佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

周りの方のおかげで、アイデアがどんどん広がっていく

金吾さんから連絡が入った。

 

「今から、いくけん」

 

僕はその頃、ちょうど、図書館に行っていたので、金吾さんと会えなかった。

 

金吾さんは、僕の畑に、春菊の種を置いていってくれていた。

 

 

種採りして、わざわざ持ってきてくれた。

 

いつも金吾さんは、僕のことを気にかけてくださっていて、助けられている。

 

 

 

こないだも、金吾さんから、急に連絡が入ったことがあった。

 

「福岡から、セレブがくるから、畑に連れてくるばい」

 

と。

 

10人ぐらいの子連れママたちを引き連れて、金吾さんが、畑に現れた。

 

畑の前に、車がズラーっと並んでいたのを見て、ちょっとビビった。

 

15分ぐらいで、ママたちは嵐のように去っていったが、結構な量の野菜を買ってくれた。

 

「これ、美味しい」と僕が作った野菜をたくさん食べてくれた。

 

実際に、畑に来て、説明をしながら、食べてもらうっていいなって思った。

 

僕は話をするのが好きだし、今回はたまたまこんな感じになったけど、こういうことをちゃんと形にして行けたらなって思った。

 

その後、来てくれていたママから、また改めて、連絡が入った。

f:id:matsumo_saga:20200531084917j:plain

嬉しい嬉しい。

 

パースレイン、評判いいです。

 

そうそう、こないだも給食に使っていただき、美味しかったと評判をいただいた。

f:id:matsumo_saga:20200531085204j:plain

 

秋ぐらいまで収穫できるので、ぜひ、一度試してみてください。

(スーパーフードです)

 

元々は、雑草だけど、畝で育てたものを出している。

 

そうそう、インディアン(ネイティブアメリカン)も雑草を食べるみたいだけど、畑に生えているものしか食べないらしい。畑の雑草は普通の雑草と違って、柔らかいとか。(土と雑草参照)

土と雑草

 

僕は、彼らのことを尊敬しているので、インディアンの農業をパクらせていただいている。

 

 

金吾さんは、「これからも、この青年を頼みます」と

 

そのママたちに、僕のことを色々と話してくれていた。

 

僕は、自分の野菜を、小さい子供(0歳から小学6年生)がいる、主婦の方に買ってもらいたいなと思っている。

 

それは、農薬を使わない野菜を作っているから。

 

また、食卓の中で、その食材にまつわる、いろんな話をして欲しいと思っている。

 

美味しいと言ってもらった雑草は、実は、めちゃめちゃ農家の人が嫌っていて、捨てられていたもの。

 

でも、きちんと勉強して、別の見方ができるようになれば、それは食べることができて、めちゃめちゃ栄養のあるスーパーフードだったりする。

 

そんな見方を変えれば実は価値がすごいあるものが転がってるよ!

 

っていう話を、食卓で、ご飯を食べながら、子供さんに話してもらえれば、子供さんの視点はちょっと変わるんじゃないかな。

 

まだまだ、僕の力不足で、その魅力を十分に伝えきれてないし、野菜ももっともっと美味しくなると思うけど、その食材が持つストーリーまでしっかりと伝えて、それを食べるということを体験してもらえたらなって思う。

 

こういう機会をいただいて、またアイデアがどんどん広がっていく感覚がする。

 

いつも周りの人からチャンスいただいてます。

 

恵まれているなって思う毎日です。