素ヱコ農園の日々

佐賀県伊万里市で便利になった世の中で、手間のかかるストレスフリーの平飼いで外国産の餌に頼らないこだわりの餌作りを行っています。

ばあちゃんの昔たまごはこちらから

フォンフォン

ばあちゃんの昔たまごはこちらから

養鶏場の周りを歩いていると、「フォンフォン」と低い鳴き声とともに「カサカサッ」と草木が揺れた。

 

「獣だな」

 

そう思い、罠を仕掛けることにした。

 

養鶏場の周りは山に囲まれているので、いろんな獣がいる。

 

昨年なんか養鶏場だけで猪5頭捕まえた。

最近だとキツネも捕まえた。

 

箱罠を仕掛けた。

 

箱罠は簡単だ。

 

餌を箱罠の中に入れて、その前に糸を張る。

獣が罠の中に入り、その糸を動かすと扉がバンと閉まるという仕組みになっている。

 

箱罠は5万〜10万円ぐらいの値段がする。

 

僕は罠を3つ持っているので、養鶏場の周りにそれらを設置した。

 

さて、どうなるか。

 

 

次の日の朝。

なんと一つの罠の中に6頭のウリ坊が入っていた。

 

そして、その2日後、もう2つの罠にそれぞれ2頭と3頭ウリ坊が入っていた。

 

3日で11頭も捕獲した。

養鶏場の周りだけで。

 

おそらくもっといると思う。

 

捕獲するのはかわいそうだなと思うけど、捕獲しないと養鶏場は荒らされてしまうし、田んぼもメチャクチャになってしまう。

 

地域の人たちからも田んぼが荒らされるから、ぜひお願いということで言われている。

 

そういえば、先々週うちの父は猪に車を凹まされていた。

 

猪も生きるために必死だし、こっちも生きるために必死だ。

 

田舎にいると、野生との戦いもしなければならない。

 

こんな暮らしは3年前は想像していなかった。

 

 

鶏も飼ってるし、狩りもするし、命と近い暮らしをしているなと思い、緊張感がます。