佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

日本一周しているいくや君が旅立った。

スーパーカブで日本一周しているよしざわいくや君が、2泊3日でうちに泊まり旅立った。

 

彼は福井出身の27歳。

 

明るく笑顔が素敵で、思慮深くて話がとてもとても面白かった。

 

f:id:matsumo_saga:20210224232442j:image

 

いくや君が来るきっかけは、僕の養鶏の師匠である本間さんからの紹介だ。

 

初日の夜は二人で焚き火をした。

 

佐賀の野菜や魚を食べながら、暗闇の中でちょっとずつ形を変えながらは不規則に燃える炎を眺めると開放的になる。

 

その炎の前で、いろいろなことを語り合った。

 

時速30キロの旅っていいな。

 

北海道を原付で走るの気持ち良さそうだった。

 

いくや君と話をしてて、印象的だったのは

 

 

いくやくんは「どうしたら、それってやれるんだろうね」ってことを度々、言っていたこと。

 

 

僕は、考えるとは、問いを立てることだと思う。

 

思考回数が多い人は、たくさんの問いを立てる人のことだし、思考が深い人は、問いの種類が多い人(so what?why so?how? if?など)だと思う。

 

いくやくんの場合、「どうしたら、〜できるんだろうね?」と、いう問いを日常的に繰り返すことで、その人がうまくいった要因を探して、自分に取り入れようとしていた。

 

自分はあまりそういう質問してこなかったので、新鮮だった。

 

人の話からいろんなことを吸収しているんだなって思った。

 

 

 

また、いくや君と話をしてて思ったのは、人から見て挑戦に見えることも、その本人にしてみたら、大したことないってこと。

 

スーパーカブで日本一周って、めちゃくちゃすごいことだ。

 

 

日本一周している、っていうと、多くの人はお金とか時間か大丈夫?って気にすると思う。

 

失うものが多そうな気がする。

 

でも、意外と冷静に考えていくと手の届くことなんだなって思った。

 

一定数働くと、貯金も貯まるし、失業保険ももらえる。

 

そして、原付だから、燃費良いので、移動にお金はかからないし、生活費もテントに寝ればそんなにかからない。

 

日本一周したことない人と日本一周したことある人では、日本一周したことある人の方が少ない。

 

価値とは、希少価値だから、珍しい人間になることは、直接的に価値を高められる。

 

仕事を辞めることは、リスクなように感じる。

 

でも、辞めずに、同じところにいた方がリスクだ。

 

旅をして、いろんな経験をした人、そもそも、日本一周するという決断をし、それを実践する環境をちゃんと作って、それを実行した人の方が、見方によっては一つのことをやり続けた人の方が価値がある。

 

 

その辺については、このLIFE SHIFTに詳しく書いてある。

 

 

 

時代が変わっていくなかでは、いろんな経験をすることが大切なんだろう。

 

いくや君は、旅の中で夢が出来たそうだ。

 

これからも連絡したいと思う。

 

いくや君みたいな同世代と会えたことが嬉しかった。

 

田舎でコソコソと農業してても、日々、いろんな人に会えるのが嬉しい。