素ヱコ農園の日々

佐賀県伊万里市で便利になった世の中で、手間のかかるストレスフリーの平飼いで外国産の餌に頼らないこだわりの餌作りを行っています。

ばあちゃんの昔たまごはこちらから

無事でした!

ばあちゃんの昔たまごはこちらから

昨夜は鶏舎に泊まった。

 

これ以上鶏がやられないように。

 

やることは、侵入経路を防ぐこと。

 

従業員と一緒に見回りをして、全ての業務をストップして、リスクがありそうなところを補修した。

 

また、防獣用のライトや音がなる機械、電気柵なども買った。

 

僕らがいろんなものを買いすぎて、ホームセンターの防獣コーナーは品薄になっていた。

 

命が守れるなら、過剰なぐらいがよいなと思う。

 

そうして準備をしていると夜になった。

 

養鶏場は四方を山に囲まれているので、かなり暗い。

 

何度か獣が来たように感じたが、見間違えかもしれない。

 

ずーっと、これと言った動きもなく、もういいかなと思いながらも、なかなか寝れない。

 

そんな時間を過ごしているうちに朝になった。

 

一回も獣は来なかった。 

 

とりあえず、鶏が獣にやられなかったので、安心した。

 

また100羽やられたら、会社的にもかなりピンチだ。

 

 

妻から聞かれたことで、ハッとしたことがある。

 

「もし、鶏がみんないなくなったらどうする?」

 

「そうなったら、養鶏場をしっかりと整備して、また鶏飼うよ」

 

すぐ答えが出てきた。

 

鶏を辞めて、他の仕事をやるとか、別の企業に就職するとかいろいろ方法を考えたが、やはりこの答えしかなかった。

 

妻から質問されるまで、そのことに全く気づかなかった。

 

大学では生化学を勉強していて、営業の仕事やライターの仕事とかも経験して、ある程度いろんな仕事が出来ると思っていた。

 

でも、今は養鶏以外に考えられない。

 

僕の目的は、田舎で挑戦する人を増やすことだ。

 

だから、この先、農業だけでなく、様々な事業に挑戦していきたいと考えている。

 

でも、今の僕は養鶏しかない。

 

そこに全力をかけようと強く思えた。

 

素ヱコ農園をたくさんのお客様に愛される農園にしたい。