佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

ゲストハウスとホテルの違い、について考えるというお題を出されて。

「ゲストハウスとホテルの違いってなんだと思う?」

 

研修先の農家、真野さんに聞かれた。

 

僕は、愛知県の最南端の南知多半島にあるミーというマイクロリーフとエディブルフラワーの農家、真野さんの元で研修をしている。

4月から、佐賀の伊万里というところで、農業をするため。

このブログではその研修を通じて、考えたことや学んだことを日記として毎日書いてる。

 

僕は、この農場で、研修するにあたって、 ゲストハウスやどかりというところでお世話になっている。

f:id:matsumo_saga:20200311055504j:plain

 

この南知多町は、海がすぐ近くにあって、魚料理が美味しくて、夏場は観光地としてものすごく賑わう。

 

やどかりには、ほぼ、毎日誰か来て、みんなでご飯を食べて、音楽を聞いたり、話をしたりして、賑やかだ。

 

繋がりを大切にしている。

 

木材とかしょっちゅうタダでもらうらしいし、工事とかも無料でしてもらったりするそうだ。

 

 

恩と恩をやり取りしてて、お金が介在していない。

 

ここ面白いから、後日、もっと考えてみたい。

 

毎日、僕の分までご飯を作ってくれる。

 

タコライス、カレー、パスタ、などなどかおりさんの料理はいつも美味しい。

毎日、研修が終わって、家に帰るのが楽しみでしょうがない。

 

そうそう、昨日は、近くの旅館のオーナーが来て、なんとフグ鍋を御馳走してくれた。

だしが最高にうまくて、身がプリプリしてて最高だった。

f:id:matsumo_saga:20200310181900j:plain

 



そして、こういうこと、応援したいから、と、1ヶ月の滞在費も4万円にしてもらった。

 

農場までは、片道10キロという距離、まあまあ遠いが、それを差し引いても、ここに泊まれて最高だ。

(農場は山の上にあり、毎日、坂道を自転車でめちゃめちゃ漕ぐので、下半身が強化されました。 習慣って怖いですね。。)

 

 

僕は、結構、雑で、部屋に畑の土をついたまま上がったり、空調設備をつけっぱなしにしていたことがあった。

 

そう言えば、そういうこと、しょっちゅうお母さんに怒られていた。

 

真野さんに、ゲストハウスで僕が雑に生活していることを怒られた。

 

ほんと、雑な僕が悪い。

 

治そう。

そう思った時に、昨日読んだ本が浮かび上がってきた。

 

note.com

 

能力は使ってないだけ。

 

そう、僕は雑な生き方をしてきた。

僕は雑な人間なのではなく、雑に生きてきただけ、なんとかなる。

 

これから、自分の部屋は、家に帰ってきたら掃除することにする。

 

 

さて、そんなやり取りがあった後半。

 

「ゲストハウスとホテルの違いってなんだと思う?」

 

研修先の農家、真野さんに聞かれた。

 

「(ん、、全然考えたことなかったな、、)わかりません」

 

「じゃあ、今日の終わりに聞くから、考えてて。ゲストハウスは何を売ってて、ホテルは何を売っているのか?一言で表してみて」

 

 

僕は作業中、ずっとそのことについて頭を巡らせていた。

 

そもそも、ホテルって、めちゃめちゃ種類がある。

一泊数十万円のものから、数千円で泊まれるカプセルホテルまで。

 

それらを総括して、ホテルとするのは、少し難問だった。

 

共通項は、宿泊だと思ったが、それだとゲストハウスとなんの差別化もされない。

また、値段とも言えない。カプセルホテルは安いし。

 

僕は、どんな時に、ホテルを使って、どんな時に、ゲストハウスを使うかを考えた。

f:id:matsumo_saga:20200303190342j:plain

東京に行く時は、大体ホテルに泊まる。

 

ゲストハウスは体力を使う。

人と交流をしないといけないから。

 

一方で、ホテルは、しっかりと休める。

ベットはふかふかだし、落ち着く。

 

だから、体力的に余裕がない時は、ホテルを使う。

 

そう考えると、ホテルは、一旦、現実を忘れさせてくれる効果があるなと思った。

 

一方で、ゲストハウスを使うのは、海外に行ったときとか、田舎に行った時に利用する。

田舎のゲストハウスはいい。

だって、その土地、その土地にしかない雰囲気を醸しているから。

 

地元にしかない暮らしがそこにある。

 

そうだ、ゲストハウスは、その地域の<日常>を売り物にしている。

 

一方で、ホテルは、現実から忘れさせてくれる<非日常>を売り物にしている。

 

ゲストハウスが<日常>を売り物にしているということは、そこで暮らしている人たちの<日常>があるわけで、その<日常>が売り物になっている。

 

これから、田舎特有の<日常>というのは、これからどんどん価値が出てくると思う。

世界はどんどん同じ色になっていくし、都会に人口はどんどん集約されていく。

 

2050年には世界の70%の人口が都市部に集約されるというデータをどこかで見たことがある。

 

田舎で農業をするという<日常>はこれまで普通だったかもしれないが、そもそも田舎に人がいいなくなる(住めなくなる)し、農業人口もどんどん減るので、田舎で農業をするという<日常>は多くの人にとって、コンテンツになり得ると思う。

 

田舎で農業をするという<日常>を提供できる人になりたいな

とそんなことを考えていた。

 

ちなみに、真野さんの答えは、ホテルが売ってるものは<サービス>で、ゲストハウスが売ってるものは<体験>でした。

 

確かになと納得。

 

日常、非日常とかちょっとカッコつけたこと言って、ちょっと恥ずかしかった。笑

 

ゲストハウスには、そこを運営している人の<日常>もあるため、そこを最大限にストレスフリーにしなくてはいけない。

 

1日、1個、ゲストハウスの為に、何か尽くしなさいと言われた。

 

これも研修だ。

僕の朝、8時から9時まで時間はゲストハウスやどかりに渡します。

そして、家に帰ってきたら、まず部屋を掃除するという習慣をつけます。

 

だらしなくて、雑な自分を変えたい。

 

note.com

 

yadokari.eyado.net