佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

堆肥熱という原始的だけど、理に適った方法

穴。

 

f:id:matsumo_saga:20200520055331j:image

 

 

 

何をしてるかというと、雛の飼育小屋を作っている。

 

 

本間農園に、1週間、WWOOFerみたいな感じでお世話になることになった。

 

4月の末に、見学に行かせてもらい、もっといろんなところ知りたいなと思ったし、卵を注文して、食べて、さらに興味を持った。

 

ということで、今日は朝収穫して出荷して、昼から本間農園に向かった(また、25日からがっつり出荷が始まる😅)

 

 

本間さんは、元々環境問題から、農業に興味を持たれた方で、その考え方は、随所に農園に生かされている。

 

その農園で、使ってるものは、ほぼほぼ近隣から調達したもの。

 

f:id:matsumo_saga:20200520061408j:image

 

今日は、本間農園のキモとも言える、雛の飼育小屋の製作を手伝えた。

 

どういうところが、ポイントかというと、雛を温めるのに、電気を使わないということ。

 

じゃあどうするかというと、ワラと鶏糞で、堆肥を作って、その熱で、雛を温める。

 

堆肥は5日ぐらいで、熱がピークになって、そこから徐々に下がっていく。

 

その下がってきたところで、雛を入れるそうだ。

 

この堆肥熱でやるというやり方は、一見、めちゃくちゃ原始的に見えるけど、すごく理に適ってるなと思った。

 

堆肥は、菌が繁殖する。

 

雛のうちから、菌と一緒に成長することで、免疫力が増し、病気に強い鶏に成長する。

 

確かに、過酷な環境で、育った方が、強い気がする。

 

本間農園では、病気になるのは、1000羽いたら、1羽か2羽ぐらいとのこと。

 

また、この自然の熱の方が、親鳥と同じような温もりがあって、雛のストレスも軽減される。

 

さらに、これだと火事の心配もないし、電気のようにツマミをこまめに調節することもしないでいいとか。

 

ちなみに、佐賀県でこの堆肥熱で、雛を温めることをやってる鶏舎は、本間農園だけ。

(最近まで、もう一軒あったけど、辞めたらしい)

 

今回やった作業は、1年に4回か5回しかしないめちゃくちゃ貴重なことらしい😂

 

やっぱり自分はラッキーだなと思った。

 

f:id:matsumo_saga:20200520062534j:image

 

こうやって、枠を作って、そこの周りに断熱材として、籾殻を敷き詰める。

 

そして、掘った穴に、ワラと鶏糞を丁寧に積み重ねていく。

 

ズレがあって、くぼみができたら、雛が落っこちて、死んでしまうリスクがある。

 

三層重なったら、踏んでいくけど、これも体重制限があって、56キロがベストらしい。

(僕は58キロなので、ちょうどよかった😂)

 

これを九層重ねて、スロープを作って完成。

 

スロープは、雛の足腰を鍛えるために、敢えて作ってるとか。

 

あ、完成図撮り忘れてた。。

 

f:id:matsumo_saga:20200520063115j:image

 

この水飲み場に、雛が集まる。

 

夜、堆肥のベッドに寝かせないといけない。

 

でも、最初は、なかなか自分たちじゃ、ベットまで行かないから、また鶏舎に行って、寝かせてにいった。

 

これを数日繰り返すと、自分たちでいくらしい。

 

しつけって大事だな。

 

「子供と一緒だよ」

 

って、本間さんは、よく言ってた。

 

本間さんの近くで、お手伝いさせて、もらってて、ほんとに細かいところにいろんな哲学やこだわりがあって、すごく勉強になった。

 

これから、1週間弱、すごく楽しみだ。