素ヱコ農園の日々

佐賀県伊万里市でストレスフリーの平飼いで外国産の餌に頼らないこだわりの餌作りを行っています。

ばあちゃんの昔たまごはこちらから

フルタクが伊万里に1週間滞在してくれる

ばあちゃんの昔たまごはこちらから

フルタクが1週間、うちで働いてくれる、ということで伊万里に来てくれた。

 

f:id:matsumo_saga:20201217220329j:image

 

フルタクが伊万里を離れて、1ヶぐらいになる。

 

それを知って、フルタクが居なくなって、1ヶ月しか経ってないんだ、と驚いた。

 

この1ヶ月の間に、

 

卵のパッケージを作り、

鶏舎の通路を作り、

手付かずだったもう一つのハウスの草刈りゴミ拾いを終わらせて、

業者を探し井戸を掘り、

蛇口を設置し、

電気を通す見通しも立った。

 

結構、進んだ。

 

「3年かかる」

 

って言われてた耕作放棄地の再生は、今年の6月から始めたので、今月で半年になる。

 

そして、それももう終わろうとしている。

 

ハイペースで進めている理由の9割ぐらい、周りの人のおかげだ。

 

ほんと、いろんな方に助けられて、ここまで来れた。

 

大学卒業したばっかりで、なんの力もないやる気だけが前のめりなめんどくさいやつに、みんな手を差し伸べてくれる。

 

僕も早くそういう大人になりたいな。

 

 

そして、ハイスピードで進めてる1割は、お金の使い方・時間の使い方にあると思う。

 

 

いま、売上を作ることをかなり後回しにしている。

 

売上を作ろうとすると、そちらに結構な時間が取られてしまう。

 

力がない僕が、今売上に急いでも、お金は入るかもしれないが、かなり小さなことしかできない。

 

ぼくは、稼ぎたくて農業したんじゃなくて、田舎の景色を変えたくて、農業を始めた。

 

売上を求めたら、耕作放棄地の再生なんて、無理だろう。

 

もちろん、売上はしっかりあげていかないといけないけど、タイミングが大事で、今はかなり優先度が低い。

 

ちゃんと体力がついて、インパクト残せるようになったら、自然と売上もついてくるはず。

 

だから、最初はきつくても、投資をしっかりとして、しっかり体力をつけようと考えた。

 

売上を急がなくてもいい環境の一つとして、固定費が(生活費)があまりかからない,

 

ぼくは養う家族もないし、こないだまで学生だったので、あまりお金使わなくていい。

 

車も廃車寸前のお下がりだし、服も普段は作業着で、おしゃれな服も高校の時から体型変わってないのでそんなに買わなくていい。

 

タバコも吸わないし、お酒も飲まない。

 

日常にお金がかからないから、やりたいことにフルベットできる。

 

 

1人じゃ時間がかかる作業も、なるだけお金を捻出して、そのお金で人数を増やして、時間を短縮している。

 

とにかく今は手元にお金を残すよりも、どんどん使って、しっかりとした基盤を作りたい。

 

フルタクが来てくれて、作業スピードが3倍ぐらに増えそうだ。

 

年内には、ある程度落ち着きそうだ。

 

来年は、これまで使ってきたことをしっかりと形にする年にしたい。