佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

ふるさと納税

ふるさと納税での注文がだんだん増えてきました。

 

今日はふるさと納税の注文だけで9件発送しました。

 

ばあちゃんの昔たまご40個入り7000円のものです。

B219放し飼いで のびのび養鶏!ばあちゃんの昔たまご(計40個) - 佐賀県伊万里市 | ふるさと納税 [ふるさとチョイス]

 

ふるさと納税なので、そのうち30%が僕の元へ、残りは伊万里市の税金になります。

 

ふるさと納税は、消費者も節税できるし、僕としては自治体に税金が入るし、みんなに良いのでとても素敵だと思います。

 

配達は東京や大阪が多いです。

 

今日は初めて東北に送りました、

 

こうやって全国の方々にうちの卵を食べていただけることに感謝です。

 

 

f:id:matsumo_saga:20210608131647j:image

 

僕は、商品を発送している時に必ずやっていることがあります。

 

それは、手紙を書くことです。

 

卵を売り始めてすぐの時に、注文が来たことが嬉しくて嬉しくて、思わず商品と一緒に手紙を書いて届けました。

 

それから注文が来たら手紙を書いて卵と一緒に送るというのが、ルーティンになりました。

 

一人一人手紙を書くのは、手間も時間も結構かかります。

 

手紙を書くことでどれだけ売上に繋がるかは分かりません。

 

ビジネスマンとして自分がやってることの効果をきちんと測定することはとても大切なことだと思います。

 

手紙を書くという行為はビジネス的には、時間がかかるし、費用対効果的にもやらない方がベターなのかもしれません。

 

でも、仮に効果を測定して、手紙を書いても全く売上に効果がないとしても、僕は手紙を書くと思います。

 

それは、わざわざ僕の卵を注してくださる方々へ向けた感謝の気持ちがあるからです。

 

普通の卵よりも高いのに、全国いろんなところに卵があるのに、わざわざうちの卵を買ってくださることに感謝してます。

 

 

殆どの売上が県外からの購入です。

 

この事実から、

①県外の売上をもっと伸ばす

②地元の売上を伸ばす

 

という2つのアプローチがあります。

 

正直、②地元の売上を伸ばすに関して、まあまあ苦戦しています。

 

地元の方に買っていただくために、スーパーや直売所に置かせてもらってますが、そこまで爆発的に売れていないです。

 

店頭に並べる商品説明のためのポップとかもちゃんと作らないといけない。

 

店頭に並べるようになって、数ある商品の中で、お客さんに手に取ってもらうことがいかに難しいかを知った。

 

ここは本格的に勉強していきたいと思う。

 

 

また、地元の方に向けた定期購入についても、強化しないといけなきといけない。

 

定期購入する人を増やしたいのだが、増やし方がわからない。

 

ここも、もっといろんな方と協力せねば。

 

 

夏になり、うちの鶏たちはみんな大きくなり、全ての鶏が卵を産むようなりました。

 

より多くのお客さんに愛される卵作りをやっていきたいと思います。