佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

焚き火

f:id:matsumo_saga:20210126130910j:image

 

 

焚き火をした。

 

一緒に高校野球やってた地元の友達たちと。

 

 

そうそう、先週も焚き火をした。

 

先週は、テント立てて、そこでそのまま寝た。

 

最近は、居酒屋にいくようなノリで、焚き火をしている。

 

カジュアルに焚き火ができること、

 

これは田舎に住むものの特権かもしれない。

 

 

風が強いと燃え上がり、薪が少なくなってくると火力が弱くなる不安定な火のように、火を囲むとそこにいる僕らは、いろんな過ごし方をしてしまう。

 

僕らも火の前だと普段は話さないようなしんみりした話をしたり、逆に普段よりもはっちゃけたり。

 

満点の星の下で、ぼーっと火を眺めて、ロマンチックな気分になってもいいし、周りには誰も居ないので、お酒を飲んでワイワイ騒いでもいい。

 

 

火をを焚くと、真冬なのに、全然寒くないのも、またいい。

 

 

嬉しかったことは、

 

「俺たちも、高校の友達が素ヱコ農園のユニフォームを作ろう」

 

と友達が自分達で良さげなオーバーオールを探してネットで買っていたこと。

 

まあまあ値段したけど、4人でそれぞれ好きな色を選んで買った。

 

「作業着買ったけん、これで逃げれんね」

 

と笑っている友達を見て、僕の心は熱くなった。

 

ほんと、いい友達持ったな。

 

 

 

「まず小屋を作るぞ」

 

自分達の活動をするための小屋を作りたいらしい。

 

僕としては、自分がやってることが、みんなの遊び場になるなら、最高だと思う。

 

 

 


小屋の作り方という本を買ったが、見ていると自分たちでも出来そうな気がしてきた。

 

時間は、かかるだろうけど、ぼちぼちやっていこうと思う。

 

みんなも、もうユニフォーム買ってしまったし、逃げれないだろう。

 

今後のことを考えても、一回、小屋作りをやってみれば、今後軽い工作はほとんどできるようになりそうなので、すごい楽しみだ。

 

 

焚き火も、小屋作りも、田舎に住んでいる人ならではの遊び方だろう。

 

f:id:matsumo_saga:20210126185518j:image

 

これからは、遊びの時代だという。

 

テクノロジーによって、必要なものは極限まで安くなり、事務作業もなくなるだろう。

 

効率的な社会。

 

僕が好きな本に、ミャエルエンデのモモという物語がある。

 

モモ (岩波少年文庫)

モモ (岩波少年文庫)

 

 

 

無駄な時間を削った先に待っている灰色な世界。

 

みんな、高層ビルが立ち並び、人のの繋がりが希薄になり、せかせかしている。

 

エンデが1973年に書いた世界は、より現実的になっている。

 

最近は、コロナウイルスによって、自粛、マスクの徹底、人の行き来がしにくくなり、ますます自由がなくなってしまった。

 

 

これから、社会は、どうなっていくんだろうか?

 

焚き火をして、ぼーっと火を眺められるような時間や余裕が、僕が住む田舎にはある。

 

速くないし、便利じゃないし、大きくもない。

 

ゆっくりで、非効率で、小さくて、でも、豊かな暮らし・時間。

 

そんな日々を過ごせることが嬉しか思う。