さをちゃんと認識しておくことで、謙虚になれると思うので、その気持ちは忘れたくないです。

 

謙虚さは、人間の欲や傲慢さを抑える上でとても、大切な姿勢だと思います。

 

 

鶏が襲われた原因は、おそらく猫だろうです。

 

養鶏場の周りに猫が住みついているんですよね。

白猫が。

 

鶏を食べることを目的としているのなら、頭が転がっていることもないと思います。

 

 

心配して、本間さんが電話してくださりました。

 

本間さんは、僕が養鶏を始めるきっかけとなった方です。

f:id:matsumo_saga:20210618130157j:image

 

1週間住み込みで研修させてくださり、離れた今でも連絡を取ってくださり、いろんなことを教えてくださる方です。

 

本間さんも、このような鶏が襲われるという経験を何度されたそうです。

 

なので、具体的なアドバイスをいくつもくださりました。

 

とても参考になる話ばかりでした。

 

 

その中でも、面白かったのは、猫を追い払ったら、どうなったか?という話です。

 

本間さんの養鶏場にも、昔、猫がいたそうです。

 

やはり、悪さをするので、猫を遠くに連れて行ったそうです。

 

そしたら、なんとイタチが増えたそうです。

 

 

同じことを繰り返して決着がつかない様をイタチごっこと言うように、

 

なかなか捕まえられない厄介な小動物です。

 

 

イタチを捕まえる具体的な方法をきいたのですが、本当に厄介でした。

 

罠6個ぐらい仕掛けないといけないみたいです。

 

そして、イタチを捕まえたら、今度はネズミが増えたそうです。

 

とても、興味深い話です。

 

何かを減らすと、何かが増える。

 

そして、それを減らすと、別のものが増える。

 

自然がいかに大切なバランスを保っているかがわかる話でした。

 

 

 

確かに、僕の農場にはイタチは来たことがありません。

 

それは猫のおかげなんでしょうか。

 

だとしたら、イタチを増やすよりも、猫を飼い慣らした方がいいので、猫を大切にしてみようと思います。

 

もちろん、今回のようなことが起こらないように細心の注意を払いながら。

 

 

 

また、他の養鶏家さんから、トリカルネットの導入をお勧めしていただきました。

 

 

 

これは非常に高価で、おそらく僕の養鶏場につけるためには200万円ぐらいかかると思います。

ぜひ、うちの養鶏場もつけたいのですが、今、だいぶお金を借りてますので、なかなか今は手が出せず。。

 

なので、ぜひ、卵買ってください。笑

素ヱコ農園

 

コッコ!コッコ!コッコ!

元気に走り回ってます。