佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

卵の産み始めとお客さんとのコミュニケーション

鶏は、日齢150日ぐらいで、卵を産み始めるらしい。

 

f:id:matsumo_saga:20201204035729j:image

 

1ヶ月前に、新しくうちに来た鶏たちは、日齢150日ぐらいになる。

 

そろそろ卵を産む時期だ。

 

まだ産んでないから、ちょっと不安になる。

 

でも、この初卵日は、あんまり早くない方がいいと聞いた。

 

自然卵養鶏法

自然卵養鶏法

  • 作者:中島 正
  • 発売日: 2001/07/01
  • メディア: 単行本
 

 

自然卵養鶏で有名な中島正さんの著書では、初産は、遅ければ遅いほど良く、そのうち産むから気長に待てと書かれていた。

(初産は200日ぐらいがいいらしい)

 

卵を産む作業は、鶏にとって、結構負担のかかることで、身体がちゃんとできてないうちに、卵を産むと鶏にとってあまり良くないらしい。

 

初産がどんどん早くなっていて、それは、品種改良と高カロリー高タンパク質の濃厚飼料の影響だと言う。

 

ちなみに、定期購入月1回30個を7171円+送料というかなり強気な値段で卵を売っている春夏秋冬というところは、202日で初めて産んだというブログを見た。

春夏秋冬の卵を月1回30個 | 自然養鶏場 春夏秋冬 | 農家漁師直送のポケットマルシェ

 

 

早くボンボン卵を産ませた方が、生産者としては都合が良い。

 

でも、鶏にとってはゆっくりした方がいいらしい。

 

そのうち産むはずだから、気長に待っておこう。

 

しっかりした身体ができたら、きっと産むだろう。

 

長期的に見ると、ゆっくりしてた方がいい気がする。

 

 

今、うちには500羽いるが、100羽は産卵率が落ちたやつ。200羽はひよこ。200羽は、そろそろ産み始めるやつって感じだ。

 

そんな感じで、今1日に産んでる卵は、30個ぐらい。

 

売りに出せるような量じゃないので、積極的に売りに行ってはない。

 

今は、メッセージ等で、欲しいと言っていただいた方に、直接渡すようにしている。

 

 

今までの知り合いというより、ブログを読んでくださった方や噂を聞いた人など、農業やり始めて知り合った方や仲良くなった方が多いのがびっくりすることだ。

 

 

卵を手渡しするときは、少し緊張する。

 

でも、この緊張感がよくて、責任があるから手抜きできない。

 

お客さんは、ほんとに優しい方ばかり。

 

先日はうちの卵でプリンを作ってくださった。

 

f:id:matsumo_saga:20201204041625j:image

 

卵の割合を多めに、作ったと。

 

手作りのプリンって、なかなか食べないから、食べれて、すごく嬉しかった。

 

 

また、別のお客さんは、卵を売ったら、柏おにぎりとアップルパイとダウンジャケットをくれた。

 

f:id:matsumo_saga:20201204034704j:image

 

ダウンジャケットをいただくのは、さすがに変な感じがしたので、断ろうと思ったが、サイズがぴったりすぎて、もらうことにした。

 

結構あったかい。

 

 

また、卵のパックを返す方も多い。

 

しっかりしたものを使っているから。

 

返してくださった方は、その人専用のパックにすることにしてる。

 

エコでいいなって思う。

 

まだまだ小規模だけど、お客さん一人一人と農作物を通して、コュニケーションできるのが、とてもいいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとずつ進む

卵のパッケージができました!

 

f:id:matsumo_saga:20201202224437j:image

 

 

名前は、ばあちゃんの昔たまご。

 

ばあちゃんから、昔のたまごの話をよく話を聞いていた。

 

昔はどの家庭も、庭先で、鶏を飼っていたらしい。

 

そして、その卵が美味しかったそうだ。

 

庭先でのびのび走り回ってるし、与えてる餌も自然由来のものだったからだとか。

 

高級品だったらしい。

 

f:id:matsumo_saga:20201202223332j:image

 

うちの鶏も、広い鶏舎内をこれでもかってぐらい走り回っている。

 

餌も地元で手に入る自然由来のものをベースに自分たちで作ってる。

 

そんな育て方をした鶏で、昔の美味しかった卵を再現して、安心して食べられる卵にしたいなと思い、昔たまごという名前にした。

 

愛される卵になるといいな。

いや、そうなるように頑張ろう。

 

信念をぶらさないことが大事だから、そこはこの先、事業が大きくなって、利益を求めなくならなくなったとしても、ずっと大事にしたい。

 

そしたら、きっと好きな人は好きでいてくれると思う。

 

 

 

新しく入れた鶏が日齢140日ぐらいになった。

 

もうちょっとで卵を生み出すようになる。

 

 

 

「ほんとにうまれるのかな?」

「餌の栄養価足りてるかな?」

 

ちょっと不安だけど、それ以上に卵が生まれるのが待ち遠しいな。

 

順調に行けば、あと1か月もすれば、結構な量の卵を産んでくれるようになるだろう。

 

そうしたら、クラウドファンディングの返礼品として、やっと出せるようになる。

 

いろんな方に応援していただいて、今があるから、きちんと商品化したところを見せて、喜んでもらいたいなと思う。

 

 

先日、うちに来たひよこも、だいぶ大きくなって、今は小さな育雛箱から出て、大地を走り回っている。

 

f:id:matsumo_saga:20201202224719j:image

 

砂浴びと言って、鶏は、砂に潜って、おこりや微生物を掃除しているのだが、ひよこでもこの砂浴びをやっていた。

 

大人になったものだ。

 

 

ひよこを育てることは難しいと聞いといたので、半分以上、ダメになるかもしれないなと思っていたが、大きな事故もなく、なんとかやってこれた。

 

何か問題や困りごと疑問があった時、本間さんに聞くと、優しくいろいろ問題を考えてくださったりした。

 

本当に素晴らしい方だなって思う。

 

 

f:id:matsumo_saga:20201202224841j:image

 

養鶏場の通り道も完成して、これでスムーズな行き来が可能となった。

 

作業時間が短縮されたし、移動のストレスも軽減された。

 

これも友達が来てくれたお陰で、作業がめちゃくちゃ捗った。

 

いろんな人に支えられながら、ちょっとずつ進んでいるな。

 

 

井戸、掘るぞー!!

井戸掘りをしたいので、業者に見てもらった。

 

これで井戸掘りに関して話を聞いた業者は、3つ目。

 

1つ目の業者は、50メートルぐらい掘れば水は出てくるという話で、金額は1メートル1万5000円だった。

 

工事するかどうかの決断をその場で、即答することを求められたので、保留にしてた。

(僕の情報がなさすぎて、大きいお金を即答できなかった)

 

次の業者は、200メートル以上掘らないとこの地形は水が出てこないという話で、金額も1メートル4万円だった。

 

前の業者とこの業者で、ボーリングするメートル数も値段も、違いすぎて、混乱した。

 

どっちかが間違っているか、それともどっちも違うことを言っているか、

 

情報が少なすぎるので、他の業者に来てもらおうと思っていたが、なかなか業者がなくて。。

 

 

知り合いから紹介してもらうことができて、隣の市の唐津から業者さんを呼べた。

 

その業者の方は、老人で名人感が出ていた。

 

地形を見るなり、この辺りがいいなとあたりをつけた。

 

それは、一つ目の業者と同じ場所だった。

 

そして、50メートルぐらい掘れば、この地形だったら間違いなく出ると言っていた。

 

この50メートルも、一つ目の業者と一緒だった。

 

値段も1メートル1万3000円ぐらい。

 

 

ということは、2つ目の業者だけ結構違う意見を言っている。

 

1つ目の業者と3つ目の業者の言ってることの方が信憑性が高い。

 

これはこの地形でも、50メートルぐらい掘れば、水は出てくると思ってほぼ間違えないと思う。

 

よし、100万円ぐらいかかるが、思い切って、井戸掘ることにした。(その他、パイプや灌水設備を揃えると、もう100万円ぐらいかかるかな?)

 

全部で200万円ぐらいかかるとして、10年使うとして、年間20万円、月2万円弱。

 

水は、金柑にも、鶏にも結構使うし、うまくパイプを繋いで省力化できるようにすれば、作業の手間も減ると思う。

 

そう考えると、ちゃんと理にかなった投資だと思う。

 

よし、やろう。

 

井戸掘りは、今年1番の買い物になりそうだ。

 

電気工事の業者さんに電話して、急いで、電気を設置してもらうように頼んだ。

 

電気、水、年内に揃えたい。

 

 

知り合いの方が荷台を作ってくれた。

 

f:id:matsumo_saga:20201127212101j:image 

 

ここに餌も入れれるし、水のタンクなども運べる。

 

ほんとにすごく使いやすい。

 

Facebookに書くなと言われたので、実名は伏せておくが、わざわざ作ってくださったと思うと、感激した。

 

f:id:matsumo_saga:20201127221151j:image

 

実際、使ってみて、これで作業がだいぶ楽になった。

 

いろんな方のお陰で、ちょっとずつ業務改善ができてます。

 

 

 

 

不安定で、助けられながら、ちょっとずつ進んでいく日常

f:id:matsumo_saga:20201126233734j:image

 

ひよこが、餌をやってる隙に逃げ出した。

 

もうだいぶ大きくなってきた。

 

動きもすばしっこくて、捕まえるの苦労した。

 

もう、そろそろ外に出す頃だ。

 

生まれたすぐで、まだ羽が無い時期から見てるから、バサバサと飛び、すばしっこく僕から逃げ回わってるのに、捕まらないことに対する苛立ちと共に、ちょっとした嬉しさがあった。

 

生まれてから、5ヶ月後ぐらいに卵を生み出すので、まだまだ先だが、ちゃんと大きくなるだろか、と不安だけど、楽しみでもある。

 

 

 

 

買い物をしに、出かけてたら、福岡から来られた大黒さんというご夫婦が、農場に来てくださっていて、僕の居ない間に、ゴミの片付けをしてくださってた。

 

本当に、びっくりした。

 

大黒さんは、金吾さんの知り合いで、お米を買いに来たついでに、僕のところに寄ってくださって、僕が知らないうちに、ゴミの整理をしてくださってた。

 

f:id:matsumo_saga:20201126235440j:image

 

Facebookでは、やりとりさせていただいてたが、対面で会うのは初めてで、それなのに、わざわざ駆けつけて、ゴミを拾ってくださるなんて、普通、考えられない。

 

大黒さん夫妻は、また近々来るよ、と言ってくださった。

 

手作りのかしわおにぎりと梅干しが美味しかったな。

 

 

 

鶏の数をもう少し増やしたいなと思っている。

 

そのために、

①現養鶏場の整備

②新たに養鶏場の作成

をしないといけない。

 

①現養鶏場の整備に関しては、一人でやれることが多いので、一人の時はこちらをやっている。

 

その中でもやることは

❶電気の設置

❷井戸掘り

❸物置スペースの確保

❹撹拌器

区間の整備

❻止まり木、餌箱などの作成

 

水がまだ不透明だが、それ以外は①に関して、ゴールがちょっとずつ見えてきた気がする。

 

 

②新たに養鶏場の作成は、ある程度人数を要するので、人が手伝いに来てくれたときに一気にやっている。

 

ここに関しても、草刈りはある程度終わり、ゴミの片付けもある程度終わりが見えてきて、あとは必要な資材を揃えて、ビニールを張っていく作業になる。

 

 

f:id:matsumo_saga:20201127001209j:image

 

今回はヤギが結構活躍してくれている。

 

ありがとう。

 

 

今日、業者さんを呼んで、必要な資材など打ち合わせした。

 

実は、最近、農業資材に関して、他の業者さんに頼むようにした。

 

僕的に、一度仕事の依頼をした時に、営業の方の対応が良かったので、そちらの方にお願いすることが多くなった。

 

何もわからない素人なのに、いろいろ教えてくださって、すごくいい方だなって思った。

 

まだまだ仕事内容自体が、安定する(ルーティンで同じ作業をする)フェーズじゃないので、バタバタしてますが、一個ずつやっていきたいと思います。

 

 

 

 

選ばれる理由をいくつか作りたい

農場に電気を通す注文をした。

 

今まで電気を通す手順を知らなかったから、勉強になった。

 

電気を注文するときは、電気工事屋さんに問い合わせして、その業者が電柱立ててくれたり、九電とやりとりしてくれる。

 

最後の電線から1キロを超えると、追加料金がかかることも知らなかった。(僕の農場は0.8キロだった)

 

これも知らなかったが、電気には、100vか200vがあって、家庭用では100vを使うが、業務用では200vを使う。

 

ちなみに、僕は攪拌器とかに電気を使用したいので、200v用にしてもらわないといけない。

 

200vにする場合は、使用するW数までわかっておかないといけない。

 

複数の業者で、相見積もりを取ると、電気工事屋さんで、工事の料金まちまちだった。

 

同じ作業なのに、2-3万円、平気で違った。

 

やっぱり複数の業者から選ぶのって大事なことだなって思った。

 

結局、今回は一番安い業者を選ばずに、多少値段は高くても、近くの業者を選ぶことにした。

 

値段は、13万円ぐらいになった。

(よし、頑張って卵売るぞ!!)

 

近くの業者の方が、何かあったときに安心できるなって思ったから。

また、近くでお金を使うっていいなっても思った。

 

 

農業をするようになって、いろんな業者さんと関わり、付き合う業者を選ぶ基準として、値段だけじゃなくて、物理的距離の近さや接客態度など、いろんな要素を見るようになった。

 

逆に言うと、選ばれる理由は値段の安さだけじゃないとも言える。

 

これまで自分は、そのものを選ぶ理由として、値段を優先してたと思う。

 

でも、値段は、あくまでも決定するためのひとつの理由でしかないなって思った。

 

農家としてやっていくなら、お客様がうちの農作物買う理由をちゃんとデザインしないといけない。

 

それは、値段かもしれないし、味かもしれないし、見た目かもしれないし、栄養かもしれないし、購買体験かもしれないし、贈り物かもしれない。

 

f:id:matsumo_saga:20201125230816j:image

 

前に見て面白いなって思った卵。

 

この卵の売り上げの一部が、そのまま地元のスポーツチームの寄付に回されるらしい。

 

このチームのことが好きなファンはこの卵見たら、買うだろうな。

 

他にも、JA全農のHPを見ると、たまご1パックにつき1円をWWF(世界保護機関)に寄付するっていうやつもあった。

 

f:id:matsumo_saga:20201125231439j:image

 

「応援」や「寄付」も「安さ」と並んで、決定するための一要因となるだろう。

 

消費を通じて、「応援」や「寄付」できるシステムいいなって思うから、僕も真似しよう。

 

こんな感じで、買う理由をたくさん用意出来たら面白いな。

 

なんて、電気工事の注文しながら、考えてました。

 

鳥インフルエンザが隣の福岡でも出てしまったので、気が抜けぬ日々です。

 

労働強度を下げる

今日は、昨日やってた養鶏場の通路作りの続きを、ばあちゃんと一緒にやった。

 

基礎を埋めるのと網を張るのは、昨日やったので、あとは網を結んだりする軽い仕事。

 

ばあちゃんでも、負担なくやれる仕事だ。

 

ばあちゃんは、膝が悪くて、普段でも足を引きずりながら歩く。 

腰もだいぶ曲がってる。

 

でも、外に出て仕事するのが好きで、一緒に農作業してると、嬉しそうにしてる。

 

こうして、これからも、ばあちゃんと一緒に仕事できるといいなって思う。

 

 

山本さんが、鶏用に菜花や草を持ってきてくださった。

f:id:matsumo_saga:20201124214925j:image

鶏にあげるためだけに、わざわざ刈って持ってきてくださった。

 

山本さんは、よく気にかけてくださっていて、先日も草刈って持ってきてくださったり、養鶏場で使う道具や、飼料用のお米や差し入れなどしてくださる。

 

そして、いつも、僕の邪魔にならないようにか、用が済むとすぐに軽トラに乗って帰る。

 

「自分の好きでやってるので」

 

と見返りを全く求めずに、僕の手伝いをしてくださる。

 

タブレットとかも使いこなすし。

 

カッコいい爺ちゃんだなって思う。

 

僕の周りには、周りにはカッコいい爺ちゃんやばあちゃんがたくさんいる。

 

そういう歳のとり方をしたいな。

 

 

f:id:matsumo_saga:20201124215639j:image

 

道ができたら、テンションが上がってしまった。

 

これで、一輪車が使える。

 

今まで、いろんな荷物を手で運んでた。

 

そのせいで、実は結構、腰とか肩とか負担が来てた。

 

水も餌も結構な重さ(20キロぐらい)になるし、うちの農場は直線距離長いから、それを持って何度も往復するのは労働強度がかなり高かった。

 

絶対にギブアップしたくない人のための成功する農業(読書マラソン3/35)|Satoshi Matsumoto|note

 

労働強度っていう考え方は2日前に読んだ本で知った。

 

労働強度が高いと、働く人が負担がかかるし、高齢化していく中で、労働強度をどう下げるか?は大事な課題だ。

 

早速、小さいながらでも自分の今ある環境で、労働強度を下げる取り組みをしようと思い、道を作ることにした。

 

昨日、15分短縮できることが良いと言ったけど、それ以上に、一輪車で重いものを運ばなくて良いことで作業がかなり楽になった。

 

これで他の人も(ばあちゃんでも)ある程度、作業できるようになった。

 

 

まとめると、今回学んだことは

 

農作業において考えるべきは①時間②コストに加えて③労働強度もかなり大事だということ。

 

今まであまり労働強度については考えなかったけど、ここを見直すとまだまだ改善すべきところはたくさんありそうだ。

 

たかが15分

妹が手伝いにきてくれた。

 

f:id:matsumo_saga:20201123202135j:image

 

今日の作業は通路作り。

 

養鶏場の中を通りやすくするためだ。

 

土を掘って、フェンス基礎を入れて、コンクリートで固めて、柱を立てて、網を張る。

 

4区画あるうちの1区画はなんとか終わることができた。

 

暗くなっても、スマホの電気を照らしながら黙々と作業してくれた妹には本当に感謝だ。

 

正直、通路は今のままでも、問題はない。

 

通路をちゃんと作ると、1日15分は短縮出来ると思う。

 

1日15分短縮するために、妹に遅くまで手伝っておもらった。

 

通路を作ることに少なからずコストはかかる。

 

時間は、15時間ぐらい、お金は3万円ぐらい。

 

でも、多少のコストをかけてでも、やった方がいいと思ったので、今回通路を作ることにした。

 

仮に、1日15分短縮できたとして、1年間で5475分(15分×365)削れることになる。

 

つまり、1年間で、91(5475分 ÷60分/時間)時間生まれたことになる。日にち計算で、3.8日分(1日の仕事できる時間に換算すると10日分)

 

10年この通路を使うとしたら、1ヶ月以上の時間を短縮できたことになる(1日に仕事できる時間に換算すると、3ヶ月以上分)

 

計算してみると、1日たった15分でも、積み重ねていくと相当な量になるからバカにできないなって思う。

 

だから、1日15分削るためにわざわざ通路を作った。

 

 

たった15分でも、ちりも積もればで相当な数になる。

 

そうやって計算して、ちゃんと15分の効果を数字に出してみると、

 

自分自身、普段の生活で、改善しようと努力しないことで捨てている時間がたくさんあるのかもしれないなと怖くなった。

 

 

f:id:matsumo_saga:20201123204446j:image

 

今、2020年が終わるまでに、読み残した本を読み切ろうという企画を勝手に立ち上げて、勝手に一人でやっている。

 

この本のほとんど全ては、農業の知識系の本で、

 

「こうすれば、うまくいく」といったビジネス本ではなく、植物の育て方や歴史など、不変的なことが書かれてある。

 

例えば、空気中で一番多いのは窒素で、その次は酸素という事実は、不変的だが、こういうことをしっかり学んでおくことは非常に重要だ。

 

不変的なことは、ルールとも言えるので、そのルールをしっかり押さえた上で、どういったパフォーマンスを発揮するか?

 

そう考えると、まだ僕はルールを覚えている段階か、、と悲しくなってきたが。

 

まぁ、しょうがない。

 

力不足を素直に受け入れて、コツコツやっていこう。

 

 

たかが15分だったとしても、すごい数になる。