素ヱコ農園の日々

佐賀県伊万里市で便利になった世の中で、手間のかかるストレスフリーの平飼いで外国産の餌に頼らないこだわりの餌作りを行っています。

ばあちゃんの昔たまごはこちらから

あえて、妹に頼んでみて、気づいたこと

素ヱコ農園は、平飼い養鶏×卵が美味しい×応援ということで、お客さんが選んでくれていると思う。

 

平飼い養鶏とかは、殆どの人が全く関心のないことだと思う。

 

だから、平飼い養鶏の価値を伝えていかないといけない。

 

今、妹が台湾の大学にいってるのだが、コロナで移動できないで暇そうにしていたので、素ヱコ農園のwebページ用に、平飼い養鶏について、ブログを書いてもらった。

 

ブログは自分で書いた方が速いし正確だけど、人に何か任せることも(経験として)大事かなと思い、アルバイトとして、やってもらうことにした。

 

一年ぐらい養鶏をやっているので、何もかも当たり前になってしまっていたが、妹が書いたブログを読んで、当たり前じゃないことを思い出した。

 

そもそも今平飼い養鶏は自体は日本ではかなり少ない。

 

市場に出回る9割以上の卵はケージ飼いだ。

 

僕がいつも目にする鶏の砂の中でモゴモゴしている光景や(砂浴びという)、

 

止まり木に休んでいる光景、

 

羽をバタバタしている鶏の光景は、日本の養鶏からしたら、当たり前じゃないということに気づいた。

 

f:id:matsumo_saga:20210915223314j:image

 

というか、そもそも鶏を飼っている人の方が少数で、飼育方法に関心がある人なんて、かなり少数だ。

 

日本の多くの人たちにとって、鶏の飼育方法は関心の外にある。

 

ずっと同じことをやっていたので、平飼い養鶏が当たり前になっていた。

 

ネットで調べても、平飼い養鶏は結構目にする。

 

でも、それはきっと僕が養鶏をやっていて関心があるからだ。

 

普通の人は、あまり関心がないはずだ。

 

僕も、大学生の時は全く飼育方法など気にならなかった。

 

たまには他者の目を入れたりして、自分を客観的に見れるような機会を作らないといけないなと妹が書いてくれたブログを読んで思った。

 

 

 

 

今、ホモデウスという本を読んでいる。

 

 

 

サピエンスがどんな特徴や性質を持って歴史を紡いできてか?そして、これから、どこに向かうのか?

 

上巻だけしか読み終わってないが、既に十分に面白くスケールが大きな話に、頭がゴロンゴロンと転がるような感覚になっている。

 

歴史学者が過去を研究するのは、過去を繰り返すためではなく、過去から解放されるためだ。(81ページ)

 

という言葉が頭に残っている。

 

歴史を学ぶことで、現在の社会は、どんな文脈に影響されてきたかが分かり、それを理解したことによってそこから抜け出せると筆者は述べていた。

 

歴史を学ぶことは、社会や自分を相対的に見れて、そして、自分を別の角度から見る道具にもなるなと思った。

 

ブログにしたり、歴史を勉強することにしたり、自分を相対化できるようにすることは非常に重要だ。

 

普通の人は、友人や職場の人間関係でそれをやっているのかもしれないが、僕の職場には現状鶏しかいない。

次は、仕事のしやすさを求める

何気なく聞いた言葉というのは意外と頭に残っている。

 

 

学生時代に、ある人の車に乗っていた時に、

 

「もし、農業をするなら、どうするか?」

 

という話になった。

 

 

その人は、「なるだけ初期投資を抑えてスタートする」と言っていた。

 

 

何気なく聞いた言葉というのは意外と頭に残っている。

 

 

その数年後、僕は農業をスタートした。

 

そして、その言葉が強く残っていた。

 

「なるだけ初期投資を抑えてスタートする」

 

 

本格的に卵の販売を始めたのは、今年の4月からだが、鶏を飼い始めた時は、昨年の9月から。

 

鶏のお世話を始めて、ちょうど一年ぐらいになる。

 

通常、養鶏を始めるとなると、結構な費用がかかる。

 

鶏を育てたことも商売の経験もなく、何もかもはじめてのなか、うまくいくかわからなかったというのもあるが、

 

「なるだけ初期投資を抑えてスタートする」

 

という言葉が脳裏の片隅にあった。

 

お金をかけずに小さくスタートした。

 

鶏にとっては広々とした気持ちの良い空間を作って、作業者にとっては最小限の機能だけで。

 

f:id:matsumo_saga:20210914212528j:image

 

必要なものは、なるだけ自分でyoutubeや雑誌などをみながら作った。

 

それまでほとんどノコギリも持ったことなかったから、出来栄えはなかなか悪かった。

 

そんな感じで、必要な部分を足して足して、バタバタしてるうちに一年が経った。

 

 

おかげさまで、卵はこだわった分、人気が出てきて、今、卵は全く足りない状況だ。

 

ここ3週間ぐらいスーパーや直売店に全く卸せてない。

 

何件か問い合わせがあった。

 

スーパーや直売所に卸すのはもうちょい先になりそうです。申し訳ありません。

 

ありがたいことに定期購入をしてくださる方もどんどん増えている。

 

定期購入をしたいと、今日も1人電話があったし、昨日も2人から連絡があった。

 

販売の方は今のところ順調だ。

 

 

 

ただ、初期投資をあまりせず、最低限の設備の中、作業をしていたため、普段の仕事で、非効率なところがかなりある。

 

今後は、仕事のしやすさを追求しないといけない。

 

次の課題は、仕事をしやすくすること。

 

若い人を雇いたいと思っている。

 

その人が働きたいと思えるような場所を作らないといけない。

 

その基準で考えると、今の作業者にとって、最低限の場所である養鶏場は大きく変革しないといけない。

 

最初から人を雇って、ドカーンと、大きくするやり方をしていたら、こんな苦労はなかっただろう。

 

僕はそんな勇気を持てなかった。

 

でも、ちょっとずつちょっとずつ進んできて、もう少し頑張れば人を雇えるんじゃないかなって思えてきた。

 

 

明日も、養鶏場の整備やるぞ。

悩みの解消と小さい継続と連鎖

最近まで本当に本当に悩んでいたことがある。

 

肉体的な疲労だ。

 

小学生から高校まで野球をしていて、体力にはそこそこ自信があった。

 

そもそも、僕はまだ20代だし。

 

仕事柄、重いものを毎日運ぶ、運ぶ、運ぶ。

 

そんな毎日を過ごしているうちに、気がついたら身体の至る所が悲鳴をあげていた。

 

 

健全なる精神は健全なる身体に宿る

 

 

ということわざがあるが、本当にそうだなと思う。

 

体がきついから、精神的にもきつくなった。

 

毎日仕事をするのが辛かった。

 

これはいけないと思い、体のことを見直すことにした。

 

まずは食事。

 

僕は元々、少食で1日1食でも2食でも全然平気だったが、3食にした。

 

 

すると、3ヶ月ぐらいで体重が5キロぐらい増えた。

腕も太くなった。

 

身体が大きくなると日々の作業は少し楽になった。

 

また、うちの嫁はヨガのインストラクターをやってるので、寝る前に一緒にヨガをするようになった。

 

疲れてるところは、身体の動きが悪くなってて、ヨガはそこを伸ばすことで緊張をほぐす。

 

ヨガをしたことで、疲労が溜まりにくくなった。

 

悪いこともあった。

体が大きくなったことで、お腹も大きくなったのだ。

 

お腹周りに肉がついてるのが許せなかった。

 

嫌だったので、毎日腹筋をすることにした。

 

毎日必ず100 回。

 

1日目はめちゃくちゃキツかった。

 

100回するのに30分ぐらいかかった。

 

2日目もそうだった。

 

3日目はこれまでの疲労でお腹が捩れそうだった。

 

5日目がすぎたあたりでちょっと楽になり出して、2週間目に突入した今は、10分ぐらいで終わるようになった。

 

今日もこのブログを書く前にささっと済ませた。

 

腹筋を毎日100回やるって、結構良い習慣だなと思ってる。

 

腹筋をやりだしたことで、他の筋肉についても気になり出したて、より運動するようになったし、腹筋を一生懸命にやってる時に自分と対話できたりして、やる気を掻き立てられている。

 

こういうのをキーストンハビットというらしい。

 

 

 

これからもとりあえず3ヶ月は、腹筋を毎日100回やりたい。

 

たかが腹筋100回だけど、それをやり続けることで自分の中で良い循環が確かに起こってると確信している2週間目の夜。

 

「お腹スッキリしてきたね」と妻に言われた。 

 

 

 

 

 

これはいかんばい

いつものように豆腐屋さんに行き、大量のオカラを軽トラに積んで養鶏場に行くと、見慣れた白い軽バンが止まっていた。

 

「どがんしよるか、気になったけん、来たばい」

 

ヘルメットを被ったその下の顔は笑顔で、軽やかな足取りでこちらに歩み寄る。

 

金吾さんだ。

 

そして、その笑顔のまま「これはいかんばい」と、養鶏場の前に置いてある4つの固まりを指差し。

 

先日、鶏の餌用に佐賀県産の4トンの麦を買った。

 

麦は1トンずつ袋に入っている。

 

1トンは軽トラではとても運べない。

 

4トンのトラックを借りて、ユニックで運んだ。

 

初めてで、予想以上の重さでユニックでも全く動かすことができなかったので、道端に置いた。

 

その道端に置いている麦の固まりをみて、金吾さんは、「これはいかん」と。

 

金吾さんいはく、地面から水分が上がってくるので、こういう乾燥させるものは、何か下に敷いておかないといけないらしい。

 

僕はそういう基本的なことすら、知らなかった。

 

知らないとダメなことを平気でやってしまう。

 

 

「でも、どうやって、この重いのを動かすのですか?」

 

「うちの小屋にあるから、おいで」

 

とそのまま僕の軽トラに金吾さんを乗せて金吾さんの小屋へ。

 

金吾さんの小屋はすごい。

 

三階建てで、いろんな道具がある。いつの時代に使っていたのかわからないような千歯こきや鬼のお面など。

 

金吾さんはチェーンブロックと三脚を持って小屋から出てきた。

 

f:id:matsumo_saga:20210819154302j:image

 

養鶏場に戻って作業に取り掛かった。

 

ちょうど日差しも出てきて、かなり暑かったのに、金吾さんは休むことなく、1トンの麦をチェーンブロックを使って持ち上げて、その下に木の板を敷いた。

 

75歳には思えない足取りと腕っぷしの強さだった。

 

 

金吾さんは「若者の支援をする」と言って、今バナナの苗を売っている。結構な量。しかも、全部SNSを利用して手売りしている。

 

そして、その金で、僕もいろいろとお世話になってるし、九大の学生が黒川に来る時のレンタカー代などを払ってるらしい。

 

めちゃくちゃカッコいいなと思う。

 

 

「もし、俺が死んでも、財産は引き継ぎたくない。も、でも、考え方や心構えは引き継ぎたい。考え方には無限の価値がある」

 

と道中で話をされていた。

 

 

こういう考え方や知恵を受け継ぎたいなと強く思った。

 

 

自分の周りには素晴らしい方々がたくさんいて、その方々から学ぶことが限りなくあるなと思う。

 

近くに素晴らしい方々がいて、本当に感謝です。

 

 

 

 

 

この1ヶ月の出来事

ご無沙汰してます。

 

ブログを書くのは1ヶ月です。

 

日々の業務も忙しく、また、結婚し、新生活になったことでブログを書く余裕がなかったです。

 

雨は、幸い田んぼが浸かったのと、餌がダメになったぐらいで、沈没して全てがダメになるという最悪の被害に至らなかったので、なんとかよかったです。

 

 

 

妻との新婚生活は、ばあちゃんの家に妻を迎えて、新婚夫婦と、ばあちゃんという3人で生活をしています。

 

ばあちゃんも僕もあまり家の家具や配置などに拘らならないタイプで、かつばあちゃんは物を捨てないタイプで何世代も前の物が大量に家にありました。

 

ただ、妻は真逆です。

 

妻はこれまで、3回も古民家を自分でリノベしてきたほど、住むところには拘るタイプです。

 

妻がうちに来たことで、抜本的に家の改革が始まりました。

 

特に、苦戦したのは、ものを捨てる作業です。

 

戸棚にしまってある何年も使ってない大量の食器。

押し入れにギュウギュウに詰め込んである布団。

 

妻は何が要るのか、要らないかの線引きがしっかりしていて、曖昧なものは全部捨てる。

 

最初はもったいないなと思っていました。

 

でも、よくよく考えると、何年も使ってないものはきっとこの先も使わないでしょう。

 

 

もったいないという言葉で、思考停止させて、片付けるという面倒な作業から逃げていただけだったなと反省しました。

 

 

 

古くなっている壁の色も漆喰などで塗ったり、照明も変えました。

 

まだ、完璧ではないですが、嫁が来たことで随分と暮らしやすくなりました。

 

といった感じで、嫁と一緒にいることで、僕が今まで意識してなかった生活の質がとても上がってます。

 

 

 

 

仕事はどうか?と言いますと、

 

 

今は主に卵の販売に力を入れていました。

 

僕はJAや市場に全く卸してないので、全て自分で売らないといけません。

 

売れないとせっかく丹精込めて作った卵を全て捨てないといけません。

 

最初は地元の飲食店をメインに営業に行ってたのですが、ほぼ断られました。

 

理由は、値段で、やっぱり卵は毎日使うから、良いものよりも、安いものを使いたいとの意見が大半でした。

 

なので、飲食店に出すのは、一旦無しにして、個人の方に力を入れました。

 

対面で売ったり、ECサイトに出したり、いろいろ試してみてみてわかったのは、個人に売るのは感触が良いことです。

 

7月は卵余ることなく、全部売り切って、初めて黒字でした。

 

嬉しかったのは、ネットで注文してくださった方の中に、リピーターが結構いたことです。

 

卵って、全国どこでもあるのに、わざわざ買ってくださる方が嬉しかったです。

 

これからも質にこだわって良い卵作ろうと思います。

 

8月もこのペースでいくと黒字になると思います。

 

本当に本当に皆さんのおかげです。

 

この一年ずっといろんな方に支えてもらったおかげでやっと少しずつ結果が出てきました。

 

そして、やっと、ばあちゃんに給料が払えました。

 

逆に言うと、今まで卵を磨いたりすることを手伝ってくれてたのですが、給料全然払えていませんでした。

 

ばあちゃんも喜んでました。

 

 

 

今、7割がネット販売で、3割が地元です。

 

今後は、もっと地元の割合を増やしていきたいなと考えてます。

 

ただ、卵の数はあまり増やしたくないなと考えています。

 

質や世界観が変わる可能性があるからです。

 

僕は、卵屋としては大儲けすることはないでしょう。

 

でも、それよりも考えをもって行動し続けることが大事だと思ってます。

 

 

久しぶりにブログを書いたので、うまくまとまりませんでしたが、要は元気にやってますよ、ってことでした。

 

以上です。

 

 

 

 

NHKと、その後

NHKで、#アニマルウェルフェア について、うちの農園で取材がありました。

f:id:matsumo_saga:20210716225321j:image

 

佐賀放送、九州放送、そして、ワールドと3回放送されたようです。

 

取材してくださったNHK小野さんをはじめ、スタッフの皆さん、ありがとうございます。

 

 

アニマルウェルフェアという考え方は、日本ではなかなか浸透していません。

 

僕もオランダに留学してから知りました。

 

知らない方のために超ざっくり説明すると、

 

 

動物も自由に幸せに生きてほしいという考え方です。

 

 

詳しくは以下の5つの自由が満たされることが必要と定義されています。

 

①空腹と渇きからの自由

②不快からの自由

③痛みや傷、病気からの自由

④正常な行動を発現する自由

⑤恐怖や苦悩からの自由

 

うちの鶏は、平飼いで1平方メートルに1羽という広々とした空間でのびのび生活しています。

 

f:id:matsumo_saga:20210716123421j:image

 

砂浴びしたり、止まり木に止まったり、走り回ったりしている鶏を見て、癒されます。

 

鶏にとって良い環境を作れるように努力しています。

 

全ての卵が、自由な場で育った鶏から生まれているかというと違います。

 

放送でもありましたが、日本の9割以上の鶏は、狭いケージの中で動くことが出来ず餌と水だけが与えられて、一生を終えます。

 

鶏にはかわいそうですが、こうしたケージ飼いののとを全否定できません。

 

むしろ、僕は沢山の恩恵を受けてきました。

 

これによって、安く安定的に卵が供給できるようになり、僕たちの食卓に毎日、卵が並ぶようになりました。

 

一方で、大量に飼うことが可能になり、どんどん養鶏場が大規模化して、感染症のリスクや、鶏の飼育環境など問題が出て来ているそうです。

 

 

 

NHKの放送では、こういうアニマルウェルフェアという考え方があるよ!的な感じで、僕の養鶏場の事例やヨーロッパでの事例をあげつつ、それが普及するための課題など、わかりやすく紹介してくださってました。

 

 

 

この放送があったことで、少しだけでも、卵が食卓に並ぶまでどういう背景で、作られているのか?ということが知ってもらえてよかったなと思います。

 

 

さて、気になる放送後の反響について、紹介しようと思います。

 

結論から言うと、少し反響ありました。

 

地元のスーパーに並べているのですが、少し売上が増えました。

 

一方で、ネットショップなどはほぼ変わってません。

 

 

昨日、FacebookNHKの動画のリンクを貼って、僕の農園についての放送を皆さんに紹介しました。

 

そして、コメント欄に購入ページを貼って、果たしてどれくらいの購入者が現れるかな?と、実験してました。

 

 

 

 

結果は、ゼロでした。笑

 

誰も買ってくれませんでした。

 

やっぱり、地道に売っていくしかないなと思いました。

 

f:id:matsumo_saga:20210716225011j:image

 

ふるさと納税のコメント。

 

どなたが書いてくださったかわからないけど、絶賛されていた。

 

これからも良いものを着実に届けていきたい。

 

 

 

機能的かつ情緒的に

昨日、仕掛けた罠には、

 

猪はかからず。。

 

周りイノシシがやってきた痕跡もない。

 

もう少し様子を見てみよう。

 

でも、昨日、罠の投稿をしたことで、それを見た方から、猟をするにあたって、とてもプラスになる道具を譲っていただくことになりました。

 

ありがとうございます。

 

 

さて、ちょっとずつ、定期購入をしてくださる方々が、増えてきました。

 

地元の対面販売では、既存のお客様が、知人に紹介してくださったりして、少しずつでも、確実に定期購入してくださるお客様が増えています。

 

 

オンラインでは、ふるさと納税や産直ECサイトで買ってくださったお客様が、定期的に買ってくださるようになったというパターンが結構増えてきています。

f:id:matsumo_saga:20210715025642j:image

 

まだまだ課題も沢山ありますが、こうして、ちょっとずつ進歩していると思うと自信を持って進めますね。

 

 

卵は、季節もののフルーツのように一時期にできるものではなく、毎日ほぼ決まった数が産まれます。

 

なので、一度に大量に買ってくださる方(めちゃくちゃありがたいです。大好きです)よりも、少量でも定期的に買ってくださる方の存在がとても大事です。

 

 

定期的に買ってもらうには、単に美味しいとか以上に、『もっといろんな理由』がそこにあるのではないかと思います。

 

理由を分けると、機能的な側面(美味しい、卵が割れない、栄養価が高い、など)と情緒的な側面(環境に優しいことをやってる、こだわりが好き、地元だから、など)に分けられるんじゃないかなと思います。

 

うちの卵は、どちらかと言うと、情緒的な側面で買ってくださる方が多いと思っています。

 

先日、お客様からいただいたメッセージです。

 

いただいて、めちゃくちゃ嬉しかったので、そのまま載せます。

 

 

おはようございます☺️

先日はありがとうございました‼️

優しい美味しい卵に家族みんな感動しました💖
なんてホッとする味なんでしょうね😍

卵を頂く度に、インスタで拝見したコッコさん🐓達の姿を思い出し
いただく命に感謝しながら食しました🙏

私の実家が唐津なので卵は唐津へ買いに帰っていましたが、家族の『この卵美味しいけんまた食べたい‼️』の一言で定期購入させていただくことにしました☺️

自然豊かな場所で体に良いご飯と美味しいお水と
のびのび過ごしストレスフリーの環境で育ったにわとりさんは幸せですね💖

私の叔父も伊万里は○○に住んでいて遊びに行った時は川沿いを散歩したり山菜採りをしたり…四季を感じパワーチャージしています‼️

人間も動物も自然に中に身を置くと生き生きしますね✨
すべてに感謝です🙏

これから
さらに暑さが厳しくなりますが
お体には十分お気をつけください🍀
 

 

 

ありがたいです。

 

インスタなどの映像で、生産背景を知ってくださって、そこに想いを馳せて卵を食べてくださったようでふ。

 

こうした生産背景やこだわりはやっぱりとても大事なので、今後もしっかりと発信していきたいと思います。

 

そして、同時に、もっともっと、機能的な価値を高めていく必要があると思うので、今後はここが課題です。

 

今日、お客様から割れていたと言う報告がありました。

 

気をつけているつもりでしたが、やはりまだ不十分のようです。

 

包装の仕方を見直します。

 

ここは本当に重要なことです。

 

お客様のためにも、もっと機能的な側面を上げていきたいです。

 

f:id:matsumo_saga:20210715025701j:image

 

https://suecogrand.stores.jp/