佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

今は、とにかく、話聞いて、勉強して、実践あるのみ。

金吾さんが畑に来てくれた。

 

金吾さんは、近くに住んでる70歳を超えた農業をやっているおじいちゃん。

 

体中からエネルギーが溢れていて、周りにいる人はみんな笑顔になる。

 

伊万里の黒川という山の中にいるのに、毎週火曜日は、金吾さんの畑で農業をするために、福岡あたりから、わざわざ人が集まってくる。

 

15人ぐらいかな。

 

そういう光景を眺めていると、なんか、僕でもやれるんじゃないかなって思えてくる。

 

「ワハハ、おいは成功はしとらんばってん、失敗談はなんでも話せるけん」

 

といつも笑っている。

 

金吾さんは、この年になって、facebookを使いこしている。

 

最近は、zoomを使ってるようだ。

 

おそろしいおじいちゃんだ。

 

そんな金吾さんが、今回、畑に来てくれて、これはどうだとか、あれはどうしたらいいとか、色々アドバイスをしてくれた。

 

何十年の経験を元にした話。

 

すごく参考になることばかり。

 

自分で経験していたら、めちゃくちゃ時間がかかることを、教えてもらうことで早くそこにたどり着ける。

 

こんな人がいることがありがたい。

 

f:id:matsumo_saga:20200516155917j:plain

植えていたじゃがいもが順調に芽を出して生長している

 

でも、ふと、話を聞きながら、違和感を持った。

 

今の自分に対して。

 

素晴らしいアドバイスをいただいても、

 

自分に理解力がなくて、間違って認識することもある。

 

また、中には間違ったアドバイスがあったりもするかもしれない。

 

今の自分は、それを精査できる能力がないなと思った。

 

もっともっと勉強せねばいけない。

 

人から聞いた話、勉強して得た知識、そして、それを実践してみて、結果をみて、初めて知恵になるんだろう。

 

この数年は、引き出しを作る期間だ。

 

どんだけ、人から話を聞けて、どんだけ勉強できて、どんだけ実践でそれを試せたかで、5年後、10年後が変わってくる。

 

ありがたいことに、今、人から話を聞ける状態にあると思う。

 

あとは、自分が、どんだけ勉強して、どんだけ実践できるかどうか。

 

結果を出せるかどうか、本当に、自分次第だなと思う。

 

皆さん、もうちょっと待っててくだせい。

面白い未来作りますよ!