佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

いい一日だった。特に、梶井基次郎の檸檬を思い出したこと

盛り沢山な一日だった。

 

総じて、人に恵まれてるなって思う。

 

朝から、田植えがあった。

 

僕は、米作りに関しては、ど素人なので、婆ちゃんが詳しい人に頼んでくれて、それを見ていた。

 

雨がザーザー降っていたので、結構大変だった。

 

そんな感じなので、写真も撮れてない。

 

見ていて、分かった気になってるけど、いざ自分でやったら、出来ないんだろなと思う。

 

その後、苗を植えた。

 

雨の日が、よく土と馴染んでいいと、本で読んだ。

(確かに、晴れた日にやって、しっかり水をやらないと元気がなくなった)

 

今、売上のほぼ全てを、種や苗に使っていて、いろんな条件下で、栽培している。

(水菜とパースレイン販売中!買ってね😘)

 

大学時代に、生命機能科という四六時中実験する学科にいて、良かったなと思う。

 

変える条件は一つにし、その結果を導き出した要因を突き止めること

 

コントロールという比較のための基準を作るなど、

 

実験する時に、気をつけないといけないことは、その学科にいたおかげで鍛えられている気がする

(めちゃくちゃ劣等生でした😂)

 

その後、前田病院の副委員長さんに、読書感想文の意味を込めて、手紙を渡した。

 

旅をする木 (文春文庫)

旅をする木 (文春文庫)

  • 作者:星野 道夫
  • 発売日: 1999/03/10
  • メディア: 文庫
 

 

いただいた「旅する木」という本は、アラスカに住んでいた著者のエッセイ集。

 

大自然の元で暮らす中で、気づいたことを、素敵な表現を使って言語化されていて、読みながらハッとさせられることがとてもあった。

 

星野道夫さんが、見ている世界観は、僕の大好きな星の王子様に近い世界観だなと思った。

 

星の王子さま (新潮文庫)

星の王子さま (新潮文庫)

 

 

どちらも子供のような無邪気な真っ直ぐした目で、世界を楽しんでいる。

 

言語化したら、ちょっと陳腐になりそうだけど、せっかくいただいた本なので、敢えて手紙でその気持ちを書いてみた。

(全然うまく言語化できなかったけど😂)

 

下手でもそれもそれで、認めてくれるのが、星の王子さまの世界観だ。

 

 

前田先生と話しをするだけで、とても勉強になる。

 

そして、言葉のキャッチボールが楽しすぎて、すぐ時間が経ってしまった。

 

こんだけ大きくて、実績のある病院の経営をされている方から、いろんなお話を聞ける環境にあるのがありがたい。

 

いただいた、話の中で、いくつか心に残ったこと。

・「にも、かかわらず」を大切にすること

・世間一般的に流行ってることをかじること

 

「にも、かかわらず」

面倒くさい、にも、かかわらず

楽しくない、にも、かかわらず

大変、にも、かかわらず

 

にも、かかわらず

 

と言い聞かせて、やると面白いことが起きるらしい。

実践してみよう。

 

 

そして、世間一般に流行ってことを抑えること、僕はあまりやれてない。

 

正直、鬼滅の刃なんて、先月まで知らなかった。

 

この世間で、流行ってることをしっかりと抑えることが、マーケティング的にも大事な感覚らしい。

 

特に、田舎はそういう情報が入ってこないから、自分で取りにいかないといけないと言われて、ハッとした。

 

こんなに、忙しい前田先生でも、やってるんだから、僕にやれないはずはない。

 

 

夕方、伊万里で果樹農家をやってる友人のところは行った。

 

大規模にやってる父の元で、父とは違う作物に挑戦してる。

 

楽しそうにやってて、すごくいいなと思った。

 

そして、農家ならではの話などで、盛り上がっていい時間を過ごせた。

 

歳が同じで、同業種ってのは、いいな。

 

これからも、お互いにいろんな話をできたらなって思う。

 

f:id:matsumo_saga:20200519191958j:image

 

 

帰りに、レモンもらった。

 

僕の大好きな梶井基次郎檸檬を思い出した。

 

 

 

爆弾を持った気分になった。

 

檸檬 (新潮文庫)

檸檬 (新潮文庫)