佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

たおくん、バイバイ!

f:id:matsumo_saga:20210518123555j:image

 

2週間ほど素ヱコ農園に研修に来ていた、たおくんが帰った。

 

次はカンボジアに行くらしい。

 

たおくんは、フィリピンでサトウキビ農家を援助する事業を立ち上げるために起業予定だ。

 

既に会社から承認も降りていて出資してもらうことが決まっている。

 

でも、今、フィリピンはコロナの影響で封鎖されており、しばらくはカンボジアで事業立ち上げのサポートとして滞在することになりそうとのこと。

 

たおくんが今後、どんな活動をしているか、気になる。

 

 

たおくんが来てくれてよかったと本当に思う。

 

一人ではなかなかやりづらい仕事があったが、たおくんがいたお陰でだいぶ片付いた。

 

人が一人いるだけで、こんなにも業務が進むのかと、改めて一人の存在の大きさを感じた。

 

f:id:matsumo_saga:20210521115734j:image

 

せっかく研修にわざわざ来てるので、僕はたおくんに自由時間を作った。

 

自由時間といっても、養鶏のことを学ぶための勉強時間。

 

何冊も養鶏の本を貸した。

 

たおくんは真面目にそれらをちゃんと読んでいた。

 

そして、僕がやってる作業の意味を理論的にちゃんと押さえていた。

 

真面目に勉強するというのは当たり前のようだが、なかなかできないと思う。

 

慣れない農作業と早起きで身体はかなり疲労していたと思う。

 

そういう基本的なことをしっかりとできるたおくんを僕は尊敬している。

 

 

 

そして、実務以上に、今後の事業展開や個人的な悩みについてなどいろんな面を話せたことが僕にとって非常に大きかった。

 

たおくんは、しばしば、利他という言葉を使っていた。

 

改めて、その意味を辞書で引くと、

 

自分を犠牲にして他人に利益を与えること。他人の幸福を願うこと。(広辞苑)

 

と出てくる。

 

確かに、たおくんは利他の人だと思う。

 

よく使う言葉は、その人自身を形成し、そして、その人生にも大きく影響与えると思う。

 

北海道大学卒業で、いい会社に入って高い給料もらえるのに、フィリピンで起業する道を選んでいる。

 

きっと、たくさん苦労することだろう。

 

利他を意識して、日々行動していることはとてもカッコいいと思う。

 

 

たおくんは、「なぜ、それをやるのか?」をとても大事にしている人だった。

 

 

「なぜ、養鶏をやっているのか?」

 

「なぜ、伊万里に住んでるのか?」

 

僕は、一人で10年以上頑張っていたばあちゃんと暮らしたかった。

 

僕は、一度しか無い人生を言い訳せずに生き切りたいと思った。

 

僕は、田舎でも、言い訳せずに、夢を持てる人を増やしたいと思った。

 

素ヱコ農園。

 

我がままな思いや行動がどんどん循環していくように。

 

我がままな鶏や農作物が、人に感動を与えるように。

 

改めて、自分のことを考えるきっかけになった。

 

また会おう。

 

僕も頑張ります。