素ヱコ農園の日々

佐賀県伊万里市で便利になった世の中で、手間のかかるストレスフリーの平飼いで外国産の餌に頼らないこだわりの餌作りを行っています。

ばあちゃんの昔たまごはこちらから

台風に備えたり、

ばあちゃんの昔たまごはこちらから

昨晩、ブログを書いていていたら、いつの間にか寝ていました。

 

毎日書くと言っていたのに。。。

 

 

さて、もともとスタッフの田中くんは休みだったのですが、台風前ということで出勤してもらい、台風に備える準備をしました。

 

田中くんありがとう。

 

そんなに強い台風ではないようですが、うちはビニールハウスでやっているので、しっかりと対策しないと屋根が飛んでいってしまう可能性があります。

 

天井に登り、一つ一つバンドを止める作業です。

 

バンドの本数が100本以上あって、時間がかかる作業です。

 

田中くんが「彼女呼んでいいですか?」と言って、彼女に電話して、田中くんの彼女も一緒に作業をしてくれることになりました。

 

昨日は台風前なのに結構暑かったです。

 

途中雨降ったりしましたが、田中くんとその彼女のおかげで、なんとか台風に備えて準備することが出来ました。

 

それと残りの時間で、次に来るひよこを迎えるための準備をしました。

 

他にも、鶏の餌の仕入れの交渉、プリンの試作のクラウドファンディングの計画づくり、大企業の副業人材の情報収集など、いろいろと進めることが出来きて、なかなかバタバタの日でしたが、

 

餌で課題だったのは、タンパク質でした。今後鶏を増やすにあたって、タンパク質が中な手に入らなくて、そこで魚粉の仕入れを考えました。

その魚粉はスーパーに並ぶような旬の魚を魚粉にした栄養価が高い魚粉です。

 

最初の話では、僕たちからしたらかなり高かったのですが、何度か話をする中で、業者の方が現場まで来てくださって、いろんな話をすることができて、僕たちの希望価格に近い値段で卸せるようになりそうです。

 

ありがたいです。

 

そして、近日中に、またクラファンをします。

簡単に内容説明すると、割れた卵で次世代のプリンを作るという内容です。

 

 

内容がたくさんになってしまいましたが、要は、バタバタしながら元気にやってます。ということです。

 

いろんな方の協力のおかげで自分の力以上の動きができていると思います。

 

感謝の気持ちを常に持って、仕事に臨みます。