佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

家族を見て学んだ、人の手伝い方

清家くんが、手伝いに来てくれた。

f:id:matsumo_saga:20200505192226j:image

清家くんは大学の友達。

 

変な雰囲気だけど、バイト先が一緒で、すごく気が合った。

 

清家くんは、6日まで泊まって、手伝ってくれるらしい。

 

ほんとにほんとに、ありがたい。

 

僕の家族も手伝いに来てた。

 

「さとしの家族って、一人一人独立しとるよね」

 

1日が終わって、僕の家族を見て、清家くんがそう言ってた。

 

確かに、清家くんから言われて思ったけど、僕の家族は独立してるかもしれない。

 

 

家族のことを考えていたら、人をサポートする時に大事なことを、学んだので、それを言語化出来たらな思う。

 

仕事は、大きく分けて4つに分類されると思う。

 

①重要度が高くて、緊急性が高い

②重要度が高くて、緊急性が低い

③重要度が低くて、緊急性が高い

④重要度が低くて、緊急性が低い

 

僕の家族は、基本②の重要度が高くて、緊急性の低いことを、それぞれ見つけてサポートしてくれる。

 

大前提、僕の父も母も、全く僕のやる仕事には口出ししない。

 

これは、普通にできるようで、なかなか出来ないことだなと思う。

 

その上で、僕がやりたいけど、手が届いてないところをうまくサポートしてくれる。

 

母は、家の掃除を徹底してやってくれる。

僕は、現在、婆ちゃんと二人ぐらしている。

 

この家は、ひいばあちゃんとひいじいちゃんの分まで、四世代の荷物が沢山ある。

 

婆ちゃんは、中々ものが捨てられてない人だから、母が代わりにどんどん捨ててくれることは助かる。

 

軽トラ2台分は捨てたな。

 

父は、山を切り開いている。

山は竹藪になっているので、いつかは、整備しないといけない。

 

でも、僕のキャパ的に山の整備をするのは、まだずっと先だろう。

 

父がこれをやってくれるのは、本当に助かる。

 

①重要度が高くて、緊急性が高い仕事は、誰でも手伝える。

 

でも、②重要度が高くて、緊急性の低い仕事は、相手のことをしっかり見て、自ら考えてやらないといけない。

 

 

自分が、もし、誰かを助ける時は、自分の家族のように、②重要度が高くて、緊急性の低い仕事を見つけて、手伝えたらなと思う。

 

ちなみに、僕の妹も手伝いに来てくれた。

体育大学に通う大学生だ。

f:id:matsumo_saga:20200505193803j:image

 

僕の妹は、僕を肩車してくれた。

 

僕の日々の疲れた心を、僕を担ぎ上げることで、童心に戻すという②重要度が高くて、緊急性の低い仕事をしてくれた。

 

本当に、良い家族を持ったものだなと思う。