佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

「いいね〜」って言うの恥ずかしかったけど。。

「いいね〜」

f:id:matsumo_saga:20200226221051j:plain

僕が研修させてもらってる農家の真野さんは、この言葉をよく使う。

 

草を狩っては「いいね〜」

 

地面を耕しては「いいね〜」

 

収穫しては「いいね〜」

 

箱詰めしては「いいね〜」

 

収穫を教わっていた時だ。

 

マイクロリーフの収穫は非常に大変だ。

だって、3グラムとかで販売するから。

 

一つ一つが少ないから、もし、収穫がミスったら、お客さんの評判を下げてしまう。

ハサミの研ぎ方から、収穫の時の葉っぱの持ち方など注意することを事細かに教わった。

 

箱に入れる前は、「いいね〜って言うんだよ」

これもしっかり教わった。

 

実際、超恥ずかしかった。

なんか、言わされてる感あったし。

 

ただでさえ、注意事項が多い収穫の作業なのに。。

 

とりあえず言われたことは全部やるのが、今の僕のルールなので、収穫できたら言ってみた。

f:id:matsumo_saga:20200225202937j:plain

「いいね〜」

 

そして、もう一回収穫できたら

 

「いいね〜」

 

 

そんなことを繰り返していたら、なんだかだんだんと楽しくなった。

 

 

 

 

言いながら、気づいた。

「いい」と発音するためには、広角が上げなくてはいけない。

勝手に広角が上がる。

そう、自動的に表情が笑顔になる。

 

そういえば、人の感情は、行動の後追いで、行動が先で後から感情がついてくると言う話を読んだことがある。

単純な脳、複雑な「私」 (ブルーバックス)

単純な脳、複雑な「私」 (ブルーバックス)

 

 

この本は、「私」が、どういう存在なのかっていうのを論文や実験など、脳科学の視点で書いたものだ。

読んだ後、人間の複雑な心についての「答え」を知ってしまったんじゃないかって思えるような面白い本だった。

他にも、人の好き嫌いや、何かをした理由の曖昧さなど、すごく参考になった記憶がある。

また、読みたいな〜

 

他にもどんな体勢をするかで、感情が後からついてくるという話はある。


Your body language may shape who you are | Amy Cuddy

 

2012年のやつでちょっと古いが、すごく有名なTED。

知ってる人も多いと思うけど。。

 

体を大きく開いて、堂々とすることで、テストステロンが上がり、コルゾチールが下がるらしい。勝負の前に、たった2分間、一人で堂々と体を使うことで、その勝負が変わってくる。

 

この話の中であった「fake it till you becom it(それが自分になるまで、演じなさい」って言葉はすごく感銘を受けたし、実践したいと思った。演じていたら、いつの間にか、それが本当のことになるというやつだ。

 

僕もなりたい自分を演じてみよう。そしたら、いつの間にか演じてる自分が本当の自分になってるらしいから。

 

さて、そんなことを思い出すと、あの真野さんの言葉、「いいね〜」がすごく合理的に思えてきた。

 

積極的に使ってみよう。

 

草を狩って

「いいね〜」

 

地面を耕して

「いいね〜」

 

収穫して

「いいね〜」

 

箱詰めして

「いいね〜」

 

マイクロリーフは、一流シェフを相手にしていて、細かい作業が多い。

そして、地味な作業が多い割に、一つ一つ大切にしないといけないことが多い。

 

そんな時に、「いいね〜」って言うと、その作業の色が変わった。

そして、野菜ひとつひとつに対して、愛着が出てくる。

 

「いいね〜」

よし、この言葉、積極的に使っていこう。

そして、もっと体の使い方や言葉の使い方も考えていこう。

 

特に、普段何気なく使っている口癖は積極的に見直そう。

 

そういえば、1週間ぶりに髭を剃った。

農業をしてるし、今までこんなことなかったから、せっかくだから伸ばそうと思っていた。

でも、いざ伸ばしてみると、抜群に似合ってなくて、このままじゃ人前に出るのが恥ずかしかった。

そんなこんなあって、泣く泣く髭を剃った。

 

久々に若返ったような自分の顔を鏡で見た。

 

「俺の顔、いいね〜」