素ヱコ農園の日々

佐賀県伊万里市で便利になった世の中で、手間のかかるストレスフリーの平飼いで外国産の餌に頼らないこだわりの餌作りを行っています。

ばあちゃんの昔たまごはこちらから

感情が変わる境目はどこなんだろう?

ばあちゃんの昔たまごはこちらから

キツネに鶏が襲われて数日経つが、それ以降被害は出てない。

 

今後も今回のようなキツネの被害もあり得ると思う。

 

また、他にも自然災害とか気のないことはたくさんあるだろう。

 

 

先日、キツネを捕獲したことをFacebookでアップした。

 

f:id:matsumo_saga:20220516211931j:image

 

人によって反応が違ったことが興味深かった。

 

ちょっと雑かもしれないが、

 

田舎の人はキツネを農作物を荒らす悪者と見ているよう思えた。

 

一方、都会の人は、キツネを人間の勝手な都合で捕まえられてしまった可哀想な存在だと見ている傾向があるように思えた。

 

僕も捕まえておきながら、キツネを可哀想に思った。

 

100羽のニワトリを食べられてしまった怒りもある。

 

捕まえたのがキツネじゃなくて、蚊だったら、キツネと同じように可哀想に思うのかな?

 

捕まえたのがゴキブリだったら、キツネと同じように可哀想と思うのかな?

 

ニワトリを食べたのが、キツネではなく、飢えて食べるものがない人間だったらどう思うのだろうか?

 

可哀想と思うのと可哀想じゃないと思うのを分けるのは一体なんなんだろう?

 

キツネは可哀想で、蚊は可哀想じゃないと思うなら、その線引きは一体なんなんだろう?

 

そんな何の生産性もないことを一人でぼーっと考えながら、息子の鯉のぼりを下げた夕方だった。