佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

ニワトリの雄、イケメンです。

太股がヒリヒリする。

 

f:id:matsumo_saga:20200522124559j:image

 

コイツのせいだ。

 

鶏の雄。

 

思いっきり蹴られた。

 

コケコッコーと甲高い鳴き声でなくし、筋肉もモリモリしてる。

 

雄の鶏は、非常に攻撃的で、何倍も身体がでかい僕に向かってくる。

 

やり返しても、簡単には引かない。

 

僕は、この雄たちに、ヒヤヒヤしながら、集卵している。

 

そろそろ、優しくして欲しいです。。

 

 

鶏舎を注意深くみていると、雄の行動や集団の動きなどから、生物の習性が見えてきて、人間界に応用できそうで面白い。

 

餌をやると、鶏は狂ったのように、餌箱を叩く。

 

ただ、注意深く観察してると、他の鶏たちを脇目に、悠々とたたずむ奴らがいふ。

 

そう、雄の鶏たちだ。

 

雌が真っ先に、餌をつついている様子をちょっと遠くで見守って、その後に、ゆっくりと餌を食べる。

 

鶏の世界では、雄たちは、レディーファーストです。

 

これは、生物界の掟なのかな。

 

 

鶏を飼っていて、1番注意しないといけないのは、野生の動物たち。

 

イタチ、犬やキツネなど。

 

こういう動物たちが鶏舎の中に入ってきたら、鶏たちは、追いかけ回されたりして、パニックになって、死んでしまう。

 

そんな時、ヒーローが登場する。

 

雄の鶏だ。

 

雄の鶏たちは、サッと前に出てきて、雌を守るために、闘うらしい。(真っ先に死んでいく)

 

勇敢な奴らだなと思う。

 

 

集団で生活していると、いじめもあるみたいだ。

 

その対策として、一般的には、鶏のくちばしを削って、丸くする。

 

これをデビークと呼ぶ。

 

本間農園では、デビークは一切やらないそうだ。

 

本間農園では、もし、イジメが起きた時は、環境が悪いという考え方をするらしい。

 

他の鶏を、つついてしまう鶏がいるけど、そんなときは、鶏にストレスをかけてしまってると考えて、鶏がストレスがかからない環境を作るそうだ。

 

例えば、椎茸の菌床を入れるとか。

 

人間のいじめでもそうかもしれない。

 

教室の狭い環境で、子供たちも、ストレスかかってると思う。

 

だから、デビークのようにくちばしをけずるみたいに、無理やりルールで縛るのではなく、その原因を掘り下げて、それを解決する方法を見つけないといけない。

 

鶏をみてると、人間界に応用出来ることが多いと思う。

 

農家として、しっかり観察して、それを還元できたらいいなと思う。

 

とりあえず、僕は、鶏の雄に見習います。