素ヱコ農園の日々

佐賀県伊万里市で便利になった世の中で、手間のかかるストレスフリーの平飼いで外国産の餌に頼らないこだわりの餌作りを行っています。

【友達追加】で お得なクーポン配布中
友だち追加

インプットアウトプット

良いアウトプット出したかったら、良いインプットするしかないなって思った。

 

4月5月、コミュニケーション(人)と読書(本)、移動(旅)とに時間やお金を費やしている。

 

学生の時に読んだ出口治明さんの「人生を面白くする本物の教養」(https://amzn.asia/d/gt4cZqE)を読んでから意識するようになった人・本・旅

 

改めて、この重要性を感じている。

 

この1ヶ月で15冊は読んだし、東京・四国・名古屋・九州県内とあちこちいったし、話をした人もオンライン・オフライン含めてかなりの人と会った。

 

そのおかげか、短期的にも長期的にも重要な意思決定ができた気がする。

 

改めて、思ったのは田舎の良さ。

最近はカエルの鳴き声が聞こえるようになった。

 

季節の変化とともに自分の変化を感じれてすごく良い。

 

土地も広くて、暮らしをしていて、おおらかな気持ちになる。

 

田舎に移住することや農業をすることに興味を持っている若者と話をするが、方法がわからなかったり、イメージが持てなかったりするようだ。

 

うちとしてはそういう若者に少しでも田舎の暮らしを体験してもらい、今後のキャリアの参考になってもらえる機会を提供したいなって思う。

 

今、泊まる場所がないので、泊まる場所を作ろうと思う。

そして、もっと気軽に若者が農園で学べる環境を作りたいと思う。

 

どんどん田舎から都会に人が流れていく中で、逆に都会から田舎に人の流れをつくれたたら面白いなって思うし、僕らならそれができると思う。

 

改めて、自分たちがやっていることに可能性を感じた。

 

生産者であるということはすごく強みで、今後は卵だけでなく、田んぼや畑や山や海、自然からの恵みをいろんな形で提供できる会社になりたいと思う。

 

どんどん衰退していく田舎だけど、僕は田舎で暮らしをして、めっちゃ良かったと思っている。

 

楽しく仕事できてるし、家族との時間も楽しいし、ご飯も美味しいし、ストレスないし、

 

もっと田舎の可能性を発信していきたい。

愛媛の限界集落にて

先日、よみがる限界集落「森の国valley」がある愛媛県松野町に行ってきた。

 

オランダに留学していた時に知り合った友人の美羽ちゃんがそこに住んでいたから。

 

先日、東京でたまたま会って、愛媛の山奥に移住していることを知り、興味が湧いた。

 

遠かった。

 

佐賀から別府まで3時間弱。

そこから愛媛までフェリーで3時間。

 

愛媛に入り、そこから1時間ちょっと車で行くと松野町に着いた。

 

そこに広がる風景は美しかった。

 

遠くを見ると、一面が高い山に囲まれていて、


f:id:matsumo_saga:20240517082706j:image

目の前に流れる川は、大きくゴツゴツした岩を勢いよく追い越していて、その力強さをみてると気持ちが晴れやかになった。

 

天気が良く、最近植えられた稲がちょっと見える水田の水面は輝いていた。

 

でも、その美しい自然の風景は、僕にとってはあまり新鮮ではなかった。

 

僕の住んでいるところもこんな感じだから。

 

違和感はそこに若い人たちが住んでいたことだ。

 

友人の美羽ちゃんは、もともと関東に住んでいたが、この村の暮らしや人に魅力を感じて、移住してきたらしい。

 

そして、今はライターで文章を書いて生活をしていてる。

 

他にも、子供達へのキャンプ教育をしたいと博士号を持っている方がいたり、狩猟をしている人がいたり、大学生のインターンで来た人やホテルをやりたい人。

 

さまだまだった。

 

でも、共通しているのはみんな自分の意思でこの村に来ているということで、目が輝いていた。

 

「遠いのが、いいよね。本気の人しか来ないから」

 

そこで働くハンターが言っていた。

 

熱源は細羽さんというホテル経営者だった。

 

細羽さんは25歳で父が残した50億の負債を背負いホテル事業を再生させ7つのホテルを経営する凄腕の経営者。

 

100億の売り上げを目指そうと意気込んでいた時に、コロナが来て、価値観が一変したらしい。

 

詳しいやその取り組みは、本に書いてあったので、ここでは割愛する。

 

よみがえる限界集落 細羽雅之

https://amzn.asia/d/gna5AFS

 

現地に行ってベットの中で、細羽さんが本を出されていたのを知り、ホテルの中で朝食前に全部読んだ。

 

初日に本のバイアスがなく、まっさらの状態でこの村の様子を見れて良かった。

 

細羽さんの限界集落での取り組み、そして、そこに至るまでの細羽さんの半生を読んで、正直、その考え方にあまり新鮮味を感じなかった。

 

ほぼ考えていることが一緒だったから。

 

でも、ホテルというアセットを持っていることが強みだなと思った。

 

人が集まりやすいし、泊まれるし、一緒にご飯たべれるから。

 

今回の視察で、今後の自分たちの方向性に結構大きなヒントをもらえた。

 

思ったのは、やっぱり若い人たちがいるところは面白い。

 

僕らも田舎で養鶏や農業をやっているが、もっとこれを広い視点で捉えて応用させていきたい。

 

ついつい自分の体や家族や環境を犠牲にしてしまう資本主義で、忘れられてるものが田舎にはある気がする。

 

とりあえず、人が住める空き家を探そう。と思った。

 

人口流出がどんどん進んで、工場を誘致してそれを止めようとしているが、それでは地方にもともとあった産業が、どんどん衰退してしまうんじゃないかなと思う。

 

それも良いけど、田舎でしかできないこと、やろう。

 

 

 

 

 

貯金使ってるだけ

今、株式会社sueco(素エコ農園)は、創業3年目3000平方メートルの土地で、鶏2000羽飼育してる。

 

スタッフ10名で、平飼い卵の通信販売やプリンや焼き菓子などの加工品も行っている。 

 

新規就農はかなり難しいっていろんな人が言ってた。

 

就職した方がいいとか、農業を舐めてる、とか言われた。

 

まだまだ道半ばだけど、最近はあまり言われなくなった。

 

僕は可もない不可もない普通の佐賀大学に行っていた。

 

多くの人は目に見えるところしか見ないから、その経歴で僕のことを可もない不可もない普通の大学生だと判断する。

 

農業をやる前の23 歳の自分は、

 

16カ国ぐらいの国に行き、

200万円の奨学金で一年間海外に行って、

自分で本社に営業して、学生初のマイナビのライターをして、

本も300冊ぐらい読んで、

日本中ヒッチハイクして、

合格率0.5%のインターンに参加して、

イスラム系の外国人しか住んでないアパートに1年住んで、

飛び込み営業のバイトをして、主婦から追い出されたりしていた。

 

だから、みんな否定してきたけど、僕はできるって思ってた。  

 

今の素エコ農園があるのは、間違いなく20-22歳の自分の行動のおかげだ。

 

今の自分は30代の自分に何か残せてるだろうか?

 

地元の友達やクラスメイトから白い目で見られながら、それを全部無視して、行動し続けた20代前半のような熱量があるだろうか?

 

社会人になってからその熱量が少なくなっていたと思う。

 

これまでの学生時代の貯金のお陰で、なんとかなっていただけだと思う。

 

社会人になってからは、そもそもの行動量も足りてないし、変に周りと合わせたり、気を使ったりしていている。

 

気づけば、20代も残り2年ちょっと。

 

残りはこれまでの貯金を使うのではなく、30代に向けて蓄えて行きたい。

 

今のままの自分、及び会社では、嫌だ。

 

人々の価値観を揺さぶりたくて、田舎で農業やってる。

 

それを実現するためにもっともっと暴れまくりたい。

 

わけわからんことやりたい。

 

田舎だからできることやりたい。


田舎から人々の価値観揺さぶりたい

 

かっこいい父ちゃんになりたい


f:id:matsumo_saga:20240514191025j:image

お土産作りたい

先日、デパ地下に行った。

 

僕のような田舎ものは、デパ地下というのは日常の選択肢になく、視察として行くものとなってる。

 

お菓子などの加工品を始めて、改めてデパ地下の中をまじまじと見ていると、いろいろな発見があった。

 

そのお店のコンセプトとそれを伝えるビジュアルとコピー。

 

商品の価格帯やそれを決めるパッケージや宣材。

 

商品の包装のやり方と様子、それを伝えるためのポップ、店員さんのユニフォームや店の雰囲気を変える置物、声かけなどなど。。

 

自分達で、小売やお菓子を始めたことで、今まで見えてなかったものがたくさん見えた。

 

何かを実践する前と実践した後では、同じ情報を見てるのに全然受取方が違う。

 

*

今、うちのお菓子の中で、密かに人気になっているものがある。

 


f:id:matsumo_saga:20240513061532j:image

 

それはメレンゲクッキーだ。

 

卵白と甜菜糖だけで作ったシンプルなお菓子で、めちゃくちゃ美味い。

 

お客様にプレゼントしたり、少し販売していたりするが、めちゃくちゃ反応が良い。

 

確かに、メレンゲクッキーってあんまり食べたことないし、世の中に出回ってない。

 

何故か考えてみた。

 

おそらく、シンプルにお金にならないからだ。

 

たった数十個を作るのに、ものすごく時間がかかる。

 

うちのコンロだと、2時間半の製造時間で今の価格で4000円分ぐらいにしかならない。

 

これだと時給と電気代考えたら、普通に赤字になる。

 

ちゃんと事業としてやっていくためには

 

①値段を適正な価格で販売する

②量産できる体制を整える

 

が必要になる。

 

②に関しては400万円ぐらいのめちゃくちゃでかいオーブンを買えば、なんとかなりそう。

(お金を用意できるかは別として笑

どうやってお金作ろうか?笑)

 

問題は①

これが利益の出る価格で売れるのか?

 

今回、百貨店に行ってみて、それを勉強してみた。

 

今、妻がデザイン面作ってくれている。

 

しっかりとしたデザインと包装と商品設計ができたら、お土産としていける。

 

今から丸房露や松露饅頭などの、佐賀のお土産の1つに並べれる商品を作れたらめちゃくちゃ最高だなって思う。

 

それをやりたい。

 

めちゃくちゃ難しいだろうけど。。

 

これが当たらなくても、何かしらで新たなお土産を作りたい。

youtuberと話をしててめちゃくちゃ損してるって思った話

先日、登録者10万人ぐらいいるレッツゴーなぎらさんと1時間ぐらい話をした。

www.youtube.com

初めましてだったのに、ものすごく優しく楽しくいろんなことを教えていただいた。

 

なぎらさんは、四六時中、企画を考えているらしく、どうやったら普通じゃないものを切り取って、世の中に発信できるか?を常に考えているらしかった。

 

一般的には、その普通じゃないもの、を作るのが難しく、いろんな工夫をしてそこを作り出すらしいのだが、僕らのやってることそのものが普通じゃないから全部企画として成り立つとのこと

 

・新卒で大企業蹴って、ばあちゃんと暮らすために農業

・雑草を売っていた

・未経験で養鶏をスタート

・養鶏の中でも珍しい平飼い

・ネットで卵を売っている

・田舎で農業なのに若いメンバーばかり

・インスタ1ヶ月で2万人増

などなど

 

「スエコさんなら10万絶対いく、マジで機会損失しすぎてます。勿体なさすぎます」

 

って言われて、発信していないことで、めちゃくちゃ損しているなって反省した。

 

最近、妻がInstagramで発信するようになり、フォロワーが2万人に増えた。

そんなに短期間で一気に増やせるって、いうこと自体がおかしく、それ自体コンテンツになるとのこと。

 

確かに、妻は子供2人を寝かしつけながら、左手には長男、左乳には次男、右手にスマホを持ちながら、インスタの投稿をやっている。

 

その様子は、子育てをしている奥様には、何かしら共感や響くところがあるかもしれないなって思った。

 

他にも、パートさんとの掛け合いとか、養鶏場での様子や一日の流れなど、なんでもコンテンツになるからどんどん発信したが良い、と言われた。

 

ただでさえ資源がない弱小新規就農者なのに、そういった資産を使えて無かったことに深く反省した。

 

ないものばかりを見て、すでにあるものに目を向けれてなかった。

 

なぎらさんにせっかくいろんなアドバイスをもらったので、実践する。

 

一旦、今2.3万人いるインスタグラムをもっと伸ばして、さらに個人の松本さとしとしても発信をしていく。

 

今後、僕らがやっていることを通して、田舎に興味あるなとか、前向きに生きていきたいなって思ってもらえる人が増やしたい。

 

こうした発信を通して、田舎に移住して一緒に働いて、面白く生きて行けたらいいなって思う。

 

繋げてくださった、アキオブログさんありがとうございます。

糧にします。

 

 

 

 

ブログを書けなくなっていた理由

最近、ずっとブログを書いていなかったが、また再開したいなと思っている。

 

書くことと遠ざかったいた理由は、素ヱコ農園と僕の間で、若干のギャップがあって、その差が気になっていたから書かなかった。

 

素ヱコ農園は、僕が運営している農園で、平飼いで餌にこだわる農園だ。

その様子はインスタグラムにアップしているが、鶏が可愛くて、牧歌的でほのぼのとした感じだ。

 

自分もそういったふわっと優しく生きていきたい面はあるが、

 

一方で、経営者として他人に給料を払い、借金をして、次の展開を考えるというドライな面もあり、その両方が混在していることで、

 

素ヱコ農園の世界観を壊してしまうんじゃないかなと思い、発信することが怖かった。

 

「田舎でばあちゃんと暮らしながら、のびのびとストレスフリーで鶏を飼っていて、餌も地元のものを使って、良い卵を作っている」

 

字面だけ見ると、とても優しそうだが、

 

実際はその世界を実現するために裏側では、すごく現実的に計算したり、頭や精神を使っていて、発信をするとなるとその部分を話してしまう。

 

そうなると、表ではとても優しそう、良いことしているのに、裏では、すごく計算しているってなってしまいお客さんが離れてしまうか心配だった。

 

最近、ポッドキャストをお勧めされて、ポッドキャストを聴くようになった。

音は誤魔化しが効かないので、その人の本質が出るからということで、気になる人の声をずっと聞いている。

 

そのポッドキャストの中で、長野県のパン屋や雑貨のお店のわざわざの平田さんの話が発信についての悩みを解決してくれた。(平田さんは別の人から本を勧めてもらって知った)

 

平田さんは、山の上でパン屋さんを開いて、牧歌的な様子や豊な暮らしを、わざわざを通して発信されている。そのパンや雑貨はひとつひとつこだわりがあり、手触り感がありあったかみが、とても癒される。

 

そんな平田さんは、ずっと発信をやられていて、お店の裏側の数字の話や戦略の話、暖かみのあるパンと雑貨のお店とは真逆のようなドライな話を赤裸々に書いていたそうだ。

 

お店のあったかい発信が好きな人も裏側の戦略的な話が好きな人も、どっちも大事な人もいるそう。

 

表も裏もどっちも発信して、透明な経営だと言われていて、確かになって思った。

 

平田さんが裏側の話をしても、お店の世界観は崩れてないし、僕も好きに発信したらいいなって思った。

 

今月間1000人ぐらい注文してくれるようになったが、僕のブログを読んでくれる人はかなり少ない。

そして、僕のブログを読んでくれる人は、ほぼうちの卵を買ってない。

 

好きに発信していいなって思った。

 

そして、人のお勧めに従うのっていいですね。
ps.息子ののぼりをいただきました

こういうのって田舎しかないんですね

元気に育ってほしいですね

 

意図したか、意図せずに、逆になっている

おはようございます。

晴れが続き、空を見上げると雲ひとつない青空に気持ちが高まりますが、松本家は妻も子供2人も熱で、元気なのは僕とばあちゃんだけです。

 

最近、パートさんを新たに5人雇用したのですが、皆さんめちゃくちゃ良い人で、一緒に働けて嬉しいなと思ってます。

 

本当は2人だけ募集していたのですが、話す人話す人、みんな面白くて、面接していたら募集人数を超える採用してしまったという、計画性の無さが自分の首を締めています。

 

なんなら、募集を締め切った後にも申し込みがあって、その人も素敵な方だったので、採用してしまいました。

 

儲かってるねと言われますが、完全に赤字です。笑

(他のメンバーからは人手足りているので、断ろうと言わました)

 

ただ、人を多く採用したことで、僕たちが今までやっていた業務を俯瞰することができて、これは誰でもできる仕事なのか、専門性が必要な仕事なのか、と棚卸しをしている状態で、うまく業務を整理できた気がします。

 

より生産性が上がってきています。

 

個人的にも会社的にも、めちゃくちゃ採用できてよかったなって思っています。

 

 

僕らはやってることが、いちいち他の業者がやらないことをやっています。

それがめちゃくちゃ手間がかかっています。

 

鶏を狭いバタリーケージではなく、平飼いで飼育していること

そして、餌を自分たちで一件一件農家さんや漁師さん、豆腐さんから集めてきて、自分たちで混ぜること

 

そして、販売も普通の業者さんは卸売で一気に数百個とか数千個を卸先に納めてて、個人のお客様は相手にしないのが基本です。

 

(ロットが数個とか数十個になるから)

 

ただ、僕たちは卸をほとんど行わず、2パックのお客様ばかりです。

 

意図してか、意図せずか、全部他の養鶏場がやらないことをやってしまっていて、それに手間暇がめちゃくちゃかかってしまいます。

 

「養鶏しているから休みないよね」

 

ってよく言われますが、

 

本当にその通りで、毎日鶏のお世話があり休みがないです。

 

そこも逆だったらいいなって思います。

 

養鶏とか農業とか地方とかってなかなか人が採用しづらい業種ですが、

 

そこも逆にしたいです。

 

僕らは、「人々の価値観を揺さぶる」ってことを理念に据えて、日々仕事をしていますが、みんながやらないことを事業を通じてやって、可能性を広げていきたいです。

 

最近、地域に唯一あったスーパーも潰れたし、どんどん僕たちの地域は衰退しています。きっとどこの地域もそうだと思います。

 

枠に囚われず、田舎だからできること、を考えて、ひとつひとつ事業を起こしていきたいです。

 

円安を活かして、世界の人にも何か価値観を揺さぶることをやりたいです。