素ヱコ農園の日々

佐賀県伊万里市でストレスフリーの平飼いで外国産の餌に頼らないこだわりの餌作りを行っています。

ばあちゃんの昔たまごはこちらから

直売所とのやりとりで

ばあちゃんの昔たまごはこちらから

電話がかかってきた。

 

隣の市の直売所からだ。

 

そこの直売所は車の出入りが多く、卵を出品するにはちょうど良さそうだと知り合いが言っていた。

 

問い合わせしてみると、担当者がおらず、折り返し連絡します、ということで連絡を待っていた。

 

 

そして、その直売所から連絡が来た。

 

「この直売所は地元密着をうたっており、×市のものしか取り扱わないことになってるので、今回はお断りさせてください」

 

納得した。

 

そして、地元の直売所に対して、怒りが込み上げてきた。

 

 

 

 

少し前に、地元の直売所に、卵を出品したいという旨を伝えに訪問したら、

 

「もう卵はあるから」

とか

「役員会にかけないと何とも言えないので」

 

みたいな対応で、結構あっさり話が終わった。

 

 

もし、僕が逆の立場で、直売所の人間で、出品を検討している人が来たら、

 

・出品したいものについて話を聞く

・直売所のコンセプトを説明する

・条件面を説明する

・役員会があるのなら、その日付を説明する

・その役員で承認される確率がどの程度なのかも説明する

 

じゃないと、見通しが全く立たない。

 

役員会って聞いても、こっちはそれがどれ程のものかわからないし、いつあるかわからないし、不安だけが募る。

 

僕が出品することで仕事が増えるのは分かるし、別に僕が出品したからって給料が増えるわけじゃないと思うから、現場の方がそういう対応になる気持ちは痛いほどわかる。

 

 

 

でも、地元じゃないところからは、地元の生産者しか受け付けておりません。

という断られ方をして、

 

地元の販売所にはあんまり良い反応もらえなくて、

 

なんかやるせなくなった。

 

f:id:matsumo_saga:20210416184415j:image

 

 

僕は一体どこに行けばいいのか。

 

 

 

 

そして、

 

 

「よし、JA本部にクレームを言おう」

 

と思った。

 

 

でも、数秒後、

 

「いや、ここでクレームを言うのはもったいない。

せっかく偉い人と話すのなら、普通に事情をせつめして、交渉したらいいじゃん」

 

と気持ちが変わった。

 

f:id:matsumo_saga:20210416184506j:image

 

早速、ネットで調べて、JA本部に電話をかけて、直売所の責任者に繋げてもらった。

 

 

結論からいうと、責任者の方はとても親切に話を聞いてくださった。

 

・直売所について(どこにあって、どうしたら出品できるか?など)

・条件面(手数料や会費がどれぐらいか?など)

・役員会について(誰がいて、いつあるか?など)

・他の商品と自分の商品についての違い

 

など、自分が聞きたかった話は全部聞けた。

 

そして、その方から現場の店長ら役員会の他にも働きかけてくださることになった。

 

本当にありがとうございます。

 

親切な方に出会えてよかったです。

 

ラッキーでした。

 

 

 

今回の出来事で、交渉では、誰にその話をするか?で全然答えが変わってくるということを学んだ。

 

 

もし、壁があった場合は、ど真面目に壁を壊そうとするのではなく、いろんな角度からその壁を通れる場所を探すといいんじゃないかなって思った日だった。