佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

今のままじゃ、相当やばい。

朝、バタバタしてて日記を書く時間がなかった。

 

だから、昼に日記を書いている。

 

改めて、毎日同じ時間に同じことをするのがいかに難しいかを感じた。

 

農業をやっていて、大きく2つの課題がある。

 

一つが生産。もう一つが販売。

 

生産に関して

 

カボチャを植えたけど、発芽せんかった。

 

f:id:matsumo_saga:20200406125651j:image

 

悔しい。

 

カボチャは、温度が高くないと発芽しないから、それが原因かな。

 

もしくは水かな。

 

他の人に、カボチャについて話を聞くと、水につけて、少し傷をつけると良いらしい。

 

なるほど、僕は何もせずに普通に蒔いた。

 

悔しかったから、もう2パック買った。

 

生産が、本当に難しい。

 

今は、経験がないので、知識をとにかくたくさんつけて、経験がある人に話を聞いて、その知識と結びつけながら実践しようと思う。

 

僕のばあちゃんは、生まれてこの方ずっと百姓だ。

 

立派な水菜を作る。

 

f:id:matsumo_saga:20200406133107j:image

 

ばあちゃんは本当に夜遅くまで働く。

 

水菜は栽培も大変だが、収穫した後の袋詰めが手間かかる。

 

 

f:id:matsumo_saga:20200406094653j:image

 

市場にだすために、泥落としたり、少し折れたやつを切ったりする。

 

f:id:matsumo_saga:20200406094718j:image

 

昨日のやつ。

 

これは出荷するものじゃない。

 

捨てるものだ。

 

ちょっと折れてるだけで。

 

20リットル分のゴミになる。

 

この折れたやつを捨てる作業が大変で収穫1時間かかるとしたら、3時間はかかる。

 

この作業どうにかならんかなっていつもかんがえてるけど、解決策がわからない。

 

少し折れてても、全然味は変わらない。

 

販売を考えないと、今のやり方じゃ、結構厳しい。

 

いや、相当厳しい。

 

でも、僕の場合、販売の前に生産すらまともに出来てない。

 

本当にこのままじゃやばい。

 

危機感を相当感じた1日だった。

 

このまま終わりたくない。