佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

バンドをひたすら準備していく中で

 

f:id:matsumo_saga:20201012020340j:image

 

ビニールハウスにビニールを貼るために、前準備をしている。

 

そのために

①鉄パイプの劣化しているところを確認し、必要で有れば交換する

②ハウスバンドを止めるところを準備する

③ハウスバンドを切る

④ハウスバンドを上で結ぶ

⑤ハウスバンドをロープで括る

 

とりあえず、ここまで終わった、

 

ハウスバンドは、12メートルぐらいで1セット。

 

これを45メートルのハウスに50センチ間隔で使い、それが今回は2棟分必要なので、

 

45×2×2=180本必要になる。

 

 

ということは、12×180=2160mのハウスバンドを必要とした。

 

ハウスバンドは、500m単位(1300円前後)で買うので、5巻使った。

 

 

数字でピンとこないかもしれないけど、数が多いので、結構大変な作業だった。

 

ひたすらバンドを切り続けないといけないし、ひたすらバンドを結び続けないといけない。

 

 

単純な作業は、瞑想状態になる。

 

考えることがどんどん少なくなってくるので、自然と自分と対話するようになる。

 

 

 

自分と対話していく中で、一人で感動していた。

 

 

そもそも、今こうして農業やってることが、あり得ないことだ。

 

僕が一人で勝手に始めたこと。

 

そこに、いろんな方が手伝いに来てくださって、どんどん作業が進んでいる。

 

今日の作業なんて、一人でやってたらどんだけ時間がかかっていたことか。

 

住み込みで手伝ってくれているフルタクに加えて、名古屋から来てくれた千晴も、めちゃくちゃ頑張ってくれている。

 

電車が全くない佐賀の伊万里の山奥まで、わざわざ人が来ているということが、普通に考えたらあり得ないこと。

 

それなのに、毎回、毎回本当に、いろんな方が手伝ってくれる。

 

 

そして、そもそも、このスピード感で農業やれていることが奇跡のようだ。

 

 

普通、技術を身につけるまで数年農業研修をして、そこから、農地を探すのに苦労する。

 

ある本では、農業をやるには、1000万円の貯金が必要だと書いてあった。

 

本来、農業をスタートするまでに数年間はかかるのに、その時間をかなり省くことができた。

 

その分大変なことは多いが、それでも、いまこうしてやれていることに、感謝しかない。

 

 

近くで木を切る音が聞こえるなと思っていたら、金吾さんだった。

 

僕のために、木を切ってくださっていた。

 

昨日は、みかんと蜂蜜を持ってきてくださったし、今日はロープを持ってきてくださった。

f:id:matsumo_saga:20201012025546j:image

 

こんなこと普通だと考えられない。

 

金吾さんには、いろんな面でほんとにほんとに感謝しかない。

 

 

完成度は?と聞かれると、ほんとに数%だ。

 

都会に行かずに田舎に残ったのは、全国的に見ても新しいキャリアを作るためだし、田舎でも夢を持って働く場所を作るため。

 

毎日、信じられないぐらいのことが起きているけど、もっともっとやらないと、田舎は衰退するばかりだ。

 

まだまだほんとにただの理想論だけど、そこに向けて愚直にコツコツやっていきたい。

 

ずーっとやればできるはず。