素ヱコ農園の日々

佐賀県伊万里市で便利になった世の中で、手間のかかるストレスフリーの平飼いで外国産の餌に頼らないこだわりの餌作りを行っています。

ばあちゃんの昔たまごはこちらから

この1ヶ月の出来事

ばあちゃんの昔たまごはこちらから

ご無沙汰してます。

 

ブログを書くのは1ヶ月です。

 

日々の業務も忙しく、また、結婚し、新生活になったことでブログを書く余裕がなかったです。

 

雨は、幸い田んぼが浸かったのと、餌がダメになったぐらいで、沈没して全てがダメになるという最悪の被害に至らなかったので、なんとかよかったです。

 

 

 

妻との新婚生活は、ばあちゃんの家に妻を迎えて、新婚夫婦と、ばあちゃんという3人で生活をしています。

 

ばあちゃんも僕もあまり家の家具や配置などに拘らならないタイプで、かつばあちゃんは物を捨てないタイプで何世代も前の物が大量に家にありました。

 

ただ、妻は真逆です。

 

妻はこれまで、3回も古民家を自分でリノベしてきたほど、住むところには拘るタイプです。

 

妻がうちに来たことで、抜本的に家の改革が始まりました。

 

特に、苦戦したのは、ものを捨てる作業です。

 

戸棚にしまってある何年も使ってない大量の食器。

押し入れにギュウギュウに詰め込んである布団。

 

妻は何が要るのか、要らないかの線引きがしっかりしていて、曖昧なものは全部捨てる。

 

最初はもったいないなと思っていました。

 

でも、よくよく考えると、何年も使ってないものはきっとこの先も使わないでしょう。

 

 

もったいないという言葉で、思考停止させて、片付けるという面倒な作業から逃げていただけだったなと反省しました。

 

 

 

古くなっている壁の色も漆喰などで塗ったり、照明も変えました。

 

まだ、完璧ではないですが、嫁が来たことで随分と暮らしやすくなりました。

 

といった感じで、嫁と一緒にいることで、僕が今まで意識してなかった生活の質がとても上がってます。

 

 

 

 

仕事はどうか?と言いますと、

 

 

今は主に卵の販売に力を入れていました。

 

僕はJAや市場に全く卸してないので、全て自分で売らないといけません。

 

売れないとせっかく丹精込めて作った卵を全て捨てないといけません。

 

最初は地元の飲食店をメインに営業に行ってたのですが、ほぼ断られました。

 

理由は、値段で、やっぱり卵は毎日使うから、良いものよりも、安いものを使いたいとの意見が大半でした。

 

なので、飲食店に出すのは、一旦無しにして、個人の方に力を入れました。

 

対面で売ったり、ECサイトに出したり、いろいろ試してみてみてわかったのは、個人に売るのは感触が良いことです。

 

7月は卵余ることなく、全部売り切って、初めて黒字でした。

 

嬉しかったのは、ネットで注文してくださった方の中に、リピーターが結構いたことです。

 

卵って、全国どこでもあるのに、わざわざ買ってくださる方が嬉しかったです。

 

これからも質にこだわって良い卵作ろうと思います。

 

8月もこのペースでいくと黒字になると思います。

 

本当に本当に皆さんのおかげです。

 

この一年ずっといろんな方に支えてもらったおかげでやっと少しずつ結果が出てきました。

 

そして、やっと、ばあちゃんに給料が払えました。

 

逆に言うと、今まで卵を磨いたりすることを手伝ってくれてたのですが、給料全然払えていませんでした。

 

ばあちゃんも喜んでました。

 

 

 

今、7割がネット販売で、3割が地元です。

 

今後は、もっと地元の割合を増やしていきたいなと考えてます。

 

ただ、卵の数はあまり増やしたくないなと考えています。

 

質や世界観が変わる可能性があるからです。

 

僕は、卵屋としては大儲けすることはないでしょう。

 

でも、それよりも考えをもって行動し続けることが大事だと思ってます。

 

 

久しぶりにブログを書いたので、うまくまとまりませんでしたが、要は元気にやってますよ、ってことでした。

 

以上です。