佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

抜いてはいけないもの。

ジェンガは、面白い。

 

農作業は、淡々と仕事をすることが、多く、その間、瞑想のようにあれやこれや、頭を巡らす。

 

今日は、ハウスに網を貼りながら、なぜか知らないがジェンガのことを考えていた。

 

f:id:matsumo_saga:20200720131852j:image

 

ブロックを積み上げて作った塔から、参加者が順番にブロックを抜いて、それを上に積み上げていき、倒した人が負け、というあのゲームだ。

 

実は、全部のブロックは同じに見えるが、ブロックの重さが若干違ったりして、細工してあったりするらしい。

 

一つ一つが、規則的に重なってきちんとした塔になっていて、どれも必要なものに見える。

 

ただ、ジェンガを実際にやってみると、意外と塔を支えるために、必要なブロックは少ないんだなということにびっくりひた。

 

逆に、安全だと思って、真ん中を抜いていくと、崩れたりもする。

 

その塔を支えてるブロックは、どれなのか?

 

それを全体を把握しながら、きちんと見極めて、それ以外のブロックを抜いていく。

 

ジェンガは、奥が深い。

 

 

仕事をしてると、ジェンガのように思えてくることがある。

 

どこは抜いてもよくて、どこは絶対抜いてはいけないのか。

 

どの仕事も全て大切に見えるし、塔を形作るのには、必要なんだが、きっと抜いても大丈夫なブロックはあるはず。

 

逆に、絶対に、抜いてはいけないブロックがあって、そこを抜いてしまうと、塔が崩れてしまい、全部倒れてしまう。

 

 

f:id:matsumo_saga:20200720132920j:image

 

今回の大雨で、野菜がほとんどダメになってしまった。

 

僕たち農民は常に、天候に左右される仕事で、農作物は、天の恵みだ。

 

ただ、一方で、事前に予測して、対処することもできて、天候に左右される確率をかなり減らすことだってできるはず。

 

水捌けをよくするために、ハウスの中の水の通り道を作っていた。

 

穴を掘って、パイプを通して。

 

そんなことをやってたら、金吾さんが、ハウスに来てくれた。

 

三角ホーという道具を持ち出して、

 

 

「これでやったが早かばい」

 

 

とガシガシ手伝ってくれた。

 

 

金吾さんは、いろんなアドバイスをくれるし、程よい距離感で接してくれる。

 

今回、野菜作りで、ダメになったのは、いくつかあったが、金吾さんは、あえてアドバイスしたかったそうだ。

 

「失敗せんと、学ばん」

 

と言って。

 

見事に失敗した。

 

 

とにかく経験の場を与えてくれて、温かい目でみてくださるので、本当にありがたいなといつも思う。

 

金吾さんがこんなことを言ってた。

 

 

「君は、大事なのは、仕事よりも、ブログの投稿だ。君は投稿で持ってるから、続けなさい。そして、もっと頻度もあげなさい」

 

 

確かに、そうかもしれないなと思った。

 

 

ブログを書いているおかげで、いろんなご縁があると思う。

 

たまに、めんどくさくなることもあるし、ネタ切れすることもある。

 

「習慣化」っていうけど、習慣になってない気がする。

 

だって、いつもネタに苦労する。

 

今のところ、このブログは、ジェンガでいう、「抜いてはいけないブロック」なのかもしれない。

 

地味なことが、多い毎日ですが、どんな仕事もそうだと思うので、コツコツ気長に、楽しみながら、やっていきたいなと思う。