佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

鶏が来た。一歩ずつ前に。

f:id:matsumo_saga:20200831232121j:image

 

鶏が来た。

 

佐賀の脊振で、平飼い・自家配合・堆肥熱を利用した雛を育てている本間農園さんから、引っ越しだ。

 

本間農園さんのホームページはこちら。

ほんまの卵 本間農園 | 本間農園 360度佐賀県脊振山 放し飼いニワトリの有精卵「ほんまの卵」

 

プリンやケーキ、ウィンナーを最近発売されたので、ぜひ。

 

僕も食べたんですけど、どれも美味しかったです。

 

ぜひ、ご試食ください。

 

 

本間さんとの出会いは今年の4月末。

 

一度、脊振に訪問させてもらって、話をした。

 

そこから、5月は1週間住み込みで、本間農園の養鶏法をはじめ、本間さんの考え方やこれまでの人生などいろんなことを学び、語り合った。

 

かなり濃い時間を過ごした。

 

あれから3か月。

僕もついに、養鶏を始めた。

 

不安な点も多い。

 

でも、今日、うちに来た鶏たちの顔を見たとき、めちゃくちゃ可愛くて、本間さんたちが愛情を持って育てられてきたんだなと感じで、大切にしたいなと思った。

 

 

f:id:matsumo_saga:20200831233154j:image

 

 

「アフリカみたいな農業だね」

 

と、本間さんから言われた。

 

身の回りにある余ってるものをかき集めて、うまく転用して使って作った鶏舎。

 

足りないところだらけだ。

 

最低限詰めないといけないところが、まだ数点残ってるけど、それもあと2、3日のうちになんとかなりそう。

 

もっと、こうしたいってところは、たくさんあるけど、ベストよりベターを。

 

とにかく完璧よりも、今できる最善のことをやりながら、改善していけばいいと思う。

 

「身の回りのものをうまく応用してできるのが最強だよね。原理さえ押さえておけば、機械化みたいな応用することは後から出来るから」

 

現に、本間さんの農場は、電気も水もないけど、しっかりした卵を産んでいる。

 

その現場を見たから、すごく勇気づけられる。

 

 

「いつでも、メッセージしてね。オンラインでいろいろやり取りしよう。現場でやりながら、学んでいくのがいいよ」

 

そうやって、気にかけてくださってることが本当にありがたい。

 

「鶏の捌き方知りたいです」

 

と僕が言ったら、

 

「秋に、伊万里で鶏を解体する命のワークショップやろう!その時、マンツーマンで教えてあげるよ!」と言ってくださった。

 

 

皆さん、秋に、命のワークショップやるので、ぜひご参加ください。

 

 

さて、この先、きっと大変なことがたくさんあるだろう。

 

でも、どれも経験や勉強と思って、前向きに取り組んでいきたい。

 

この先も、自分の理想を叶えるために、知らないことでさえも、積極的にチャレンジしていきたい。

 

クラウドファンディングも順調に進んでます。

 

衰退する田舎で挑戦し、若者が田舎でも希望を持って暮らせるような社会へ - CAMPFIRE (キャンプファイヤー)

 

まだまだ残りの日数あるので、もっと力入れていこうと思います。