素ヱコ農園の日々

佐賀県伊万里市で便利になった世の中で、手間のかかるストレスフリーの平飼いで外国産の餌に頼らないこだわりの餌作りを行っています。

ばあちゃんの昔たまごはこちらから

コロナに罹ってました

ばあちゃんの昔たまごはこちらから

久々の発信です。

 

実はコロナに罹ってました。

 

妻も子供も、スタッフの田中くんもコロナになってしまい、数日間、会社の仕事が全くできない状態でした。

 

ばあちゃんがコロナにならななかったことだけが、不幸中の幸いでした。

 

 

少し前にコロナに罹った叔母が仕事を休んで手伝いに来てくれました。

 

そのおかげで、この期間なんとか最低限の仕事を行うことが出来ました。

 

人に支えてもらってることに感謝です。

 

この間、ぼくたちが鶏のお世話もあまり出来なかったので、卵の数も下がってます。

 

やっと卵の数も増えて、お客様に届けれるようになってきたのに残念です。

 

そして、コロナからやっと復帰したら、次は台風が来るということで、急いで対策しました。

 

なんとか無事を祈ります。

 

 

コロナで仕事が出来ない期間、仕事から離れることでいろんなことを考えました。

 

伊万里に帰ってきて農業を始めて3年目ですが、まだまだ何も価値を生めてないことに対する不甲斐なさをすごく感じます。

 

もっとやらねばと焦る気持ちや足元を固めて着実に行かなくてはという気持ち。

 

この道を選んたことで、捨てたいくつかの道に若干の未練があることも認識しました。

 

でも、それ以上に今やってることやその気持ちを大切にしたいなと強く思いました。

 

もし、やり直せるなら、今の道は選ばないかもしれないけど、でも、この道を選んだから味わえることや出会えたご縁、見れた景色など沢山あります。

 

f:id:matsumo_saga:20220905220323j:image

 

目標も一応あったのですが、あえて明言すると、2年後2024年12月までに、月に250万円の売上。

高校生の新卒を雇うこと。

中途で同級生もしくは歳下の社員ををあと1人雇うこと。

 

それらを目指します。

 

その後は、養鶏に準ずる加工品の開発、それ以外にも田舎でしかできない事業を作っていきたいです。

 

その後も、1億、5億、10億と伊万里でしかできない事業で伸ばして多くの仲間と共に新しい価値を作っていきたいです。

 

今は穴だらけのいつ沈んでもおかしくないボロボロの小舟みたいな感じで、そんな目標は絵に描いた餅みたいな感じですが、コツコツやっていろんな人を乗せれる船にしていきたいです。

 

熱くなってしまいました。

おやすみなさい。

 

皆さんの台風の被害か少ないことを祈ります。