佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

ばあちゃんに似て良かったな

昨日は、朝の6時から7時までの1時間で水菜の収穫から箱詰めまでやって、ばあちゃんの1日分の売上をあげることができた。

 

そもそも、ばあちゃんは売上を全く気にしてない。

 

自分の作ったものが、いくらで卸していて、いくらで市場で取引されてるかも知らない。

 

お金のことを気にしないことは良いことだと言われる。

 

これは本当にいいことなのかな?

 

ばあちゃんと一緒に居て、違和感を覚えることが本当に沢山ある。

 

田舎のJA出荷の農家はみんなこんな感じなんですか?

 

 

JAの仕組みは本当に素晴らしい。

 

取引で、一切、お金を払わない。

 

種を買うときも、機材を買うときも、お金は後から勝手に引かれる。

 

野菜を作って卸しても、勝手に振り込まれている。

 

お金をいちいち使わないので、すごく勝手がいいし、ストレスフリーだ。

 

一方で、お金のことを気にしないから、金銭感覚が無くなってしまう。

 

僕のばあちゃんなんて、本当にお金の感覚がなさ過ぎてびっくりしてしまう。

 

「これからの農家は経営者にならなければいけない」

 

とどこかで聞いたことがある。

 

そもそも、ずっと経営者なんじゃないかな?

 

その感覚を奪ったシステムがちょっとまずいのかもしれない。

 

 

f:id:matsumo_saga:20200422103717j:image

 

昨日は畝を作った。

 

クワで土を寄せて、あげて。

 

きつい仕事だし、地味だし、果てしない。

 

でも、僕は結構、こういう仕事やるのが好きだ。

 

もちろん頭使う仕事も大好き。

 

学生時代なんて、体使わずに、頭使う仕事ばっかりしてた。

 

でも、こういう地味できつい仕事も、本当に好きだし、コツコツとやれるタイプだ。

 

僕の強みはこういうところだと思う。

 

ばあちゃんはこの仕事60年ぐらいずーっとやっている。

 

ばあちゃんを見てて、本当に強いなって思う。

 

そして、ちょっとだけばあちゃんに似たのかなって思う。

 

地味できつい仕事もやれる。

 

お金のところは、母に似たのかもしれない。

 

畝を立てて、苗を植えながら、そんなことを考えていた平凡な一日でした。