佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

わざわざ、ありがとう。来てくれて。

「この日、空いとる?」

 

友人の楠林くんが連絡してくれて、一泊二日で、手伝いに来てくれた。

 

楠林くんは、修士の2年生。

 

僕がオランダに行ってる間に、いつの間にか東大にいくとか言い出して、大学院は東大に行ってしまった。

 

今はがんの研究をしていて、今後は、博士課程に進み、研究を続けるとのこと。

 

彼とは、学生時代に一年ほどルームシェアをしていた。

f:id:matsumo_saga:20200528070020j:plain

住んでたところが面白くて、留学生専用のアパートの管理人という立場で、大学内の敷地だった。

 

留学生の寮ということもあって、たまに、イスラムラマダーン(断食)の時に、謎の豆を食べさせてもらったり、

 

イスラムの布教活動をしに来た人から、半ば強引に「唯一の神は、アッラーだ」と言わされたこともある。(一神教はあまり好きな考え方じゃない)

 

今思い返すと、とても変な体験だった。

 

楠林くんとは、学科も一緒だった。

 

楠林くんと一緒に住んでいて、痛覚がないんじゃないかなって思ったことが何回かある。

 

バイトは深夜の2時ぐらいまでやってたし、論文を読むために徹夜をしていたこともしばしば。

 

楠林くんを見ていて、鈍感って、すごく大事なんだなって思った。

 

少々嫌なことがあっても、きついことがあっても、それを感じなかったら、続けられる。

 

一緒に暮らす中で、学んだものは多い。

 

嬉しいことは、忙しいにもかかわらず、わざわざバスに乗って、遠い伊万里まで来てくれたこと。

 

そして、率先して体を動かして手伝ってくれたこと。

f:id:matsumo_saga:20200528070048j:plain

東大の大学院生の時給は高いぜ。きっと。

 

楠林くんとは、かなりの信頼関係を築けている自信がある。

 

だから、楠林くんに、ほぼほぼ仕事を任せて、僕は僕で別の仕事をやった。

 

「ここまで、やりたい」

 

って言って、目標を設定して、黙々と仕事をしている姿を見て、いい友達を持ったものだなと思う。

 

これからいろんな出会いがあると思う。

 

でも、昔の友達を大事にしたいなと思う。

 

下品な話や馬鹿な話をして、笑い合った時間。

 

自分の考えをぶつけて、言い合った時間。

 

思い出すといろんな時間が蘇ってくるけど、その時間が、何よりも自分の財産だと思う。

f:id:matsumo_saga:20200528070035j:plain

 

あのバラは、たった一輪でも、キミたち全員よりも重要なんだ。
なぜなら、ボクが、水をやったり、ついたてを立てたり、ガラスの器をかぶせたりして世話をしたからだ。
ボクは、あのバラのために、毛虫だってやっつけてあげたんだ――二、三匹は、蝶々にするために残しておいたけど。
不平不満だって聞いてあげたし、自慢するのにだって付き合ってあげた。
バラが、黙りこくっても、我慢してそばにいてあげた。
だって、ボクのバラだからね。

 

これは、星の王子様に出てくる一説。

 

自分が大切にしていたバラが、実は世界にはたくさんあることを知って、ショックを受けた王子様だったが、自分が育てたバラが、同じに見えるけど、唯一自分にとって特別なバラだと悟った時のこと。

 

本当に、そうだと思う。

 

いろんな人がいるけど、いろんなきっかけで、自分とたまたま出会って、同じ時を過ごした人、そして、その時間。

 

これからも、そんな人や時間を大切にしていきたいなと思った。

 

来てくれてありがとう。