佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

狩猟免許、取りました。

狩猟免許の試験がありました。

f:id:matsumo_saga:20200716203633j:image

 

受験料5200円、そして、その前の勉強会が1万円。

 

結構な金払ってたので、受かるかどうか、ちょっと心配でした。

 

結果は、受験者の合格率100%の試験でした。

 

落とさないようにする試験っぽかったです。。

 

わからなくても、ヒントをくれたりして、ちゃんと勉強しとけば、受かる問題ばかり。

 

1週間前に行われた勉強会に出席したなら、誰でも受かる内容でした。

 

ということで、もし、狩猟免許取られる方は、この勉強会は、参加した方がいいと思います。

 

ハクビシンとか、オコジョとか、テンとか、普通に生きてたら、遭遇しないような動物も試験に出てくるし。

 

f:id:matsumo_saga:20200716203656j:image

 

 

他には、イタチのオスは、捕獲していいのに、イタチのメスは捕獲しちゃダメみたいな、ちょっとややこしい、決まりがあったりします。

 

#見分け方は尻尾の大きさ

 

この辺の微妙な決まりや問題を勉強会では、徹底的に教えていただけます。

 

また、法律関係や実際の罠の使い方なども。

 

 

まぁ、何はともあれ、これで、イノシシの罠を仕掛けられるようになったのでよかったです。

 

伊万里市では、狩猟免許を取得する人に、5万円の補助が出ます。

 

だから、実質無料で、勉強会や試験を受けることができます。

 

また、僕は、地区の人たちと交渉して、狩猟免許更新の際の費用も、地区に持ってもらうことに成功しました。

 

僕の地区は、めちゃくちゃイノシシの被害に遭ってるのに、誰も狩猟免許を取得してなかったので。

 

説得したら、いけるんじゃないかなと、軽く言ってみたら、逆に、喜んで、地区の話し合いに、持ちかけていただけたので、良かったです。

 

人がいないということは、ある面からいうと、いろんな席が空いてて、ラッキーなのかもしれないです。

 

 

養鶏をやるから、こういう害獣対策はしっかりやってたがいいなと思います。

 

 

銃の免許も取りたかったのですが、最初だからと言うことで、止められました。

 

罠と銃じゃ、ハードルがちょっと違うみたいですね。

 

いずれ取りたいなと思います。

 

さてさて、獣を捕獲したら、どうしよう?

 

そんなことを考えます。

 

 

以前、鹿の皮を貰って、自分でなめしたことあるんですが、すごく大変でした。

 

肉を削いだり、しないといけなくて。、

 

天神のシェアハウスの風呂で、なめしたので、福岡の皆さんドン引きでした。

 

自分的には、意外と、やれたので、皮を使ってなんかやってみたいなと思ったりします。

 

 

狩猟免許取れて、よかったな。

 

 

田舎暮らしって、意外とやること多くて、手触り感あるから、面白いですね。