佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

いつまで一緒にご飯にいけるかな。

 

唐津にいる妹が、手伝いに来てくれた。

 

大きいゴミはある程度、捨てたが、まだまだ草刈りしないといけないところもあったり、ゴミが至る所に落ちてて時間がかかりそうだ。

f:id:matsumo_saga:20200615101244j:plain

ビニールが劣化して、粉々になって落ちているから拾うのが大変だ。

 

とはいえ、この週末は、リフレッシュできたなって思う。

 

唐津にいる妹を迎えに行ったり、送ったりするついでに、じいちゃん、ばあちゃんとご飯にいった。

 

f:id:matsumo_saga:20200615101941j:plain

 

 

母方のじいちゃん、ばあちゃんは、唐津に住んでいる。

 

唐津に、妹を迎えに行ったついでに、じいちゃん、ばあちゃと久々に、一緒に昼ごはんを食べに行った。

 

唐津イカが有名で、いろんなところから食べにくる人がいる。

 

僕も大好きだが、一食2500円ぐらいして、普段は、なかなか食べにいくことはできない。

 

今回いった潮路乃っていうお店は、ランチだと一食1200円ぐらいでイカの天ぷらが食べられて、美味しくて、非常にコスパがよかった。

www.shiojino.com

 

近くに海もあって、眺めもよくおすすめです。

 

さて、ずいぶんと昔に「夢をかなえるゾウ」という本を読んだ。

 

ガネーシャが、主人公に、課題を出していき、その課題を地道にやっていったことで、主人公の人生が変わっていった話だ。

 

その中で、人気店に入り、人気の理由を観察するという課題がある。

 

夢をかなえるゾウ

 

「ジョルジくんはな、「ビタミンC」を最初に発見してノーベル賞もらった子や、そのジョルじくんがこんなことをいうてんや、『発見とはみんなと同じものを見て、誰も思いつかないようなものを考えることだ』」

 

だから、みんながリラックスすると思ってるご飯の時間に、なぜ、この店は売れてるのか?を考えろ!ということらしい。

 

この話を読んでから、飲食店では、店がうまくいってる理由、うまくいってない理由をなるだけ考えるようにしている。

 

今回、おじいちゃん、おばあちゃんと食事にいったことで、これまで、おじいちゃんやおばあちゃんの目線で考えたことなかったけど、すごく勉強になった。

 

入り口が、石の階段になってて、かっこよかったけど、

 

おじいちゃん、おばあちゃんにとっては登るのが大変そうだったり、トイレの段々が気になったり。

 

お店が良いとか、悪いとかは、

 

<誰にとって>で全然変わるから、自分とは違う<誰か>のの目線になるってすごく大事なことだなって思った。

 

そのためには、いろんな人と付き合って、楽しい時間を共にすることが大事な気がする。

 

普段過ごして、なかなか、じいちゃんやばあちゃんの気持ちになることはないし。

 

 

 

でも何より、じいちゃん、ばあちゃんとご飯にいけてよかったな。

 

いつまでこうして一緒に時間を共にできるかもわからない。

 

じいちゃん、ばあちゃんは、随分と体が弱ってきてる。

 

体が変形して、痛そうにしているのをよく見る。

 

ばあちゃんを病院に迎えにいった時、リハビリのお兄さんが僕の名前を知っていた。

 

ばあちゃんがいっつも話すからだそうだ。

 

「あんたが、どうなるか楽しみだ」

 

ってよく言ってくれる。

 

まだまだ全然ダメだけど、自分がやりたいことを一つずつ形にしていきたいと思ってます。

 

僕の元気な姿を見せて、いつまでも元気でいてくれたらいいな。