佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

どうしようもないのに、ちょっと、不安

朝の作業は寒い。

 

特に、僕は冷え性で、手が冷えてカチカチになる。

 

産みたての卵はあったかい。

 

朝、養鶏場に行くと、産みたての卵に出会える。

 

カチカチに冷えた手で、その産みたてのあったかい卵を集めると、手がぽっかぽかになる。

 

f:id:matsumo_saga:20201208145219j:image

 

 

冷たくなった手を温めてくれる卵を持つと、いつもより余計に、ありがとうって言いたくなる。

 

そんな朝の作業。

 

 

佐賀から、こうせいが電車に乗って、手伝いに来てくれた。

 

こうせいは、学生時代にバイトしてた塾の生徒だった。

 

当時、こうせいは中学生。

僕は19歳。

 

あれから4年経ち、こうせいは今大学生だが、今でもこうして連絡取り合って、手伝いに来てくれることが嬉しい。

 

f:id:matsumo_saga:20201208145533j:image

 

こうせいの話を聞くと、コロナで大学の授業もオンラインとなり、思うような大学生活を送れてないという話だった。

 

こうせいの話を聞いて、いろんなところでコロナの影響が出てるんだなと改めて感じた。

 

 

こうせいは、よく働いてくれた。

f:id:matsumo_saga:20201208191613j:image

 

泥で汚れた大量のビニールを頑張って片付けてくれた。

 

作業をしながら、いろんな話をできてよかった。

 

やっぱり年下って、優秀だ。

 

自分が考えていたことなんて、もう既に実践してたりする。

 

こうせいに、いろいろ教わったので、僕も頑張ろうと思う。

 

付き合う人が固定化されちゃったら、入ってくる情報や考えることも偏ってしまうので、いろんな人と仲良くコミュニケーションできたら、楽しいなぁって思った。

 

 

f:id:matsumo_saga:20201208192353j:image

 

今、井戸掘りを頼んでいる、おっちゃんは、70歳を超えてる感じがするが、とても気さくで、物知りで話をしてて楽しい。

 

いつもニコニコしてて、隙があるから、気を使わずに話をすることができる。

 

このおっちゃんと話をしてて、情報って、こういう人のところに集まるんだろうなーって思った。

 

僕も、おっちゃんに習って、ニコニコしようと思う。

 

さて、そんなおっちゃんから、あんまり良くない知らせを受けた。

 

「40メートルぐらい掘ってるけど、全く水が出る気配がないぞ。不気味だ。」と。

 

話を聞くと、過去に、隣に川があって最高のコンディションの場所で、90メートルぐらい掘ったけど、水が出なかったことがあるらしい。

 

そのときは、話をして、諦めてもらったらしい。

 

もちろん、お金も多少払ってもらったらしい。

 

「水が出なかったら、どうしよう」

 

おっちゃんの話を聞いていて、ちょっと不安になった。

 

でも、まぁ、祈るしかない。

 

僕がどうのこうの心配しても、なんもならんから、僕は僕ができることを淡々とやって待とうと思う。

 

でも、あぁ、ちょっと不安だ。