佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

素晴らしい人たちが周りにいるから

まずはじめに、日曜日にも関わらず、2日続けて、手伝いに来てくれた従兄弟に感謝したい。

 

貴重な休みの時間を使って来てくれたことに、ほんとに感動したし、その気持ちがほんとにほんとに嬉しかった。

 

ありがたいことに、びっくりするほど、作業が捗った。

 

そして、嬉しかったことは、友達にも、「手伝いにおいでよ!」って誘ってくれてたこと。

 

自分が勝手にやり出したことを、周りも一緒になって人を巻き込んでくれる状況になってることがほんとにほんとに嬉しいし、信じられない。

 

さて、今日学んだことは、

 

すごいアイデアなんて必要ないってことだ。

 

 

従兄弟が、手伝ってくれるから、一人でやってる時の2倍以上のスピードで作業が進んでいく。

 

昨日は、一緒に籾殻くんたんを畑に混ぜたり、種まきをした。

 

「ここに、○○した方がいいね!それと、ここは、××を被せたい」

 

と作業中に従兄弟が、畑の環境を良くするために、いろんな意見をくれた。

 

いただいた意見はほんとにその通りで、それを自分で気づくには相当な時間がかかっただろう。いや、ずっと気付かなかったかもしれない。

 

一人じゃ考えれないことも二人ならできる。

 

当たり前のことかもしれないけど、それを体感した。

 

それらを実行していこうと思う。

 

また、昨日もありがたいことに注文いただいた。

このお客様は2回目のお客様。

 

1回目も嬉しいけど、実際に食べて、もう一回注文していただけたことが、もっともっと嬉しかった。

 

お客様、一人一人としっかりお付き合いさせてもらい、ずーっと長く信頼していただけるような関係を作っていきたい。

 

f:id:matsumo_saga:20200413054231j:image

 

ちなみに、昨日の出荷した水菜の様子がこれ。

 

筆ペンで書いた文章は妹の案。

 

「一回、筆ペンで書いてみて?」

 

と前回、ボールペンで書いたやつを見せたら言われた。

 

そして、今回妹の意見通りにやってみようと思って、こんなふうに書いたら、妹は筆ペンバージョンの方が良いと言っていた。

 

筆ペンで書くというアイデアは無かったので、妹のおかげでまた少し改善された。

 

こうして、今日の出来事を振り返っていくと、自分のアイデアなんて別に要らないなって思った。

 

正確にはアイデアは必要かもしれない。

 

でも、僕みたいな凡人は、毎回毎回アイデアを思いついて改善していくことなんてできない。

(そもそもアイデアを持ってない😂)

 

でも、周りの人がアイデアを出してくれる環境にある。

 

だから、自分でやる何倍も早く答えに辿り着ける。

 

ほんとに毎日のように、関わってくれる人が、あれやこれや意見してくれる。

 

ぼくはただ、その助言に従って実行してるだけ。

 

でも、それが大事なんだなって思った。

 

自分の頭で考えて、すごいアイデアを出すことはもちろん素晴らしいことだ。

 

でも、僕は凡人だから、いつもアウトプットがそんなに完璧じゃない。

 

大事なのは、完璧じゃなくても、しっかりと人に見せて、理想を語り、その差分をフィードバックをもらうこと。

 

そんな気がする。

 

いつも、みんなにバカにされながら、助けてもらえてる。

 

それでいい。

 

自分は、素直に人の言うこと聞いて、実行して、違ったら、すぐに変更してまた別の手を打つことしか脳がない。

 

でも、それを不器用にずっとやり続けようと思う。

 

すごいアイデアは要らない。

 

理想を語り、人に意見してもらい、それを実行するだけ。

 

そんなことを考えさせられる一日でした。