佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

インボリューション理論というらしい。

福岡から来たボーダレスの先輩は、前の日遅くまで起きていたにも関わらず、朝6時から仕事を手伝ってくれた。

 

f:id:matsumo_saga:20200705233328j:image

 

朝のうちに福岡に戻らないという超バタバタなスケジュール。

 

伊万里にいた時間よりも、移動の時間の方が長かったんじゃないかなー。

 

それでも、一緒に居た時間は、すごく濃くて、僕にとっては、忘れられない時間になった。

 

先輩は、東大卒で、更に大学院まで出てて、東南アジアの貧困問題について研究されていた。

 

インドネシアの話になった。

 

 

インドネシアは、ジャワ島とそれ以外の島では農業の仕方が違って、」

 

f:id:matsumo_saga:20200705235257j:image

 

この話がすごく面白かった。

 

インドネシアは、1万3000ちょっとの島からなる国だ。

 

そのうちの一つに、ジャワ島というのがあり、ほとんどの人はジャワ島に住んでたらしい。

 

その理由は、ジャワ島が肥沃な土壌を持っていたから。

 

他の島で、農業をやろうとすると、焼畑をやらないといけなくて、そのためには定住することが難しく、島々を行き来しないといけなかったから、それほど人口が増加しなかったらしい。

 

ジャワ島の農業の発展方法も非常にユニークだった。

 

日本における江戸時代の農業は、鍬や鋤など農機具を作り、一人当たりの労働生産性を上げていった。

 

それに対して、インドネシアでは、農地で働く人の数を多くして、土地あたりの生産性を高めていったらしい。

 

人口のほとんどが農業に従事していたらしい。

 

「可耕地に限界があるという条件下で、労働投入を増大させることによって産出量の増加を実現する」

 

これをインボリューション理論というらしい。

 

また、国としての機能は、主に貿易で、イスラム商人を通して活発に商売をやっていた。

 

紀元前後から 16 世紀までは金銀・鼈甲・真珠・各種香辛料、17 世紀か らは香辛料に加えて砂糖・コーヒー、20 世紀に入ると砂糖・石油・ゴムなどを輸出していたようだ。

 

国民から税金を徴収することは無かったらしい。

 

内と外で見事なバランスが取れてたようだ。

 

 

18世紀から、オランダの支配下に置かれて、いろんなことがぶっ壊されたみたいだが。。

 

 

 

作家のはあちゅうさんが、どこかで、「速攻性コンテンツと遅効性コンテンツ」という話をされていた。

 

即効性コンテンツは、ビジネス本のようなすぐためになる情報。

 

遅効性コンテンツは、歴史や映画や小説、音楽など、ためにならないような情報。

 

もっというと、

 

即効性コンテンツは、<答え>を与えてくれるコンテンツで、遅効性コンテンツは、<問い>を与えてくれるコンテンツとも言える。

 

どれだけ多くの<問い>を持てるかで、人生が豊かになる気がする。

 

 

インドネシアのインボリューション理論。

 

僕としては、非常に面白かった。

 

福岡から来たボーダレスの先輩は、こういう知識が非常に豊富だったから、話をしてて、すごくすごく楽しかったんだろうな。

 

社会人になって、間もない僕にとっては、いかに多くの<答え>に出会うかよりも、いかに多くの<問い>に出会あるかの方が重要な気がする。

 

車で先輩を駅まで送ってて、そう思った帰り道だった。