佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

前職の経験が、農家として大きな差を生んでしまう

農家として、どんな強みを出すか?

 

本間さんと一緒に過ごしていたら、そんなことを考えさせられる。

 

本間さんは、自分で何でもやる方だ。

 

どういうことかというと、溶接技術や建築の技術を駆使して、自分で何でも作っちゃう。

 

f:id:matsumo_saga:20200524003416j:image

 

この鶏舎も自分で建てたらしい。

 

お金を借りる時に、銀行の人から

 

「この値段で、畜産やれるんですか?」

 

って、凄くビックリされたそうだ。

 

それぐらい、お金をかけずに、自分で何でもやるから、経営的に大失敗しないんだろうなと思う。

 

f:id:matsumo_saga:20200524003630j:image

 

たまに、自分でやれない込み入った作業も、もちろんあるみたいだけど、そんな時は、業者をちゃんと呼んで、横でしっかり作業を見て、技術を盗んでいる。

 

「勉強代だよね。これで次から大丈夫」

 

とニコニコ。

 

このしたたかさ、流石だなと思う。

 

本間さんを見ていて、自分でなんでもやれるというところに、本間農園の経営の強さを感じる。

 

これは、前職で、いろんな経験を積まれてるからなんだろう。

 

 

農家にも、いろんなタイプがある。

 

栽培が得意な人、マーケティングが得意な人、巻き込むのが得意な人。

 

こういうのは、本人の性格に加えて、前職での経験がかなりの部分を占めると思う。

 

その、農業プラスアルファの部分が、その農家の色となり、差別化することにつながり、競争優位性になる。

 

前職の経験をどう農業に転用できるかといのが、ひとつ勝負の分かれ目な気がする。

 

さて、僕はどうだろうか?

 

僕は、新卒だ。

 

強みは、ないのかもしれない。

 

でも、一応、学生時代、営業を2年やってたし、イベントの企画はずっとやってた。

 

そして、好奇心が強くて、旅好きで、15か国ぐらい行った。

 

この辺の性格をどう農業に転用できるか?というのが、課題だ。

 

それに加えて、前職の経験が無いからこそ、この農業を通して、いろんな経験を積んでいないといけない。

 

「やったことない。わからない」

 

は寧ろチャンスで、それは、ちょっと時間がかかっても、うまくやれなくても、やった方がいい。

 

その経験が血肉になるはずだ。

 

本間さんを見てて、この圧倒的な経験値の差は、埋めれないと思った。

 

そして、簡単に埋めれないからこそ、近道せずに、一つ一つ失敗しながら、やっていこうと思った。

 

f:id:matsumo_saga:20200524004647j:image

 

以前、クラウドファンディングで、資金調達し、小屋を改装したらしい。

 

いま、僕はその小屋で寝ている。

 

集めたお金は材料費で、建設は自分でやったらしい。

 

クラウドファンディングの話もいろいろ聞いたので、これはまた別の機会で書いてみたい。

 

本間さんは、全てを、良い経験と言って、挑戦することを常に続けている。

 

前職の経験が無く、強みがないからこそ、分からないことに思いっきり飛び込もうと思った。

 

僕に守るものなんてない。

 

進むのみだ。