素ヱコ農園の日々

佐賀県伊万里市で便利になった世の中で、手間のかかるストレスフリーの平飼いで外国産の餌に頼らないこだわりの餌作りを行っています。

ばあちゃんの昔たまごはこちらから

改めて弾力すごい!

ばあちゃんの昔たまごはこちらから

産卵数が増えたことで、やっと地元の直売所にも卵を置けるようになってきました。

 

これまで県外の注文ばかりだったので、やっと地元の人にも少しずつ食べてもらえるなと嬉しく思います。

 

僕たちはまだまだ無名で小さい養鶏場です。

 

地元の人ですら知らない人の方がたくさんいます。

 

だから、直売所に置いても選んでもらえるかわかりません。

 

そこで、卵の説明を書いたポップを作ることにしました。

 

担当は、新入社員の田中くん。

 

元保育士なので、こういう手作りで何かを作ることは僕より得意なはずです。

 

「1番目立って、卵の質、鶏の様子、生産者のこだわりが伝わるものをお願いします!」

 

入って1週間しか経ってないですが、ほぼ全任せです。

 

時間と情報と必要な道具やお金はこちらで準備するので、なるべく自分で考えて行動して、失敗したら、反省して、すぐ修正するというのがうちのやり方です。

 

 

田中くんと妻と3人で卵談義をしていたときに、妻が「うちの卵指で摘めるよ!」と言うと、田中くんは驚いて、「みせて!」という流れになり、早速、卵を割って指で摘むことにしました。

 

f:id:matsumo_saga:20220408071958j:image

 

しっかり摘めました。

 

しかも、一度摘んだ卵を皿の上に置いて、また摘んでも、崩れません。

 

また置いて、また摘んでも、まだ崩れません。

 

やっぱりすごい弾力でした。

 

この辺の写真をうまく使ってくれるのかな?

 

どんなポップに仕上がるか?

楽しみです。

 

 

僕は現場の仕事とネットショップ頑張ります。