素ヱコ農園の日々

佐賀県伊万里市で便利になった世の中で、手間のかかるストレスフリーの平飼いで外国産の餌に頼らないこだわりの餌作りを行っています。

ばあちゃんの昔たまごはこちらから

田中くんが鶏を捌いた

ばあちゃんの昔たまごはこちらから

f:id:matsumo_saga:20220626111344j:image

 

社員の田中くんと一緒に鶏を捌きました。

 

田中くんが鶏を捌くのは初めてです。

 

「俺、もう鶏肉食えんくなるかもしれん」

 

緊張した面持ちで、生きた鶏をロープに縛る田中くん。

 

田中くんは、元保育士で人一倍優しい性格です。

 

飼い主として、毎日お世話して可愛がってる鶏を捌くことは辛かったと思います。

 

同時に命と向き合うことへの自覚や覚悟もあるように見えました。

 

手を合わせてから、ナイフを鶏に刺して、口から滴る血を静かに眺めてました。

 

鶏をナイフを入れると、血がポタポタ落ちて、徐々に力が無くなっていきます。

 

数分間血を垂らした後、静かになったかなと思ったときに、バタバタと暴れます。

 

その様子は、最後の最後で命が叫んでいるようでした。

 

血が落ちなくなり静かになったら60度ぐらいのお湯に入れて羽毛をむしります。

 

羽毛をむしると鶏から肉になります。

 

毎回思うのですが、この感覚は不思議です。

 

田中くんのSNSです。

 

f:id:matsumo_saga:20220626120037p:image

 

今はなんでも効率化・細分化され、僕らは普段の食や生活では命を感じなくなりました。

 

でも、僕らの生活はいろんな犠牲の上で成り立ってます。

 

そのことに目を背けるのではなく、その事実に向き合って生活すると謙虚になれるような気がします。

 

命に近い仕事をしている我々だからこそ、何か伝えられることがあるかも知れませんね。