素ヱコ農園の日々

佐賀県伊万里市でストレスフリーの平飼いで外国産の餌に頼らないこだわりの餌作りを行っています。

ばあちゃんの昔たまごはこちらから

ちょっとずつ進む

ばあちゃんの昔たまごはこちらから

卵のパッケージができました!

 

f:id:matsumo_saga:20201202224437j:image

 

 

名前は、ばあちゃんの昔たまご。

 

ばあちゃんから、昔のたまごの話をよく話を聞いていた。

 

昔はどの家庭も、庭先で、鶏を飼っていたらしい。

 

そして、その卵が美味しかったそうだ。

 

庭先でのびのび走り回ってるし、与えてる餌も自然由来のものだったからだとか。

 

高級品だったらしい。

 

f:id:matsumo_saga:20201202223332j:image

 

うちの鶏も、広い鶏舎内をこれでもかってぐらい走り回っている。

 

餌も地元で手に入る自然由来のものをベースに自分たちで作ってる。

 

そんな育て方をした鶏で、昔の美味しかった卵を再現して、安心して食べられる卵にしたいなと思い、昔たまごという名前にした。

 

愛される卵になるといいな。

いや、そうなるように頑張ろう。

 

信念をぶらさないことが大事だから、そこはこの先、事業が大きくなって、利益を求めなくならなくなったとしても、ずっと大事にしたい。

 

そしたら、きっと好きな人は好きでいてくれると思う。

 

 

 

新しく入れた鶏が日齢140日ぐらいになった。

 

もうちょっとで卵を生み出すようになる。

 

 

 

「ほんとにうまれるのかな?」

「餌の栄養価足りてるかな?」

 

ちょっと不安だけど、それ以上に卵が生まれるのが待ち遠しいな。

 

順調に行けば、あと1か月もすれば、結構な量の卵を産んでくれるようになるだろう。

 

そうしたら、クラウドファンディングの返礼品として、やっと出せるようになる。

 

いろんな方に応援していただいて、今があるから、きちんと商品化したところを見せて、喜んでもらいたいなと思う。

 

 

先日、うちに来たひよこも、だいぶ大きくなって、今は小さな育雛箱から出て、大地を走り回っている。

 

f:id:matsumo_saga:20201202224719j:image

 

砂浴びと言って、鶏は、砂に潜って、おこりや微生物を掃除しているのだが、ひよこでもこの砂浴びをやっていた。

 

大人になったものだ。

 

 

ひよこを育てることは難しいと聞いといたので、半分以上、ダメになるかもしれないなと思っていたが、大きな事故もなく、なんとかやってこれた。

 

何か問題や困りごと疑問があった時、本間さんに聞くと、優しくいろいろ問題を考えてくださったりした。

 

本当に素晴らしい方だなって思う。

 

 

f:id:matsumo_saga:20201202224841j:image

 

養鶏場の通り道も完成して、これでスムーズな行き来が可能となった。

 

作業時間が短縮されたし、移動のストレスも軽減された。

 

これも友達が来てくれたお陰で、作業がめちゃくちゃ捗った。

 

いろんな人に支えられながら、ちょっとずつ進んでいるな。