佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

人間にも応用できる餌の重要性

今日は餌やりの重要性について学んだ。

 

何を食べるかで、どんな結果になるか、大きく変わる。

 

f:id:matsumo_saga:20200521064506j:image

 

本間農園の卵の黄身は、一般的な卵の君と違って、すごく黄色だ。

 

これは、緑餌といって、草を食べさせているからだ。

 

栄養価が高いものを食べさせた方が黄身の色が濃くなるが、あえて、草を食べさせることで、ビタミンなどの栄養素を補っている。

 

この効果は白身に現れるらしくて、シフォンケーキを作ると一目瞭然で違うとのこと。

 

f:id:matsumo_saga:20200521064545j:image

 

雛の段階から、緑餌を少量与えて、今後、緑餌を食べていく準備をするそうだ。

 

この雛の段階から、あえて、ちょっと厳しく育てるという考え方は、一見厳しくみえるが、すごく優しいなと思う。

 

f:id:matsumo_saga:20200521064816j:image

 

餌のやり方は、2パターンある。

 

常に餌を切らさないようにやる方法と餌を切らす方法。

 

本間農園では、餌をあえて切らす方法を採用してる。

 

それは、餌をやった時の、鶏の様子を見て、健康状態を判断するためらしい。

 

ほんと、餌を持っていると、バーっと勢いよく、こちらに向かってくる。

 

餌を、皿に入れると、もしゃもしゃ貪り食べる。

 

そのため、まず餌をやる前に、撒き餌をやって、そちらで気をそらしている間に、餌をやるというやり方をする。

 

f:id:matsumo_saga:20200521133657j:image

 

餌を入れる皿も、工夫されている。

 

溝が、w字になってるのは、鶏が食べやすいため。

 

通常、細かい餌が残るが、そうなったときに、溝に溜まって、鶏が食べやすいような作りになってる。

 

他に、鶏が皿の上に乗れないような仕掛けもある。

 

これら全て、本間さんの手作り。

 

 

本間さんの鶏は、ほとんど病気にならない。

 

内臓がすごい強いらしい。

 

砂ずりが通常の鶏の2倍ある。

 

また腸の長さも2割ぐらい長いとのこと。

 

玄米や草など、消化が難しい餌を、小さい頃から食べ慣れて成長してきたようだ。

 

鶏の強さや生命力は、見た目でなくて、こういう内臓に現れるんだなと感じた。

 

そして、それを作るのは、栄養バランスの整った餌や厳しい環境。

 

人間も同じかもしれない。

 

「知」でいうと、どんな情報を仕入れて、どう整理するか

 

「徳」でいうと、どんな人と出会って、どう行動するか?

 

「体」でいうと、どんなものを食べて、どんな運動をするか?

 

仕入れるものと、発揮する場所。

 

この二つをしっかり整えることが、養鶏や農業でも大事だし、いろんなところに転用できる考え方だなと思った。

 

僕も、餌に拘ろう。