佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

僕にとって、今、売上よりも大事なもの

毎日、楽しい。

 

今、世間がものすごく大変な時期で、こんな言葉使っていいかわからないけど、本当に楽しい。

 

多分、世間の誰よりも売上がないです。

 

でも、毎日畑に行くと、嬉しいこと、悲しいこと、悔しいこと、驚くこと、いろんな発見がある。

 

農業を始めてまだ1ヶ月もないが、毎日が濃くて、田舎でも十分チャレンジできる環境にいることが、すごくありがたい。

 

この一年は、生産能力とお客様とのコミュニケーションを大切する年と決めている。

 

だから、売上がそんなになくても、全然悲観しなくてよくて、

 

むしろ、売上がめちゃくちゃ高くても、

 

美味しい野菜のラインナップとお客様とのコミュニケーションができてなかったらマイナスだ。

 

だから、今は、9割の時間を生産に集中している。

 

研究者や職人になった気分で、毎日畑に行っている。

 

そんな中で、嬉しいことがある。

 

それは、お客様から注文が入ること。

 

野菜の宣伝なんて、4月の上旬に1回しかやってない。

 

でも、その一回の時に、食べてくださったお客様が、

 

「また、食べたい」

 

と購入してくださってる。

 

1回目に買ってくださるのも嬉しいが、2回目は本当に嬉しい。

 

今日買ってくださったお客様も

 

「他の野菜も作ったら、それも買いたいのでお願いします」

 

と言葉をいただいた。

 

もー、食べる前からそんなこと言っていたけることが、本当に嬉しいし、気が引き締まった。

 

とにかく、しっかり野菜のラインナップを揃えたい。

 

そのために、まずは生産能力を高めること。

 

農家は、1年に1回しか結果が出ない。

 

だから、10回経験するのに、10年かかる。

 

一年目で全く経験がない僕がやらないといけないのは、10パターンの野菜の育て方を試すことだと思う。

 

そしたら、1年で10年分の経験値を得ることができる。

 

それを加速させるためには土地が必要。

 

いくつかめぼしいところはついていて、市役所の人と打ち合わせしている。

 

借りれたら良いな。

 

そして、まだまだ必要なので、探して、借りたい。

 

あらゆるパターンを小さく試しながら、技術をあげていきたい。

 

今、一人一人に直接、手で販売している。

 

これは、数が稼げないし、すごく非効率なやり方だ。

 

でも、お客様から直接フィードバックをいただけて改善に繋げれるし、地元の新鮮な野菜をすぐお客様の手元に届けることができる。(今日なんて畑から収穫して1時間ちょっとでお客様の手元に届けることができた)

 

ほとんどの農家さんはできないはず。

 

僕は独身だし、ばあちゃん家に住ませてもらってるし、あまり贅沢に興味もないので、生活費がほとんどかからない。

 

だから、今、生産度外視して、生産に集中するのと、お客様の声をなるだけ聞いて、そこに寄り添った農家になる。

 

結果が出るのは、きっとまだ先だけど、全然悲観しなくても良いはず。

 

びっくりするぐらい小さな種も、毎日水をやっていたら、いつか立派な野菜になる。

 

台風が来るかもしれないし、猪が来て全部食べられるかもしれない。

 

いろんなリスクがあるから、それになるだけ事前に対処しながら、できることをコツコツやって、旬の時期を気長に待とう。

 

農家なんだから

f:id:matsumo_saga:20200419061558j:plain