佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

畑にずっと居たい。

ワクワクした。

 

そして、気を引き締めた。

 

そんな1日だった。

 

朝は、畑に籾殻を撒いた。

f:id:matsumo_saga:20200330055827j:plain

土壌改良するためだ。

 

おそらく、僕の見立てでは、僕の畑は二つの課題を抱えている。

 

一つが、窒素分が多いこと。

もう一つが、水捌けの悪さ。

 

窒素分が多いと、葉はよく育つ。

 

ただ、虫や病気に弱くなる。

 

水菜の様子を見ていると、昼間になると、しにゃ〜って弱々しくなる。

 

多分、これは窒素が多いせいだと見ている。

 

また、ハウス内に苔が生えていることが多い。

 

これは硝酸態窒素が多いことが原因だとと考えられる。

 

これらから、今この畑は、おそらく窒素過多なので、ここをなんとかしたいと考えている。

 

更に、水捌けの悪さ。

f:id:matsumo_saga:20200330055950j:plain

特に、通路の水捌けが悪い。

 

長年、耕起してないことで、通路の土がものすごく硬くなっている。

 

だから、水を吸えないでいるんだろう。

 

そこで、通路に籾殻を撒くことにした。

 

籾殻はC/Nが高いので、畑内の窒素の割合を低くするはず。

まあ、籾殻はものすごく堅いので、分解されるまでに数年かかるはずだが。

 

それ以上に、籾殻は土壌改良としてもいいらしい。

 

土がふかふかになるそうだ。

 

だから、通路に撒いてみた。

 

通路は歩くし、これで少し分解されたりするんかな。

 

わかんないけど、とりあえず撒いてみたので効果を確かめたい。

 

 

午後からは、ある先輩のお父さんの家に行った。

 

中学高校の野球部でお世話になった大先輩だ。

 

久々の連絡でびっくりしたが、堆肥を分けてもらえるとのことだった。

 

先輩のお父さんは、牛を飼っていて、なんと10年前に日本一になったこともあるらしい。

 

話をしてて、気が引き締まった。

 

日本一になっても、経営がうまく行ってなかったらしい。

 

生産と販売というふうに、分けると、生産は誰でも数年したらうまくなるそうだが、販売の方が難しいとのこと。

 

今、グループ会社の一つになって経営をされているらしい。

 

日本一になっても、経営が厳しいんかと現実を突きつけられた。

 

でも、楽観的に考えると、牛の世界は数億の失敗になるのに対して、僕の場合は、数百万程度なので、まだ立ち直れるはず。

若いし。

 

話を聞いて、気を引き締めたと同時に、今は、数字のこと、売上のことを無視して、とにかく生産の方に、集中すべきだと思った。

 

採算度外視で、圧倒的なものを作る。

 

これが、きっとうまくいくルールだと思うので、今は、とにかく生産のことだけに集中したい。

 

そうそう、友達から、コーディングの依頼があった。

 

デザインは既にされていて、あとは、HTML、CSSだけを書けばいいとのこと。

 

ページ数も5枚ぐらい。

 

おそらく、1日ガッツリ集中したら、終わる量だった。

 

でも、断った。

 

「松本くんだったら、簡単に他のところに行けちゃう」

 

研修先の真野さんのこの言葉がよぎった。

 

今、ほぼ収入はないので、お金はあったら、欲しいが、きっとプログラミングに時間を使ってお金を稼いだら、そっちの道にずっと行きそうだった。

 

そして、ほぼ全ての時間を農業に費やしたいので、お金よりも農業と向き合う時間が大事だなって思った。

 

夕方からは、種を撒いた。

 

いろんなやつの。

f:id:matsumo_saga:20200330055909j:plain

勉強になるからこういう別の野菜も育てたい。

 

これらの野菜は、もし、うまく発芽したら、種を取るところまでやってみたい。

どんな風に成長していくか。

その過程を追っていくことが面白そうだ。

 

うまく発芽しますように。

 

気付いたら、もう真っ暗になっていた。

 

1日、働いた後の、お風呂は最高だった。