佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

これからに向けて

雨の日が続く。

 

トマトやオクラの実がついたので、嬉しい。

 

イカはもう少しだ。

f:id:matsumo_saga:20200614195223j:plain

まだまだ自分が食べる分しかできてないが、順調にいけば、これからどんどんできてくるはず。

 

それにしても、畑で丸かじりする野菜は、本当に美味しいな。

 

土曜日ということもあるので、収穫をして、部屋でゆっくりした。

 

僕は、頭で考えるのがあんまり得意じゃなくて、文章に書いたり、図に書いたりしながら、頭で考えていることをまとめないといけない。

 

今、おかれている状況や、今後どうしていくかなど、ノートに書いていった。

 

やっぱり書くことは大事だな。

 

 

スエ子ばあちゃんは、水菜を15年以上作ってる。

 

その水菜の評判は、めちゃめちゃよくて、いろんな方から、美味しいと言ってもらえる。

 

僕も同じやり方で作らせてもらっているが、おかげさまで、スエ子ばあちゃんと同じように、いい評判をいただく。

 

ここはある程度、技術が確立できたなとも思う。

(昔からちょっと手伝ってたこともあって)

 

確かに、水菜をひたすら作り続けることができたら、確実にお金は稼げる。

 

 

ただ、若者が働けるような場を作るとなった時に、ちょっと弱いのかなとも思う。

(ルーティンワークが多すぎる&二次利用、三次利用がやりにくい)

 

僕は、農業で生活できるようになるのが最終ゴールじゃない。

(もちろん、農業で生活できるようにはなりたい)

 

いろんな選択肢がある中で、あえて田舎を選んで、田舎でしかできないやり方で、夢を追う若者を増やしたい。

 

そのために、農業をしている。

 

だとしたら、まず、自分がそれを実践しないといけない。

 

だから、わざわざ耕作放棄地を借りて、毎日毎日ゴミと戦う日々を選んだ。

 

きっと、これから耕作放棄地はどんどん増えていくし、そこをうまく使っていくというやり方が大事になってくるはず。

 

元々、果樹園だったところをそのまま利用して、鶏を飼う。

 

鶏の平飼いがそもそも珍しい中で、果樹園と両立させることができたら、すごく面白いと思う。

 

鶏はストレスなく広々と生活できるし、鶏の糞は堆肥になり、鶏が虫や草を食べるから、無農薬で果樹を育てることができる(理論上は)

 

これができたら、鶏の卵も果樹も、すごく価値のあるものになるはず!!

 

一応、水菜のハウスがあって、技術もあって、そこがしっかりとしているので、挑戦できる。

 

失敗したら、めちゃめちゃ凹んで、また、次何か、考えて実行するので、慰めてください。

 

そうそう、そういえば、先日、武雄の小学校で授業した。

 

農業について、興味を持ってもらえればいいなと思って。

 

小学生ということもあり、どう伝えるかが難しかった。

 

45分というのに、準備をするのに、物凄い時間がかかった。

 

これを、1日何個も、毎日やってる先生、凄すぎる。

 

小学生って、純粋で、真っ直ぐなんだなって、感動した。

 

ちゃんとメモ取ってるし、質問するし、リアクション取るし。

 

終わった後、校長先生と話をして、子供の本質はずーっと変わってないという話をされていて、子供ってずーっと変わらず純粋だったんだなって思った。

 

若い人が、ずーっと純粋で、真っ直ぐなまま、夢を追える環境を田舎にも作りたいです。

(新人で、売上もほとんど作れてないですが、やります)

 

f:id:matsumo_saga:20200614194713j:plain