佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

みんなで笑いたい

昨日は、ものすごく仕事が捗った。

 

周りに支えてくれている人がいるおかげだ。

 

 

ハウスに行くと、テンションが上がった。

f:id:matsumo_saga:20200405075255j:image

 

f:id:matsumo_saga:20200405075318j:image

 

続々と蒔いたタネが顔を出している。

 

また、昨日作った籾殻くんたん。

 

f:id:matsumo_saga:20200405075405j:image

 

綺麗にできていた。

 

まず、うちの使ってない畑に行った。

 

その畑の周りは結構、竹が生えている。

 

竹は地下茎で増えていくから、ほっとくと畑に浸食してくる。

 

増えすぎた竹は、いろんなところで問題になっているらしい。

 

竹を切って棒を作った。

 

その後、金吾さんの小屋に行った。

 

ラクターの使い方を教えてもらうため。

 

f:id:matsumo_saga:20200405073620j:image

 

これは金吾さんの背中。

 

後ろから金吾さんのトラクターについていってる時、すごく嬉しくなった。

 

こういうことを習える人が本当にありがたい。

 

f:id:matsumo_saga:20200405073740j:image

 

ラクターの力は半端なく、先程まで、荒れていた土地が一気に農地になった。

 

ここは、ジャガイモを育てよう。

 

10時ぐらいから、従兄弟と高校野球を一緒にやってた友人が手伝いに来てくれた。

 

まず、金吾さんの小屋に連れていった。

 

小屋というか、秘密基地と言うほうが、適切かな。

 

ここはみんな連れて行きたい。

 

本当に夢が詰まってる。

 

案の定二人もびっくりしてて、面白かった。

 

昼からは、ぼかしを作った。

 

米糠、籾殻燻製、ワラ、枯れ葉を水を加えながら、混ぜた。

 

これが結構大変だった。

 

でも、3人いたから相当楽だった。

 

毎日、切り返ししないといけないらしい。

 

そして、発酵し出すのが、3週間ぐらいあと。

 

この時間が、かかるのがすごくいい。

 

ぼかしの発酵して湯気が出てくる様子が、不思議で不思議で、それを自分でも体験してみたかった。

 

うまくいきますように。

 

休みの日なのに、手伝ってくれた二人にはニンジンの種一袋とスペースをあげた。

 

まだお礼に何もあげれないので、せめて、と思って。

 

僕は農作業をしてて、種まきが、一番楽しかった。

 

そして、それは、自分で調べて、自分で耕して、種をまいたとき。

 

ちゃんとなるのか、種をまくのが不安で不安で仕方なかった。

 

芽が出たときの感動は格別だ。

 

その感覚をプレゼントしたかった。

 

2人は、自分のスマホで種のまき方を調べて、管理機やくわで土を耕し、籾殻をまいて、水をやっていた。

 

完成がこんな感じ。

 

f:id:matsumo_saga:20200405074923j:image

 

「不安やー」

 

って言ってるの聞いて、なんか嬉しかった。

f:id:matsumo_saga:20200405075214j:image

 

なかなか来れないだろうから、僕がしっかり責任持って水やりします。

 

本当、金吾さんしかり、従兄弟然り、友人しかり、本当に助けられっぱなしの1日やった。

 

周りに支えてくれる人がいるから、僕は楽しく農業できる。

 

とにかく元気に働いて、結果出して、みんなで笑いたい。