素ヱコ農園の日々

佐賀県伊万里市で便利になった世の中で、手間のかかるストレスフリーの平飼いで外国産の餌に頼らないこだわりの餌作りを行っています。

ばあちゃんの昔たまごはこちらから

手間をかける

ばあちゃんの昔たまごはこちらから

f:id:matsumo_saga:20220117212137j:image

 

ひよこが、だいぶ大きくなってきた。

 

10月中旬に生まれたので、97日齢だ。

 

見た目は、かなり鶏に近づいたが、まだ、ピヨピヨと鳴く。

 

150日ぐらいから卵産み始める予定なので、4月には戦略になってくれると期待している。

 

何かに襲われることなく、病気することなく、順調に大きくなってきてくれているので、嬉しい。

 

ヒヨコから育てるのは、2回目でまだまだ技術にも、まだまだ不安があるし、手間もかかる。

 

僕は、これからも、手間をかけることを大切にしたい。

 

f:id:matsumo_saga:20220117213118j:image 

留学したオランダで見た農業の風景、効率化が進んでいて日本にはない素晴らしさがあった。

 

 

一方で、どこか食糧工場のようで、人がやる仕事は収穫と箱詰めのような単純作業だけだった。

 

(それらの作業も今後はオートメーション化されるだろうが、)

 

命という温もりを持ったものを扱う仕事なので、効率化しすぎちゃうことに僕はどこか違和感を感じる。

 

こういう仕事はあんまりお金儲けできないんじゃないかなと思う。

 

でも、それでいいと思う。

 

最低限、家族と数人の従業員をやしなえれば。

 

お金儲けするための仕事はまた別に農業以外の形でやりたい。

 

今は、田舎でしかできない仕事と暮らしをやらたいなと思う。

 

そして、その一つに「手間をかけること」があり、それをぶらさずに仕事して、美味しいと言ってもらえることを喜びとしたい。