佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

ヤギとのやり取りで学んだ「豪」と「柔」

ヤギが脱走した。

 

f:id:matsumo_saga:20200721124331j:image

 

首輪にリードをして、柱につないでいたら、自分でぐるぐる巻きになっちゃって、動けなくなっちゃった。

 

解こうと思って、リードを少し取ってやると一目散に逃げていった。

 

ハウスの中にいるので、外に逃げていくことはなかったが、ハウスの中は結構広い。

 

しかも2頭もいる。

 

 

近づいたら、一定の距離をとって離れていく。

 

ゆーっくり、ゆーっくり近づいても、向こうもゆーっくりゆーっくり離れていく。

 

 

このままじゃらちがあかない。

 

強硬策に出ようと、勢いよく近づくと、向こうもものすごい勢いで、ダッシュして、逃げてしまった。

 

 

何人かで囲んで、逃げ場を無くしてから、捕まえようとすると、人の間をスルリと素早い足取りで、かわされてしまった。

 

そして、そのまま柵をバーンと突き破って、山の中に入っていってしまった。

 

こうなると、もう何もできない。

 

疲れが一気に押し寄せてきた。

 

ヤギと格闘して、もう長い時間経ってた。

 

 

いや、待てよ?

 

なぜ、格闘してるのか?

 

 

そんなことが脳裏に浮かんだ。

 

 

今まで、力でどうにかヤギを制圧しようとしていた。

 

その結果、向こうも力を発揮して、反発されてしまい、距離がどんどん離れていった。

 

 

「力で行くのは、辞めよう」

 

 

山に逃げられてしまい、心を入れ替えることにした。(もう手遅れかもしれないが)

 

 

幸い二頭のヤギは、山の入り口付近の木の下で、モシャモシャと草を食べていた。

 

 

ヤギは結構、米糠が好きだ。

 

米糠をやると、ペロペロと夢中になって食べる。

 

まず、餌として米糠をあげることにした。

 

二頭のヤギの近くに、米糠をどさっと。

 

 

そのあと、僕は距離をとって、ヤギがどんな行動をするのか観察してみた。

 

すると、米糠の方に寄ってきて、ペロペロペロッとすごい勢いで、米糠を食べ始めた。

f:id:matsumo_saga:20200721124401j:image

よしよし。

 

 

僕はまた米糠を手のひらいっぱいに入れて、近づくことにした。

 

 

慎重に慎重に。

 

 

やっとヤギの近くに、行くことができた。

 

 

米糠でいっぱいになった両手を差し出すと、何と食べてくれた。

 

 

ペロペロペロッ。

 

 

これで、すぐ捕まえたら、警戒されると思い、また、同じように米糠を手のひらいっぱいに盛って、ヤギの元へ。

 

 

ペロペロペロッ。

 

そんなことを繰り返して、徐々にヤギとの距離を詰めていく。

 

 

 

ガシッ。

 

間合いをはかって、一気にいった。

 

やっと、首輪を掴むことができて、リードを繋げることができた。

 

 

これで安心だ。

 

今回の目的は果たすことができた。

 

 

今回、このヤギとの一連のやり取りで大切なことを学んだ。

 

 

物事には、「豪と柔」の二つのアプローチがあるらしい。

 

 

ヤギを力づくで、捕まえようとすることは、「豪」であり、餌をやって、捕まえようとすることを「柔」だと思う。

 

 

ここで学んだことは、力には、力で対抗されるということ。

 

力でアプローチすることは、時として、正解かもしれないが、うまくいかないことが多そうだ。

 

なぜなら、向こうも力を持ってるから。


f:id:matsumo_saga:20200721125904j:image

 

力ではない間接的なアプローチを取ると、相手は力で対抗してこない。

 

いや、こちらも力を使ってないから、向こうも力を使えない。

 

 

ヤギとのやりとりが、まさにそうだった。

 

 

そして、1番大事なことが、緊急の場面で僕が一番最初に選択したのが、「豪」だったということ。

 

そもそも、「柔」というアプローチは、選択肢にすら入ってたかった。

 

 

緊迫時に、「豪」を取ってしまいがちな性格だということが分かって、非常に良かった。

 

アプローチは、複数あることが多いので、簡単に思いつく「豪」ではなく「柔」も探そうと思った。

 

そんなヤギとの日常です。