佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

割に合わないとよく聞く、米作り。

米の苗を取りに行った。

 

10年ちょっと前、爺ちゃんが生きてた時は、米の苗は自分の家で作ってたらしいけど、今は買っている。

 

車で5分ちょっとのところにある、育苗センターってところで。

f:id:matsumo_saga:20200517234943j:image

 

 

一反で、大体20ケースぐらい使う。

 

一ケースで、300円。

 

僕のうちは、全部で一町(十反)ぐらいの面積の田んぼをやってるので、200ケースぐらい注文するので、合計6万円。

 

ここから、どんだけの米ができて、どんだけ利益になるんだろうか。

 

収支表を見ても、赤字では無いけど、ほとんど利益になってない。

 

経済的な話だけをすると、米作りは割に合わないと思う。

 

でも、僕の祖母は、米作りをすごく大切にしてる。

 

だから、僕は祖母の手伝いをする。

 

何故、儲けないのに、やるのか?

 

「先祖代々から譲り受けた土地を守らなくては」

 

とみんな言ってる。

 

そんなに、大切なのかな?

 

米作りは、もはや宗教みたいになってるのかもしれないなと思う。

 

土地の意識が低い僕ら世代からすると、わざわざ苦労して骨を折ってるようにも見える。

 

やってないから、その気持ちが、全く分からないんだと思うので、今年は何一つ文句を言わずに、婆ちゃんから、言われたことをちゃんとやろうと思う。

 

今年は、どんだけ効率が悪くても、一切口出しせずに。

 

どうせやるなら、しっかりと成果を上げたい。

 

でも、今、どこに癌があるのかというのが、わかってないので、今後しっかりと見ていこうと思う。

 

 

うちの周りには、田んぼが結構ある。

 

 

 

僕の地区の、住民は、ほとんどが65歳以上の定年を迎えた人ばかり。

 

地区の話し合いや、行事に出ても、おじいさんしかいない。

 

ここは、5年後、10年後、どうなるんだろうか?

 

今、一人一人が、小さな土地を、コソコソと管理し合ってる。

 

でも、もう人が居なくなるし、いよいよ、個人かわどうだとか、そんなこと言ってられなくなる。

 

田んぼは、集落との連携が必要になってくる。

 

だから、田んぼを辞めたくてもみんな辞めれないのかな。

 

高齢化が、どんどん進み、まじで土地が余ってくる。

 

伊万里は、大学が無く、高校卒業と同時に多くの若者が、まちから出て行くし、出ていかなかったとしても、ある程度、大きい会社が複数個あるから、わざわざ農業をする必要がない。

 

人が減って、さらに、一次関数に従事しなくても生きていける環境が伊万里にはある。

 

誰も農業しない。

 

これから、どんどん、僕に土地が回ってくると思う。

 

その時に、どうするか?

 

いろんな仕組みを作って、人々に面白いやり方を提供できる人になりたい。