佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

農園の名前を決めました。

農園の名前を決めた。

 

名前をつけることは、すごく大事なことだと思う。

 

名前をつけることで、そこに意味が生まれる。

 

 

農業を始めて、2ヶ月ぐらいたった。

 

大学卒業して、2ヶ月か。

 

世間的の人からしたら、本当にペーペーだ。

 

ばあちゃんの農業を完璧にそのまま引き継いでも後がない。

 

それはやる前からだいたい分かっていた。

 

だから、この2ヶ月、ばあちゃんの手伝いをしながら、別に色々自分で模索してみた。

 

自分でやることを作る、という作業は、苦しいけど、なかなか楽しい。

 

まず小さくやってみて、それから、どうなるか。

 

外の結果もそうだし、やってみた結果、自分の内側の感情の動きにも注意していた。

 

この心の微妙な揺れを、実践の中で、観察して、どこに自分がワクワクして、どこに乗り気じゃなくなるのかってのが、分かった気がする。

 

 

その中で、自分がやりたいなという方向性がぼんやりだけ見えてきた。

 

だから、このタイミングで、農園の名前を付けようと思う。

 

 

 

 

「なんで、農業してるんですか?」

 

ってよく聞かれる。

 

この質問、うまく答えれた試しがない。

 

いくつか理由がある。

 

①ばあちゃんが農家②田舎に住んでいた③農業は必要な産業④儲けるのが難しい

 

f:id:matsumo_saga:20200529145741j:plain

 

この辺の掛け算な気がする。

 

既にめちゃめちゃ成功していたら、多分、僕は違う道を選んでいたと思う。

田舎で暮らさなかったら、多分、僕は違う道を選んでいたと思う。

社会にとって意味がないことだったら、僕は違う道を選んでいたと思う。

 

そして、ばあちゃんが農業していなかったら、僕は違う道を選んでいたと思う。

 

どれも大切な条件で、どれか一つという理由じゃない。

 

多分、簡単にしようと思えば、簡単にカッコよく理由は伝えれるけど、あえて言語化しなくてもいいと思う。

 

そうそう、僕のばあちゃんは、スエコという名前だ。

 

末っ子になりそうだから、スエコと名付けられたらしい(なんと、単純な)

 

スエコがいなかったら、間違いなく農業してないだろう。

 

そして、オランダ・パラオに滞在している時に、経済成長を追い求めても、人は豊になれないんだろうなって心の底から思った。(この話はまた後ほど)

 

まだ20数年しか生きてないが、自分のこれまでと、自分の思想と成したい社会、それを全部乗っけた名前。

 

そんな名前を付けようと思ったら、こうなった。

 

<<素ヱコ農園>>

 

経済合理性を追い求めると、全て画一化され、世界が同じ色になり、一つ一つの個性は埋没してしまう。

 

本当は、一つ一つ意味があって、この世に存在している。

 

その一つ一つの個性が、素のままで、世の中に価値を発揮できたらいいなと思う。

 

そして、途切れることなく、一つ一つが役割を全うして、循環していくという仕組みを作りたい。。

 

 

一つ一つの個性を最大限に発揮し、その連鎖が未来につながる社会を作る。

 

そういう意味を込めて素ヱコ農園に決めた。

 

具体的に、サステナビリティを考えた農業(有機農業やアニマルウェルフェア)や、耕作放棄地の利用、また、ハンディキャップを持つ方が農業を通して働ける環境づくりなど。

 

いろいろとやりたいことはあるが、ゆっくり急いで、一つずつやっていこうと思う。

 

素ヱコ農園をよろしくお願いします。