佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

スクスク育ってきた!!

朝の仕事は、だいたい収穫だ。

 

今は5:00から明るいので、朝と夜が混じり合う幻想的な景色と共に、仕事を始める。

 

f:id:matsumo_saga:20200527093936j:image

 

水菜とパースレインの収穫だ。

 

f:id:matsumo_saga:20200527072209j:image

 

水菜は140円/100g(税込・送料込み)

パースレインは100円/50g(税込・送料込み)

 

水菜は、ばあちゃんが20年ぐらいコツコツ作り続けてくれていたおかげで、味のクオリティは相当高いと思う。

 

「水菜、シャキシャキして美味しかった」

 

こういう声を届けてくれて、また頼んでくれるリピーターさんもいる。

 

嬉しい。素直に。

 

f:id:matsumo_saga:20200527094315j:image

 

さらに、パースレインも、数は少ないけど、頼んでくれるお客さんも増えてきた。

 

f:id:matsumo_saga:20200527094428j:image

 

今日なんて、この量、収穫した。

モリモリ。

 

パースレインは、日本では、山形と沖縄以外では、ほとんど食べられてないが、ω3脂肪酸が野菜ではダントツに含まれていて、動脈硬化アルツハイマーにもいい。

 

食べていて、癖もないし、ネバネバしてて、食感もいい。

 

中国では、乾燥して、馬歯莧(ばしけん)と呼ばられ生薬として使われている。

 

利尿、膀胱炎、肝臓病、肺結核、百日せき、浄血などには、茎葉を乾燥したもの1日量5~10グラム、水0.4リットルを約半量まで煎じて、1日3回に分けて服用するといいます。

毒虫などの虫刺され、かゆみや乳房腫痛、腫物などには、生の葉を洗いつぶして、汁を塗布します。

解毒、膀胱炎、排膿には、生の茎葉の汁をそのまま服用するといいます。

 


食用には、初夏から秋にかけて茎葉(けいよう)を採取して、熱湯でゆでて水にさらしてから、油いため、あえもの、汁の実などのして食べます。独特のぬめりがります。

 (e-yakuso.comより引用)

 

高齢者が多い田舎では、これからきっと伸びていくはずだと思っている。

 

f:id:matsumo_saga:20200527095012j:image

 

友達からもらったイタリア野菜のコールラビも順調に育ってきた。

 

固定種だから、種取りしてもいいな。

 

f:id:matsumo_saga:20200527095018j:image

 

紫玉ねぎもそろそろ収穫したいな。

 

f:id:matsumo_saga:20200527095137j:image

 

大豆も根粒菌が着いてきた。

 

これから、どんどん野菜が生長していくはず。

 

無農薬でやるのは、大変やけど、いろんな事例を参考にしながら、自分の畑にあったやり方を模索していきたいなと思う。

 

買ってくださる方いたら、気軽にメッセージくださいね。

 

喜んで、配送します!

 

それと、これから、今の自分にとってはちょっと背伸びした勝負もやりたいなと思ってるので、いろいろ作戦会議させてください^^

 

畑は、今日も晴れてるので、元気に農作業します。