佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

何もわからない一年目の過ごし方。

田んぼの水の調節って、結構難しいんだな。

 

婆ちゃんを見てて思う。

 

f:id:matsumo_saga:20200613193408j:image

横に流れる水路をせき止めたりしながら、水を調節する。

 

雨がどんだけ降るかをある程度予測しながら。

 

今年は農家一年目で、特に米作りなど全然分からないから、ばあちゃんのやり方をしっかり見てみようと思う。

 

一年目っていろんな意味ですごく大切な気がする。

 

 

そういえば、昔、サイバーエージェントの社員さんと呑んでた時に、一年目の過ごし方の話を聞いたことがあった。

 

一年目は、わからなくて当たり前だから、どんだけ人に聞けるか。

 

人に、頼って頼りまくれる人が、結果を出す。

 

変なプライドとか、全部捨てた方がいい。

 

って言われたことがあった。

 

確かに、人に頼れるのも実力だ。

 

①できないところを明確にする

②適切な人を見つける

③アドバイスをもらえる信頼関係を築く

④的確な質問をする

⑤言われたことをきちんと実行する

 

というプロセスを踏まなくてはいけない

 

未経験な時は、何ができてて、何ができないかもわからない。

 

また、人に頼るのは、弱さを見せないといけないから、躊躇してしまう。

 

果たして一年目の僕は、人にうまく頼れてるかな?

 

 

一年目で、分からないことが多くて、結果を出せるかも不安で、焦る気持ちが先行する。

 

初めてっていうのは、不安も大きいけど、ちょっとしたことにも驚き、感動するのがいい。

 

f:id:matsumo_saga:20200613220520j:image

 

たくさん植えてた枝豆は、無事に実をつけてきた。

 

枝豆は、パラオで少しやってたけど、いざ、自分の畑で一からやるとなると、また違ったものがある。

 

あともう少しで収穫できるから、最後までしっかりやりきろう。

 

f:id:matsumo_saga:20200613221106j:image

 

あ、そうそう。

 

うちの畑には、カニがいる。

 

最近、めちゃくちゃ増えてきた。

 

カニがいる畑って、何かいいなって思う。

 

カニ殻には、キチン・キトサンが豊富に入っていて、いい土のツーンとした香りの原因となる放線菌が、キチン・キトサンを餌にするとどこかで聞いたことある。

 

何はともあれ、カニがいっぱいいる畑っていいなって思う。

 

テンション上がるし。

 

こういう小さな発見だけど、これからも気づいて、感動したいなって思う。一年目とか関係なしに。

 

 

一年目は、売上を作るよりも、五年後、十年後に向けた土台づくりをしたい。

 

農業の技術はもちろん、地域の繋がりや体力や習慣など。

 

日記を書いてるのもそう。

 

ぶっちゃけ、結構、手間かかる作業だ。

 

昨日は、朝書く暇なくて、そのままずるずる書くタイミングが無くて、夜書いてたら、途中で寝落ちしてた。

 

こうやって、なんでもずるずるなっちゃったら嫌だなと思った。

 

とりあえず、今の日記は一個前の日の分なので、今日の夕方、また書こう。

 

自分のために。