素ヱコ農園の日々

佐賀県伊万里市で便利になった世の中で、手間のかかるストレスフリーの平飼いで外国産の餌に頼らないこだわりの餌作りを行っています。

ばあちゃんの昔たまごはこちらから

大黒さんのおかげで完成!

ばあちゃんの昔たまごはこちらから

昨日は建国記念日

 

またしても、大黒夫妻が福岡から1日手伝いに来てくださった。

 

今日も午前中から夕方5時過ぎるまで。

 

f:id:matsumo_saga:20220212111238j:image

産卵箱の製作と通路の改良をお願いした。

 

こんなに短期間のうちに何度も手伝ってくださっているので、ほとんど僕が指示を出すことはなかった。

 

産卵箱の製作と通路の改良は、一つ一つが時間かかる作業なので、いつ終わるか全然目処がたっていなかった。

 

でも、今回で全部完成した。

 

これまで卵を集める時は、鶏舎に入って腰を曲げて卵を取っていたが、これからは鶏舎に入ることなく、通路から卵を集めれるようになった。

 

最初からこれを実践できたらよかったが、僕は素人だし、最小の資源しかなかったから、やりながら改善していくしかない。

 

でも、最初にきちんとした計画を立ててしっかりとスタートすることより、小さく始めてやりながらどんどん改善していく方が僕には合ってる。

 

そっちが速いし、計画していてもうまくいかないこともたくさんある。

 

 

今回手伝ってもらい、鶏舎を改良できたおかげで、身体の負担や時間的な負担も無くなるので、非常に良かった。

 

1人では出来なかったので、本当に感謝だ。

 

ちなみに大黒夫妻に僕から来てくださいと頼んだことはなく、自主的に来てくださっている。

 

大黒夫妻を見ていて、僕も人に手をかせる優しい人になりたいなと思う。

 

 

お義父さんが養鶏場に餌を運ぶために、いろいろ案を出してくださった。

 

今後のことを考えた時に、やっぱりフォークリフトを使うことは必須だという結論になった。

 

フォークリフトを使うために、鶏舎の周りをコンクリートを敷く工事することになった。

 

早速、お義父さんは知り合いの業者の方を紹介してくださった。

 

しっかりと工事は必要な投資だと思う。

 

お客様から預かったお金を投資して、さらに良いサービスをしていきたいと思う。

 

今回、今使っている鶏舎の改良が終わったので、やっとこれで、鶏舎を作るために本格的に動ける。

 

春にはヒヨコもくるし、どんどん進めていきた

 

いろんな方に助けてもらって、なんとかかんとか発展していってます。